サンタさんになったエルモクン(^_-)-☆

c0121604_2246484.jpg

出ました~!
今度は何が飛び出すかお楽しみ~って前に書きましたが、でました~!
えるちゃんがサンタさんになりました(^_-)-☆!
かわいいでしょ?

 これは m・ヤッチャンの作品です。
やってくれるよね~
音声ソフトを使用している愛読者のために説明します。
この写真は 落葉とエルモという写真を利用したものです。
赤や黄色やオレンジ、緑のきれいな落ち葉の中にいるエルモの表情がとても可愛いく写っている写真だそうです。
ソノ写真のエルモにサンタさんの帽子をかぶせ、服を着せて落葉のバックもXmasの雰囲気にカエテクレタノダソウデス。

 いや~! パソコンっていいですね~?
こんなこともできるんですから…
いや~! パソコンってたのしいですね~?
使い方によってはこんなこともできるんですから…?
目が見えなくとも写真を写したり、絵を描いたりして古典まで開いている人もいますが、このような作業も可能なのでしょうか?写真なら私も写せるけど、でもこれは無理かもね…
あ~ぁ でもみなさんのブログはいろいろ工夫してカラフルなんでしょうね? キット?
写真やイラストや背景などの説名はヨミヒデクンハしてくれないし…涙
スクリーンがどのようになっているかわからないのがチョッピリ寂しいって思うときがあります。

☆お断りm(__)m☆
 記事と写真の貼布が同時に投稿されないこともあります。
諸般の事情により時間差攻撃をすることもありますのであしからず…。

mやっちゃんありがとう
[PR]
# by wappagamama | 2007-12-15 19:54

雷が鳴ったぞ~! ハタハタ来るぞ~!

c0121604_2118194.jpg

秋田名物ハタハタが今年は小ぶりで、しかも中々安くなりません。
ハタハタが大好きな、我が家の同居人は時々スーパーにはしごをかけて品定めをしているようだが、今のところまだまだ高級品のようだ。
今日は食品間の店頭で箱入りハタハタの大売出しをやっていたよ。と患者さんの情報。でも値段はまだまだ高い!

それでも食べたくて、もう3回ほど焼いて食べたかな。
小ぶりなハタハタはブリッコも小ぶりだ。
独特のとろみもまーまーってとこだけど…。
でもでも 最盛期にならないとソノおいしさは本物ではない。

今日は雷が鳴った!
週末にはお天気もくぐれるとのこと、こんなときにはハタハタがやってくるとのこと!
もーいーくつねると おしょーおがつー おしょおーがつには たこあげてー…

お正月の前には大量のハタハタヲ買い込んで塩漬けしたり・ハタハタ寿司を作ったり、何より七輪で焼きながら食べたあのドロドロブリッコのハタハタの味は忘れられない。
[PR]
# by wappagamama | 2007-12-14 20:38

やっと開放されました!の続です


忙しかった理由のひとつに学校の「総合学習」のお手伝いがあります。
以前の記事にも記載しましたので、内容に付いては省略します。
わたしの甥っ子の子供たちが通っている学校です。
おにいちゃんのショーチャンが4年生のときからはじまって、去年妹のさくらちゃんが4年生になり、毎年4年生の授業を担当しています。今年で5回目かな?
今年は今までになかった質問が、ドンドン子供たちから飛び出し、感受性の豊かさを感じてきました。
事前に本やインターネットなどで調べて、ある程度知識を持っていますが、ソノ場合質問内容もマニュアル通りになりがちです。
悲しいかな それは 学校によって格差を感じます。
応接室での雰囲気がその学校の子供たちの反応と比例していることを痛切に感じるのはわたしの思い過ごしだったら酔いのになー…

視力で確認できない部分、無意識のうちに、周囲のことを他の感覚器+第6感で、キャッチし情報を得ることが身についてしまうのです。
と ここまで書いたところで、あることを思い出してしまいました。
それは、実家のばあちゃんの3回忌でのことです。

普段めったに逢うことのない人たちと一日過ごすことになります。
しかもこの辺の3回忌といえば、実家の仏壇の前で和尚さんがありがたいお経を挙げてくれて、その後でお墓参に行き、次に御寺さんへ参り、次にホテルで会食。更には実家へ戻り仏壇の前で供養のさかずきを交わすのです。
その間わたしは移動の都度誰かの肘を借りなければいけません。
エルモト一緒なら何とかひとりで移動が出来るけど、この場合エルモを同伴できる状況ではありません。
となると当然一番身近な姉妹を頼りにします。
前もって密かに彼女に頼んでおきました。彼女はこころよく引き受けてくれました。
が…? わたしの中には不安が過ぎります。
そうです 頼まれた彼女は最初からわたしの存在は意識の中から飛んでしまっているのです。
無意識のうちに、こころのままに自分だけ行動を開始してしまうのです。
数年ぶりであったいとこたちに興味を引かれ、わたしのことは忘れてしまうのです。
不安に成っているそんなわたしのそばへ、いつも決まってそっと近付いて来てくれる人がいます。
その人はわたしとは直接血縁関係のない人なのですが、いつもこのような場面では、何気なく気配りをしてくれるのです。
しかも左腕には赤ちゃんを抱いて、右手でわたしを誘導してくれるのです。
それは移動のときだけにかかわらず、会食のときそして身の回りのサポート、たとえばコートや靴などもさっと出してくれるのです。
わたしたちは複数の人間が移動したり、室内で動き回ったり、自分の荷物を管理できない場面では身動きが出来ない状態になります。

 悲しいかなわたしは無意識のうちにそのふたりの人間性・間隔の違いを肌で感じてしまうのです。
赤ちゃんとわたしのふたりを守り、その優しさに感謝しつつも、もし 何かにつまづいて赤ちゃんを怪我でもさせたらと思うと、わたしもこころここにあらずです。
「頼むからわたしのそばにいて」と姉妹の彼女に私の気持を真面目に伝えたのだったが、「怒られちゃった」と赤ちゃんを抱いたその人に笑い話にしている。

 しかもその夜 勢いついて 姉妹で上の姉の家に一泊することになり、その間隔の違いに疲労度がドアップしてしまった。が…
甥っ子との会話に盛り上がり結局楽しい一夜を過ごした。

   フーッ!


ソノ日は朝9時頃出かけて、結局翌朝9時過ぎに帰宅。
それも10時からの予約があったことを思い出し、あわてて帰ってきたという、どたばた劇!
そんな強行軍のスケジュールをこなせたのも、エルモを面倒見てくれる、心強い同居人が居てくれるからである。
c0121604_1974076.jpg

      エルモ・・・“ぼくは寝てるから 母さん遊んでくればいいじゃん mにゃ mにゃ

この同居人の記事に対して、友人からこんなことを言われた。
同居人のネタでモット盛り上がってくれたらおもしぇがったなさなー…?
こんな年でそんなつやっぽい話は、似合わないよって、無視されちゃったのかもしれないね…
記事を書いているときはなんとも思わないで書いていたんだけど、ネタを明かしましょう…
同居人はエルモのにいさん=わたしの長男でした。
アポなしでは遊びに行けないねって言っていた方、ご心配なくいつでも遊びに来てくださいね。
[PR]
# by wappagamama | 2007-12-14 03:19

やっと開放されました!


ご無沙汰いたしました。
いろんなことから今日 やっと開放されました。

12月2日日曜日に湯沢視障協主催の第3回STT選抜湯沢大会を皮切りに、準備・残務処理をはじめ小学校の総合学習が3回、それに実家のばあちゃんの3回忌とこの半月ほどで、体がもうヒトツ欲しいほどでした。
そんなときに限り 何故か、患者さんの予約が多いのです。
昨日も朝から夜まで一杯の予約でした。
昼食も夕食も卵かけご飯で済ませちゃうほどゆとりがありませんでした。
こんなことを言ったら、自分ひとりで頑張っているように聞こえるかもしれないし、悟界を招きそうな部分もあるので、びゃっこだけ説明します。

  まず STT選抜湯沢大会から行きましょう。
この大会は 前会長の提案で講習会として始めたのが5年前でした。
秋田県の県南端にあるここ湯沢の地に、全県から選手団・行政機関・ライオンズクラブ・審判団・北中卓球部・市民ボランテァマスコミ総勢50人ほどが集います。
遠くから参加する選手だんからの、前泊してユックリと楽しみたいとの希望が実現し、前夜祭「ボール収め」が大当たりで「毎年やって」との声に答えている内に、今年で5回目となりました。
希望者がドンドン増え、選抜大会として開催されるようになってから3回目となります。
c0121604_18574434.jpg


 大会運営に関しては、副会長と、障害者スポーツ指導員の方に、ご尽力いただいているので、何も心配はありません。
わたしの仕事は、何ていったって宴会担当です。前夜祭(ボール収め)の会場である地元ホテルへの交渉です。
このホテルでは湯・雄視障協研修事業として、毎年テーブルマナー講習会なども行ない、サポートの仕方なども勉強し心得てくださっております。
料理の説明から移動まで完璧なまでのサポート振りです。
日本全国何処のホテルへ行っても、こんなに気持ちの良いサポートはないのではないかと思うほどです。
遠くからお客様をお招きするのですから、何か不都合があっては大変です。
でも ここのホテルにお任せすればわたしは何も心配することはありません。

 そしてもうひとつ、大事な仕事があります。
それは大会当日、サポートしてくれるボランテァさんの応援依頼です。
大会開催当初から、陰になり、日向になり応援してくださっっているグループがあります。
その元締め役をやってくれていた、明日香ママガ亡くなり、人数が足りません。
困りあぐねた末、最終的にかけた一本の電話が、救いの船となりました。
「何人欲しなよ? 欲しいだげ集めでけルがら 言って見れ?」とのこと。
「うっそ? ほんと? やったー!」思わず電話を持つ手が 小躍りしていました。

 10月24日「泡盛・かきこみ・車椅子ダンス」という記事を投稿しました。
その時の「ひまわりの会」のメンバーがその電話の相手でした。
ソノグループは「ビーング」と称して、福祉活動のスペシャリストとして、湯沢市内外でも精力的に活動されている方々です。
メンバーの中には障害者スポーツ指導員ござい!・パソコン指導員ござい!とまさに にわたしたちが必要としている人材の宝庫でした。
嵐の海で救いの手を差し伸べてくれた船は、正に宝船でした!

STT選抜湯沢大会はこのようにして、しっかりと地元に根を下ろし、各方面からのご支援ご協力をいただきながら、益々楽しい大会にしていけるものと信じています。

この大会には忘れてならないもうひとつの応援団がおります。
湯沢北中学校卓球部のみなさんです。
毎年多勢の部員さんと先生方が駆けつけてくださいます。
ボールパーソン・記録係りそして選手の誘導などなどそれぞれの持ち場でテキパキト働いてくれます。
本当に有難うございます。
今後とも宜しくお願い致します。

今回の記事は STT大会のお話でした。次回へ続く…
[PR]
# by wappagamama | 2007-12-13 23:34

落ち葉?

小首かしげバージョン
c0121604_23262212.jpg

[PR]
# by wappagamama | 2007-12-07 23:26