<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

よねやまでお買いもの

c0121604_1222215.jpg

[PR]
by wappagamama | 2017-05-31 12:02

たたいまぁ\xF9

c0121604_11565393.jpg

[PR]
by wappagamama | 2017-05-31 11:56

わたしのぎゅうにゅう?

c0121604_11543671.jpg

[PR]
by wappagamama | 2017-05-31 11:54

お仕事終わってご褒美の牛乳テーす

c0121604_11513999.jpg

[PR]
by wappagamama | 2017-05-31 11:51

夕べ投稿した記事は載ってるかな? …

久々に記事投稿したのですが、一ヶ月以上も更新していなかったものですから、エキサイトブログの操作順が変わったようです。
確認ができないため、もう一度投稿します。



 夢中で過ごしました!
38日間、時には昼寝をしながら、一日たりとも休むことなく夢中でした。
周囲の方たちの大きな応援を得て、本当に本当に統べてが順調に運びました。
引越し業者さん・掃除・廃棄処理・ライフライン関連・電話・インターネット関連・行政への変更手続き・各所属団体への住所変更届・銀行・その他電化製品の移動取り付け等々こんなにも仕事があるものかと驚きながらも、周囲の方々に力を貸していただきながら何とか順調に事が運びました。

新居のほうは新しい生活のスタートとなるので、大変とはいえ先が楽しみな作業ですが、24年間過ごしてきた家の方は入居したときと同じ元に戻さなければいけません。24年間の長い歴史の中で、随分と手を加えてきたものだと改めて驚きました。
築120年もの古い建物だったため、傷みが激しく、大家さんもちの分と、私の自己負担分の手を加えた部分など、これが予想もしない大きな仕事となりました。
二所帯分を占拠していたため、思い返せば「ざるに水」のような無駄なことばかりしていたという後悔があります。
でもそれも、少しでも暮らしやすくしたいという思いからその時そのときを夢中で過ごしてきました。
そして何よりその24年間が私にとって最高の時代でした。
住んでいる家は崩れかかったおんぼろでも、鍼灸師として自活し、盲導犬と共に生きてきたこの時代があったからこそ、今の私があるのです。
鍼灸師として生きてきたこと・盲導犬と共に歩んできたこと、その事実が今の私を作ってくれているのです。
今回、この新居にご縁を作ってくれたのも患者さんです。
しかも、初めて治療に来てくれた患者さんとの何気ない会話から出たご縁だったのです。
このお話の保証人となってくれたKさんをはじめ、全くの無償で引越しプロジェクトに加わってくれたのも統べて患者さんたちでした。しかもその一人一人の横の繋がりはなかったのですが、今回この引越しで、皆さん顔見知りになり、その上、それぞれの友人までが我が新居に応援に来てくれるようになっているのです。
ご近所さんも、ごみ出しや買い物など本当に気楽に声をかけてくれるので、人の我が更に広がっているのが何とも不思議です。
それにはやはりなんてったって、ROCOちゃんの存在は絶対的です。

私の恩師の言葉に「人生に無駄なことはひとつもない 統べての頸肩がその人を形成する」と教えていただきました。今まさにその言葉は私の心に染み入っております。

《終わりの宿 迎えし桜 絵の如し》(ついの宿 迎えし桜 絵の如し)



今度は記事投稿できたかな?
[PR]
by wappagamama | 2017-05-31 11:39