<   2017年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

思いがけない 患者さんの勇気に感謝(^^♪


 しつこいようですが、駐車場の除雪戦争が一旦解消したことは、私にとっても患者さんたちにとっても何よりうれしい出来事でした。
でも突然このような転回になったことの理由はいまいちはっきりしませんでした。
要因はいくつかありましたが、そのどれも確定できるものではありませんでした。
ところが、夕部来院した患者さんの話を聞いてびっくり!
まず、あの最悪だった駐車場がすっかりきれいになっていたことに喜び、安堵しながら言った言葉は「私 派遣センターに抗議の電話をしました」とのこと。
ハッ?! あぁ そうかぁ こうゆう方法もあったのか?…と目からうろこ。
猫の首に鈴をつけるのは誰だっていやだよね、という思いがあったため、誰にも頼むこともできずにいたのに、この患者さんはそれをやってのけてくれた。
私が困っていることも知っていたし、何より連日仕事帰りに来院しているご本人が一番困っていたのだから。

 この患者さんは、現在来院中の患者さんの中でも一番の重篤な患者さんである。本人の病気は勿論のこと、家庭・職場・経済的などなど聞けばそんな状況でよくがんばっているね、という状況である。
数年前から忘れたころにぽつんと来院しては静かに帰って行くというタイプだった。経済的理由で通って来れないことは知っていたが、でもそんな患者さんたちは他にも沢山いる。なので、極力思い入れをしないように来院したときに精一杯治療を施すしかないと思っていた。
だけど、今回来院したときは、いつもより状況が悪化していた。いえ それ以上の何かを感じてしまった。
でも、正月杉から新しい職場で受け入れてもらうことができたけど、心身ともに厳しい状態でがんばっているとのこと。
「このままだったらこの人はだめになるかも…」とおもったら、数年前の娘のことを思い出してしまい、しばらく無料でボランティア治療を施すことにした。
それには条件があった。
それは、職場の帰りに毎日治療に通うこと。優先順位がなにであるかをしっかり考えること・現状から脱出しようとする気持ちを持つことなどを約束し、継続治療を開始していた。

治療経過は今ここでは書きませんが、その患者さんが、今回派遣センターに抗議の電話をしてくれたのです。
弁護士の勉強をしていたことがあったと言う、その患者さんから見た状況を率直に訴えてくれたようです。
「情けは人のためならず…」というのはこのようなことなのかなと実感しました。

我慢して泣き寝入りしていては、何も前には進まないということも、改めて反省しています。
いろんな立場からいろんな形で、アタックしていただいたことにも感謝しております。

このように重篤な患者さんたちの利用する駐車場です!
[PR]
by wappagamama | 2017-01-31 08:53

公開できずにいた心の悲鳴

●詩

障碍者・高齢者・一人暮らし
三拍子そろってるハンディーは
世間の風当たりは無常に残酷
これでもかこれでもかと押し寄せる津波のよう
津波なら傷跡は残るけど、行過ぎれば凪

 障碍者・高齢者・一人暮らし・おまけに貧乏
それでも精一杯生きている
だけど世間は無常に残酷
そうでない人にはこれほどの仕打ちはしないはず
誰が見ても明らかに「不当な差別的取り扱い」である
これ以上最悪になるのを恐れて耐えてきた
公的機関から精査してもらうしかない

障碍者・高齢者・一人暮らし・だけどできる限りのことはやってきた
病んでいる人たちの力になれたらと…
でもそれが気づいたら生活の基盤となっていた
でもそれも 思い上がり、そんな人たちに助けられて今日がある
だけど世間では、冷酷社会がまかり通っている

障碍者・高齢者・一人暮らし・でも贅沢は望まない
身の丈にあった生活でも誰よりも幸せだと感じている
充実した日々の暮らしに満足している
でもたった一つ、そんな平和な暮らしを脅かすものがいる
それは「雪」
雪は人の心を鬼にする

4年間の苦しみはマグマとなって溜まっている
[PR]
by wappagamama | 2017-01-29 08:50

避難通路であり除雪道具置き場になっている裏げんかんがこんな状態です

c0121604_19303451.jpg

[PR]
by wappagamama | 2017-01-25 19:30

駐車スペースは一台分しかありません

c0121604_19225977.jpg

[PR]
by wappagamama | 2017-01-25 19:22

-

c0121604_19184389.jpg

[PR]
by wappagamama | 2017-01-25 19:18

道路から駐車場の段差



rocoちゃんと町までお出かけ、のタイミングでガイドヘルパーさんに記念写真?…
いえ 目的は、除雪の現実の証拠写真です(^^♪
周囲一面雪なので、段差はうまく写っていないかもしれない。でもこのときはまだまだ状況は良い方なのです。
なぜなら、脱輪した人が作業員に注意をしてくれた後だったのと、その前に別の患者さんがあまりにひどいと、除雪をして行ってくれた後でもあったからです。
それに、時々、稲川のsさんが大きなブルとーざーでやってきて、我が家の駐車場を根こそぎズーット奥間で除雪して言ってくれるのです。その直後だけはゆっくり3・4台の駐車スペースができています。それはそれは本当に有難いことなのですが、それは誰のためなのか?…実は、その効果は一日か二日しか持たないのです。
なぜなら、すっかり広くきれいになった後に、毎日来る作業員が直ぐに雪を盛り上げてしまうからです。流雪溝へ流すより仕事が楽だから、ずるをしているのです。そしてあっという間に一台分のスペースになってしまうのです!しかも足元もグサグサのでこぼこ!折角削って行ってくれた道路との段差も翌日には凄いことになっています!
何のための作業員なんでしょうか?!ほんとうに信じられません!毎日何をしに着ているのでしょうか!何のために高いお金を支払ってこんな思いをしていなければいけないのでしょうか?こんな理不尽なことがまかり通ってよいのでしょうか?
トラブルになりたくないと思って我慢していたけど、いくら私でも限界です。
作業員は勿論のこと、事業者側の対応にもあきれるばかりです。
と八方塞だった現実から、つい昨日全く思いがけない方向変換となりました。
本当に信じられないほどの展開です。夢ではないかと思うほどです?…

あの地獄から?夢だったら覚めないで欲しい…
[PR]
by wappagamama | 2017-01-25 19:17

除雪戦争のその後?…


駐車場の除雪で苦労しているという話を少し前に書きました。

派遣センターの対応の悪さのお陰で、ドカ雪が降っても作業員がいなかったという最悪の状況からやっと脱出できて、何とか毎日の駐車場獲得ができるのかな?… というところまでお話しました。

患者さんたちが出入りできるようにせめて二台分のスペースと、道路からの入り口の段差を高くしないで欲しい、段差の直前には流雪溝のふたがあるため、そこだけ雪がない。したがってその周辺はカチこちに固りふたの部分だけ落ち込んでいる状態になる。当然、駐車場に入ってくる車はそのあなぽこに脱輪してしまう。
一方通行で雪のため道路が更に狭くなっているところでそんな状態になるものだから、後ろから来る車が難題もストップしてしまう。
昨日来院した患者さんも脱輪してしまった。仕方なく後ろの車に迷惑だからと一旦家へ戻って、車を置いて歩いて出直してきてくれた。
そうしてまでも治療を施してもらいたいという真剣な患者さんたちが多い。
しかも、当然ながら患者さんたちは何がしかの病を抱えている。
現在、双極性障害で苦悩の真っ只中にいる患者さんが、数名通院してきている。その中には大変重篤な患者さん一人毎晩仕事の帰りに治療に来る。
このように必死な思い出通ってきてくれている患者さんたちから見たら、我が家の駐車場は最悪である。

事業所にも 作業員にも今までに何回となく繰り返し、事情を説明してお願いしてきた。だけど、今年で4年目、作業内容は一向に改善されない。
低張にお願いしようとしても、こちらの言葉をさえぎるように大きな声で「しかたがね このゆぎだばなんんともならね」と怒鳴るだけ。
それでもやめられたら困ると思うので、泣き寝入りをしてきた。

だが、今回という今回は私も癇袋の緒が切れた。
私が直接何かを申し出ても、相手は聞く耳を持っていないのだから、誰かに中に入ってもらうしかなイト、市の困りごと相談に相談した。
とにかく一度現場を見に来てくださいと…
早速来てくれた。
現場写真を数枚撮っていって、「柿崎さんからこのような苦情が入っています、と伝えるだけしかないとのことだった。勿論それだけで結構なのである。第三者から訴えを伝えてもらうだけでいいのです。それでも変化がなかったときは、そのときは労働基準監督署です。

そして、脱輪した患者さんが来院したとき丁度、流れ雪溝の時間だったため、その作業員さんが来ていた。あまりの状態を良く知っているその患者さんは、一言その作業員にお願いしてくると、外に出て行った。「柿崎さんは出てこなくていいよ」といいながら…
「ここの段差をもう少し低くしてください、私は今脱輪してあがってこれなかったので」というやいな、「毎日ブルがおいてったゆぎだがら かでくテナントもならね灘」と大声で怒鳴ったとのこと。私にだけではなく誰にでもそうなんだと、私は妙に納得!私と同じ思いをしたその患者さんは、だんな様の知り合いが、そこの事業所の理事長なので、旦那に話をしてもらおうかといってくれた。
それはそれで旦那様の都合もあるかもしれないので、と思いながらも手を合わせる思いだった。

そして、もうひとつ、駐車場の状態が悪いときを見計らって、先月分の作業代の集金に来てもらうことにしている。
仕事の状況を見てもらう目的でもある。それは冬期間は毎月そうしていたことでもあるが、その願いもむなしく今までは「木で鼻をかんだ」状態だった。
請求書の内訳を説明して欲しいと頼んでも「一回は 一回だから 一回いくらの契約だから 時間は関係ない」といってあとは何も説明はなかった。
それ以上突っ込むこともできずただただ泣き寝入りするしかなかった。

でも、昨日集金に来てくれたのは女性の事務員。丁度そのときはまだ、脱輪した患者さんが治療中だったため、その事務員に脱輪の状況を話してくれた。
これまで集金に来た担当とは違って、昨日の助成は穏やかに私たちの話を聞いてくれていた。はじめてである。受付の電話の対応もこの人だけである穏やかに対応してくれるのは…そのkさんはいつもちゃんとこちらの話を聞いてくれる人だった。
「どうか この話をトップの人に伝えてください」とわらをも掴む思い出お願いした。

 そんなこんなガいくつか重なり、どれが項をなしたかはわからないけど…
今日午後から、その事業所の事務受付の職員さんたちが3人でやってきて、我が家の駐車場をきれいにしていってくれた。なんということでしょう?… やればできるじゃない? やろうとすればできることじゃない?! その3人の中には、我が家と作業員を取り持ったあの無責任な受付のyさんもいた。そのときの雰囲気からして誰なのかわからなかったので名前を聞いたらyですとのこと(はっ?!) 
声のトーンといい、話し方といいそれは同一人物とは思えなかった。
何がこうさせたのかは今はまだわからない(^^♪
もしこれでもだめだったら、あとは労働基準監督所へ相談するのみ。
 だが、今後どうなるのかはまだわからない…
もうひとつ付け加えるとしたら、先日空き家を一緒に見に行ってくれた、元国会議員でありホテルの専務であるkさんの車で一緒に家ノ前で車から降りた。
たまたま丁度そのタイミングで除雪作業員が仕事をしていた。二人はお互いに顔見知りでもあったらしく、いえkさんを知らない人はこの辺ではいないはず。お互いに声和尾交わしていたが、そのときの作業員の声は、今でかつて聞いたことのないきもいほどのへらへら声だった。この人の人間性を見てしまった。
コレが世の中の現実なんですよね。

きもいへらへらおやじ
[PR]
by wappagamama | 2017-01-25 19:03

やっと安住の地を得ました(^^♪

築120年ほどの我が家は、土台も屋根も・のし板もぼろぼろ状態でした。
「大家さんからも、もう少し程度の良いところへ移ったら?この家にはお金をかけても仕方がないから」って、修復願いを出すたびに言われていました。
いろいろ探したけれど、「帯に短したすきに長し」で、実現できずにこんにちにいたりました。
昨年の暮れ、初めて来院してくれた患者さんから突然の朗報が入りました。
nさんといいます。nさんの隣の家が空き家になっているとのこと。毎週通院してくれているそのnさんは翌週、厚紙で立体的に触ってわかるように見取り図を作ってきてくれました。
何より気に入ったのが、治療室に最適と思われる、8畳の部屋が玄関の直ぐ右側にあったこと。
欲を言えばきりも限りもないこと、二階建ての1戸建てともなれば、いくら湯沢でもそれ相当の家賃が生じる。家賃支台ということで貸してもらう意思を決めた。
私の事情を知っている方の力をお貸しいただき仲介に入ってもらった。何とか話がうまくまとまるようにと、周りの方の一生懸命な思いを感じていた。
その間約3週間、家の持ち主が関東在住と言うこともあり、間接的な連絡のやり取りだった。
貸してもらいたい意志を伝えてもらった翌日、家主さんから本人と話がしたいからと、直接電話をかけた。まだ家賃のことも何も決まっていない状況での初電話である。
言ってみれば面接のようなもの。緊張のピーク! 
もろもろの交渉や手続きなどはkさんにお願いしてあるので、私は挨拶だけでもと思っていた。
電話の向うの声はとても優しそうな声だった。
50台というその男性はご自分の両親が住んでいた家にどんな人が入るのかということが心配だったのではと感じた。
家主さんもその家をどうしたらよいか考えていたらしく司法書士に相談したばかりだったと聞いていた。
なので、家主さんとしても借家の交渉なども初めてのことのようだった。

一言二言ご挨拶をしているうちに、家裁道具がそのままに鳴っているので、仏壇に手を合わせたときになぜか亡くなった姉のことが浮かんだという話をしていた。
その家に姉が導いてくれたのではと後になって感じた。
家裁道具も使えるものは使ってほしいとのことだったので、有難く使わせてもらうことを伝えたら、「母も喜ぶと思います」とその言葉は話している間に何回か耳に入ってきた。親孝行な息子さんなんだなぁと心がホッコリした。
緊張感とうれしさに興奮しつつ電話は終わったが、考えたら家賃などの肝心な話は一切していない。雰囲気的にはざっくばらんにお話した方が良かった香奈という感じだったので、折り返し電話をかけた、
「案ずるより生むが泰」想像していたより低い値段で貸していただけることになっ
た。空き家になってから毎年屋根の雪下ろしやライフラインの費用が出費していただったとのこと。
なので、住んでもらうだけでも有難いという風にいっていただき、私にとっては願ってもない有難い話しでした。盲導犬がいることもなぜか喜んでいただきました。
家主さんとのこのような会話だったことを、応援してくださっている方々へ報告の電話を入れたら、とても喜んでくださっって、「うれしくて今夜は眠れないかもしれない」とわがことのように喜んでいただいた。
ここまで来るのにはいろいろあった、口に出すと胸が痛くなるような思いも抱えながら、それでも私は自分の進む道を目指した。
コレが私にとって最後のチャンスなんだ、このチャンスを逃したらもうあとはない。
これが最後の最後のタイムリミットなんだと思った。
くしくも、1月16日今日は私の73歳の誕生日(^^♪
73歳にしてやっと安住の地を得た
患者さんたちからの最高のプレゼントをいただいた(^^♪

チャンスはそう何度も来るものではない
[PR]
by wappagamama | 2017-01-16 15:13

お友達とランチしてきましたぁ

c0121604_15264217.jpg



落ち込んでいたところへグッドタイミング!お友達からランチのお誘いを頂2時間半目一杯おしゃべりを試適増したぁ(^^♪
暖かい耐容の日差しを浴びて、rocoちゃんも久々のお出かけでしたぁ(^^♪
足元が泥跳ねをするので黄色のひよこちゃんのお洋服がどろどろ…
雪が積もったら雪道ホローアップが予定されているけど、ここ湯沢は雪道になるまではもう少しかかりそう?…
その代わり、駐車場の除雪にはすんごくすんごく助かってまぁす!!!
雪道ほろーアップはなくてもよいので、雪が少ないことの方がどんだけどんだけ助かるか!
神様神様どうかどうかこのままで降らさないでください!


 

雪さへ降らなければこんな気苦労はしなくていいのに?…
[PR]
by wappagamama | 2017-01-06 15:26

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
新パートナーrocoとの生活にも慣れてきたかのように感じていますが、実は実はチョット気を緩めるとハチャメチャおてんばな子です。
若々しいお茶目なrocoとそして新しく始めたピアノレッスンに2017年に漕ぎ出してゆきます。
皆様にとっても良い都市でありますようにお祈りいたします。


ピアノレッスンは、現在6ヶ月目に入りました。まだ今のところ夢中です。
それをはじめると、rocoちゃんは部屋の敷居に顎を乗せて耳にふたをしてうっとり聞き入っています?
一番初めに曲として弾けるようになったのは「聖者の行進」この局が左手伴奏付で一曲弾けるようになるまで約3ヶ月かかりました。
教える先生も視覚障害者に教えるのは初めてとのこと。私自身もピアノなんて全くの初心者。この3ヶ月の間お互い七転八倒。
先生は基本から叩き込もうとしてくれていたので、聞いたことのないレッスン曲だけが延円と3ヶ月も続いた。
でもそのうち私はつまんなくなってしまった(^^♪
知ってる局を弾きたいと、わがままを言ってはじめたのが「聖者の行進」だった。
だが、左手伴奏がなかなか思うように弾けなくて、一週間に一回の個人レッスンの度に、先生のだめだしが続いていた。
思い返せば、そのころのレッスン方法には問題があった。
お互いが初心者のような状況だったため、教え方も教わり方も全く手探り状態だった。
ただただひたすら口答でのレッスンである。レッスンの様子をレコーダーに録音し、後で繰り返し聞きなおして反復練習をするしかなかった。
でも、先生としては教える方に夢中になると、録音されたものがどんな状況なのかということまでには気が回らない様子だった。
音と言葉だけが頼りの私にとっては、一人で反復練習するときには、これまた大変な作業になる。
視覚障害者となって以来、何かとこのような場面は慣れているとはいえ、こと この ピアノレッスンに関してはまたまた初体験のことなので、まさに「七転八倒」状態が続いている。
それでも、そんな苦労を重ねた結果、ポツンポツンとながら、何とか曲になってゆく様子が掴めたときは何ともいえない喜び感がある。
ここまでこぎつけたらしめたもの、それからは仕事の合間合間には鍵盤を叩いている。これは、自分の家にピアノがあればこそできる話しであって、そうでなければこのような練習時間は獲得できない。
なにわともあれ、このピアノを提供してくださったことだけではなく、ピアノの先生も紹介していただいた、kさんに感謝感謝です。
でも、当初の話では、続けてやれるかどうかわからないので、もしだめだとわかったらお返ししますから引き取ってくださいね。とお願いしていた。が、kさんに枠「返されても困る もう家には新しいピアノが入ってしまったのだから」とのこと(^^♪
そんなスタートから始まって、今丁度6ヶ月目に突入した。
時折治療に来てくれるそのkさんには、そのときまでに弾けるようになった曲をご披露している? これは 私のせめてものkさんへの感謝の気持ちの押し付けでもある。
たった一曲だけのミニミニコンサート。kさんからの小さな小さな拍手、私の心は昂揚する。
新年を迎えてピアノ暦6ヶ月に突入!
まだまだ飽きることなく2017年も潤いの年になるような予感(^^♪

鍵盤をまさぐっているときは集中力が必要なのでいやなことも忘れられる
[PR]
by wappagamama | 2017-01-01 09:21