<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

航空自衛隊のコンサートに行ってきました

c0121604_17242487.jpg


検索結果 約 1,100件中 1から10件目

1 種苗交換会の歴史 - 第139回秋田県種苗交換会 in Yuzawa 2016
明治11年(1878年)9月、県勧業課長樋田魯一が主催して、秋田市の浄願寺を会場に第1回の勧業会議が開かれた。石川理紀之助翁 ... 同15年からは、勧業会議(勧業談会・現在の談話会の前身)と種苗交換会を合体して名実ともに「秋田県種苗交換会」と呼称された。 この間、明治12年、県は地域指導に当たった四老農、大館の岩沢太治兵衛、秋田の長谷川謙造、雄勝の高橋正作、湯沢の糸井茂助を勧業御用係りに任命。翌13年に ...

2 秋田)湯沢で種苗交換会始まる 今年で139回目:朝日新聞デジタル
... 県内最大の農業イベント「種苗交換会」(JA秋田中央会主催)が29日、湯沢市の市総合体育館を主会場に始まった。農業技術の向上を目指し、1878(明治11)年から途絶えることなく開催され、今年で139回目。4日まで、9会場で多彩な行事 ...


ネット検索結果の一部を引用しました。私自身改めて「ヘー? そうだったんだぁ?」湯沢雄勝(合併して現在湯沢市となっている)雄勝がこんな位置で活躍していたんだと?…
農業の祭典ですが、私は農業とは何のかかわりもない生活をしていたのですが、地元での大イベントだったためなぜか子供のころから慣れ親しんだ行事です。
両親につれられて何回か言った記憶もあります。驚くほどでっかいかぼちゃや大根・サツマイモ・白菜などなど印象的でした。
タイトルや画像とは何の関係もないようですが、この種苗交換会のイベントの一環として湯沢文化会館で航空自衛隊のコンサートが開催されたのです。
ガイドヘルパーさん・rocoちゃんといってきました。
凄い人でした! 途中の道路や大きな店の駐車場まで車が一杯止まっていました。そこから歩いて文化会館まで行く人の流れが?…シャトルバスも出たほどです。
タクシードライバーさんもガイドヘルパーさんもこんな光景は珍しいねといってました。
勿論、私もこれほどまでに混雑した文化会館にいったのは初めてです。
当然ながら数人の知り合いに声をかけていただきましたが、どうしたことでしょう!?… rocoちゃんは家にいるときのあのテンションではないのです。最初は凄い混雑の中で人間ウオッチングをしていたようです。
知り合いに声をかけられても「あそうお あたし今忙しいの?」という感じで?…
いざ 会場が始まり、長い階段や不規則な階段体が触れるほどの混雑だったのにもかかわらず、「ヒール」と軽くリードを引くだけで、まるで私の体の一部になっているような感覚でした。
と「 さっすがぁ」と小鼻をぴくつかせていた? と思った瞬間?狭い通路を通っているとき「アヤァ めんこいごどぉ!」とあっちでもこっちでも?…
そして次の瞬間「アヤァ!なめられだぁ!?」と?…
姿かたちもめんこいけど、お仕事ぶりも楚々として品格がある(^^♪
だけど・だけど油断はできない。巧妙な手口で「ペロリ」とやっては知らん顔している。
本番の演奏中は通路側に待機させていたが、通行人がやたらタッチして行くのでその都度立ち上がり落ち着かない。
同列の人が椅子を一個詰めてくれたので、rocoは私の隣の席に落ち着いた。スースー寝ていたと思ったら今度は座れの姿勢になり、前の人の間からステージを眺めていたり?… rocoなりに結構楽しんでいたようでした(^^♪

またひとつrocoの魅力発見(^^♪
[PR]
by wappagamama | 2016-10-30 17:24

コンサートの後ダリヤ園にいってきました


コンサートの余韻を残したまま、タクシーでダリや園にいってきました。
ダリヤは湯沢市の市花です。
実はダリヤ園は今日で閉園です。毎年行きたいと思っていてもいつも次期をこかしてしまっていました。本当は球根も欲しかったのですが、ことしは天候が合わなかったようで球根は販売していないとのことでした。
そのかわり、ダリヤは目一杯もらってきました。
コンサート終了後直ぐに駆けつけたのですが、山やにあるそのダリヤ園は山なのでもう夕暮れ間近の滑り込みセーフでした。
ここではrocoちゃんうれしそうに「ズンズンズンズン」山に登って、私を引っ張ってくれました。来年こそは・来年こそは忘れないで早めに来ようね(^^♪

明日は花瓶に刺したダリヤの写真をアップしまぁす
[PR]
by wappagamama | 2016-10-30 17:21

文化祭に応募した文芸作品

秋田県視覚障害者福祉協会文化祭出展作品です。

10月15日に秋田で開催された文化祭に応募した作品をご紹介します。

当日、この中からどの句が紹介されたのかは、参加していない私にはわかりませんが、取り合えず応募した作品をご紹介します。
尚、一部手直ししてあります。


1・短歌」字あまり

● ハーネス手放す その瞬間 スローモーションの中 総べてを祈る

※8月に、地下鉄青山駅で、盲導犬連れの男性がホームから転落して亡くなった。
かつて私も怖い経験をしたことがある。その際、「盲導犬を巻き添えにはできない」と「エルモドケッ!」瞬間的にハーネスを手放していた。その一瞬の間、総べてのもがスローモーションの画像になり無意 識のうちに祈っていた。今回の事故の男性の奥んがコメントしていたように、犬 を守ろうとしたということに共感した話を書きました。


2・「短歌」

●12年 苦楽共にし いとしき パートナー 引退の日 最後のお仕事果す

※別れがたくて引退を延長していただきながらも、やはり別れはつらい。
でも健康で最後のお仕事としてふるさと札幌まで盲導犬としての役目をしっかり果たしてくれたパートナーへの感謝の句です。


3・「短歌」

● 札幌も 激暑と聞き 好物の スイカ贈ったよ 器に残せし種懐かし…

※ふるさとの老犬ホームで自由に過ごしている別れたパートナーは暑さに弱い子でした。
好物のスイカを食べさせたくて贈りました。食べた後の器にはいつも種がそっくり残ていました。


4・「川柳」

● 帰省あこ スマホ三昧 寝転がり

※年に二回しか帰省しない娘、寝転がってスマホ三昧、不気味なほど音のない世界で閉鎖的、全くの無音である。目の見えないものにしてみたらある意味不気味とも思える。家の中の様子が変わると全神経を集中させなければ行動も困難。
加齢と共に「堪忍袋の緒」がもろくなってゆくのが情けない。


5・「川柳」
●キャピキャピで お利口さんで 別嬪さん 

※満二歳の新パートナー、訓練した手で折り目正しいお仕事ぶりだけど、プライベートになるとそれはそれはキャピキャピ ギャル、若くて・元気が良くて・テンションが高く・大はしゃぎをするニューフェースです。
私72歳、新パートナー万2歳、年の差70歳、さぁて どんな生活が待っていることでしょう?(^^♪


6・「俳句」
こだわりの 朝もぎトマト 喉歌う

※関東にしか出荷していないという、こだわりのトマトを作っているお父さんを尊敬している父と娘が、私の患者さん。来院するたびにいただく朝もぎトマトのおいしいことおいしいこと。仕事で一汗書いた後の丸かじりは喉が歌っているよう…


7・「川柳」

●キスシャワー コントロールできても 油断大敵

※新パートナーの悪癖は誰かれない「キスシャワー」一ヶ月かかってコントロール
できるようになったけど、うっかり油断すると巧妙な手口でぺろりとやられることもある。まだまだ安心できないおきゃんな娘。


8・「俳句」
●食卓に 茄子紺並ぶ おらが秋 

※今年の夏ばてはひどかった。水差しまんま(飯)に茄子漬・茄子の素揚・朝もぎとまとで何とか乗り越えた。


9・「川柳」
●ふすま障子 取り外し 藍かおる暖簾>

※今までどうして気がつかなかったのだろうと思うほど、家の中がゆったり広々と
し、風に香る藍染の涼やかさを読んでみました。

文化祭が終了したのでご紹介します
[PR]
by wappagamama | 2016-10-21 10:34

きんもくせいが夕日のようなオレンジ色のかわいい花を付けてかぐわしい香りを放っています

c0121604_17143515.jpg

今日のrocoちゃんのお洋服は黄色です かわいいひよこちゃんがいっぱい
[PR]
by wappagamama | 2016-10-15 17:14

今日はたつたやデビューです

c0121604_1701489.jpg

音楽cdを借りるためはじめてレンタルショップつたやヘイってきました 隣のグランマート改装工事売りつくしセールをしていたのでついはいっていったけどぜんぜんやすくありませんでしたぁ 芋の子汁の材料を買ってきまし多ぁ
[PR]
by wappagamama | 2016-10-15 17:00

真夜中のrocoちゃん「胸キュン」物語

連休土曜の夜、2ヶ月ぶりで兄さんが帰ってきました。
rocoちゃん大喜び
お盆に帰省したとき以来2回目のご対面です。だったかな?…あれっ なんかのときにもう一回あってる?…

 取り合えず、私の息子娘たちにこれまではrocoとの接し方には充分気をつけるようにしてもらった。
繰り返し書いていることだけど、rocoはテンションが高い個だということと、頭が良いので一度経験したことに対しての記憶力がその後の生活に影響するかもしれないという思いから、「最初が肝心」ということで、二人の子供たちには最初無視してもらった。どちらがわにしても結構不自然だったかもしれないが、でもそれが項をなしたのか、後々お互いの負担が軽減されたのではと感じた。
お互いというのは、rocoと二人の子供たちのことであって、私的にはrocoの世話を総べて自分でしなければいけないため、帰って難儀なことでもあった。というのは、rocoと二人っきりの生活だったら一日の流れがスムーズに行動できるけど、家族が一緒の場合はそうも行かない。
ともすれば手助けをして欲しいと思うことがあっても、私以上に気丈な娘がそれを許さない(苦笑)



今回は特に私の体調が思わしくなかったということもあり、家族・roco同伴での外出もなく過ごした。
それ以来久々に出会った兄さんに、rocoはすっかり家族としての喜びを表現している。お得意のキス攻撃は兄さんに拒否されるので遠慮がちながらすきを見てやっていたらしいが、兄さんの「ノー」で落ち着いた。
その後直ぐに静まり返ったのでどうしたのかと思ったら、鞍坐の中に抱かれているとのこと。
帰宅して直ぐrocoのその愛らしさにめろめろの兄さんは身動きができない。最高のベッドに抱かれたrocoちゃんはすやすや寝息を立てて夢の中…(^^♪
二泊して翌翌朝に帰ってゆくまで家の中で兄さんの後を追ってぴったりくっついていただけの休暇だったけど?…
rocoは真夜中の今、兄さんの寝ていた寝室に、何かを確かめに行ったようだ。
しかも、私の寝室を通り抜け兄さんのいないのを確かめた後、またまっすぐ自分のベッドへ戻っていった。
兄さんの寝ていた布団は片付けたのであきらめたけど、もしそのままだったとしたら?…兄さんの布団の暖かさを知ってしまったrocoちゃんはこっそりそこで寝てたかもしれません…私の布団には見向きもせずに戻っていくrocoのいじらしさに、ついつい起き出してパソコンに向かいました。

なんていじらしいんでしょう?…
[PR]
by wappagamama | 2016-10-11 02:55

ままごとあそびのようなかわいいお弁当です

c0121604_12493189.jpg


先月から週3回お昼のお弁当を頼みました。
湯沢市内で営業しているお弁当屋さんです。
高齢者向けなのでかろりーは抑え目に作ってあるとのことだったのでこれはよいと試しにお願いしてみたのですが、ご飯とおかずをあわせても常に500キロカロリーで計算して作っているとのこと。
お弁当箱も超かわいいけど、それに入っているおかずも超かわいい(^^♪
品数は常に6種類、だけど、たいていのものが一口で食べられるくらいのほんのちょっとしか入っていない。
おまけに塩分も2グラムといったかな? スープも味噌汁もついていないので、ご飯が飲めていかない。
なので、漬物か瓶詰めか味噌汁でもなければご飯が残る。
高齢者向けに作ってあるのだからこれくらいが丁度いいのかもしれないが、私は現役で力仕事をしている身?…

最初はままごと遊びのようなこのお弁当に物足りなさを感じていたけど、最近はこれにちょっとしたものを付け加えて食べていたら、結構気に入ってきた。
テーブルまで運んでくれ、メニューの説明をしてくれるので、大変有難い。
一週間に一回のヘルパーさんには毎週買い物は頼めない。郵便物の整理・書類や振込みなどがあればそれだけで時間は目一杯になる。
掃除や整理などはまずもって時間をとることはできない。何とか食料の買い物を頼んだとしても、せいぜい一週間分くらいのもの。しかも今度はそれらの食料を上手に一週間食いつなぐという芸当も私としてはもうかなり厳しくなってきている。
本業の仕事もなぜか以前より忙しくなっている。体力を調整しながらのぎりぎりの生活が続いている。
そんなときのこのままごと弁当は、私にとっての有難い見方となっている。
そのほか週に2回は夕食をやまりんべんとうで超ガッツリボリューム満済!
食材のバランス・味のバランスなどなど申し分のない内容であることと、その他に何か食べたいもの枯れ場何でも作ってきてくれるし途中で買ってきてくれたりもする。
やまりんの漬物はこれまた絶品でおねだりすればいつでも作ってきてくれるので本当に感謝感謝。

このやまりん弁当とライフデリーのままごと弁当のお世話になりながらこれからの生活のリズムになりそう?…。

ままごとのようなかわいいお弁当だけど?…
[PR]
by wappagamama | 2016-10-10 12:49

ごはんとあわせて約500キロカロリーです

c0121604_12462955.jpg


最初はヘルパーさんと二人で「ウワァ~ かわいい」と爆笑しました。
ヘルパーさんいわく「私だったら これ 三つくらい泣ければ間に合わない」と、そのかわいさに感心仕切りでした。

昔から調理など食べ物つくりは嫌いではなかったので、苦もなく楽しんでやっていた方だけど、最近は仕方なくやらなければ食べられない、という風に変わり、今では、スーパーの出来合いのお惣菜やおにぎり・白ご飯などを買って食べるようになっている自分に驚いていました。
それも、今年になってからです。思い返せば春ころからの体調不良が招いた手抜き生活が始まっていたようです。
以前だったら、旬のものが食べたくなれば、ヘルパーさんに頼んで買い集めてきてもらって、食べたい勢いで調理に取り掛かっていたのに?…
体調の衰えとはこのように生活の質を落としてゆくんだと思い知らされている今日この頃です。
イエイエ いつまでもこのままではいませんのでご心配なく(^^♪そのうち体力復活する彼我来ることをご期待くださいませ(^^♪
思えば、昔母が言ってました。「年をとって行く途中何階か体調が悪くなり、でもそれを乗り越えるとまた元気になる」と… 私が今まさにその途中に差し掛かっているのだと思います。
そして少しずつ自然にいろんな機能が衰えてゆくんだということを今まさに体感しています。
母のいった言葉でもうひとつ忘れられない言葉があります「この不安は年をとったものでなければわからない」と…
若いものが良かれと思っていったとしても、それは年寄にとっては必ずしも受け入れられるものばかりとは限らないのだということを今やっと実感しています。
面倒になって・難儀になって・苦痛と感じて楽しくなくなったら、それは少しずつ省略していってもいいかな?…と自分に都合の良い方向に考えています。
でも幸いなことに、私はまだ家業の仕事に対しては情熱が衰えていません。
むしろコレが私の生活の基盤となっています。
だからこそ、弱音を吐かずにがんばれるのだと思っています。
できることなら現役のままで人生を終えられたらと私の夢です。あくまでも希望的観測ですけどね?…(^^♪
それまでは、まずは食事が基盤です。
そのうちまた 季節のものを買い集めて台所で奮闘する日が来ることを…
[PR]
by wappagamama | 2016-10-10 12:46

本日のお昼ご飯

c0121604_12394648.jpg

[PR]
by wappagamama | 2016-10-10 12:39

あれっ? これなんてはなだっけ?

c0121604_20263558.jpg


わかりましたぁ 孔雀草でしたぁ 思い出しました
毎年何種類かの花を植えてますが、そのうちここの土に会わないものはいつの間にか無くなってしまうけど、この孔雀草のように元気に育ってくれるものもあります。春には仙台萩が年々勢いを増してきれいな紫色の花をつけてくれます。秋になった今、今度はとてもかわいらしい音で私を楽しませてくれています。
指の先ほどの空の中でからからに乾いた小さな種たちが、台風の強風に吹き飛ばされながらも枝からは離れずに、「カラカラカラ」とかわいらしい乾いた音をたてて私を楽しませてくれています。
いろんな楽しみ方があるものだとつい顔が緩みます。

 今日のrocoちゃんのお洋服はエルモお兄さんのお下がりです。
エルちゃんが春に協会に帰るときに着て行ったお洋服です。
3ヶ月ぶりでボランティアさんがrocoちゃんのサイズに手直ししてくれて帰ってきました。思いがけないサプライズで驚きました。
緑色地に電車や線路・標識などかわいらしい絵柄です。
エルちゃんにはちょっぴりきつき津だったのであまり着ていなかったのでまだ新しいです。rocoちゃんにも女の子らしい超かわいらしいお洋服があるんだけど、今日はエルモお兄さんのにしました(^^♪
コメリーからシマムラマデ歩きました。ひさびさです。
患者山陽のタオルケットを買ってきました。
[PR]
by wappagamama | 2016-10-05 20:26