<   2015年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

我が家の[金銭出納帳]初公表!

 昨日のブログ記事を書いていて改めて[金銭出納帳]を見直してみた。

金銭出納帳とはいっても、出費と入金を大雑把に記録してあるだけではあるが、それでも一目瞭然!
この10月は珍しく、入金も多かったことは確かだが、それにも増して出費は半端ではなかった!
冬季間の除雪費用がかかるときとは違って、この時期には珍しく出費が大きく家計を圧迫していた。

「出費の一覧表」金額の大きいジュン
1・治療室の改装費…90000円(後に大家さんが50000円を負担してくれた)
2・園芸用品…38000円
3・秋冬物用品(衣類寝具など)…37000円
4・空気清浄機…34000円
5・掃除機…32000円
^締めて321000円-大屋さんが負担してくれた分50000円=181000円^

このひとつひとつの項目には全てうふかぁいふかぁい訳がある。
1・治療室の改装はゲジゲジ発生したことが原因で後に引けなかった。22年間我慢したのはなんだったかと思うほど…
2・園芸用品は、腰痛のため草生す利や庭の手入れを楽に合理的に済ませようと考えたことと、来春エルモとのお別れの季節には、沢山の花々を咲かせて見送ろうとイメージしたためその欲望がとまらなかった。
3・秋冬物用品も、押入れにねずみが住み着き大半を処分した結果のこと。
4・空気清浄機は、上記にも書いたように、お灸の過剰摂取のため肺がんの恐れを感じたため。(?)
5・掃除機は前回に買った掃除機が当たりが悪く目的達成をしてくれなかったため、急遽導入。

と言う具合に言い訳は見事でしょ!!!

そうそう ねずみ発生の件は初めてご紹介したのですが、治療室改装に伴い床下を消毒したため、そこを追われたネズミたちがあっちこっちの押入れに住み着いていたという、これまたあっちがよければこっちが!…と言う具合にどこまでいっても自然との闘いからは逃れられないようだ。
このことは大屋さんには伝えていない。なぜなら 「だから言ったでしょ こんな古いところに居ないで 新しいところに引越ししたら」って言われちゃいそうだから。
ねずみ退治のために更に臨時でヘルパーさんを頼んで片付けてもらっている。
ヘルパー派遣費用・ねずみ駆除剤・洗濯代それに対応する労働時間などなど目に見えないところでの負担も半端ではない。
そんなときの掃除機の不具合があったものだから本当に参ってしまった。
隣の部屋の押入れでガリガリいっているのに、エルクンはへっきのへいざでスースー寝入ってる(^^♪かあさんがこんなに七転八倒しているのに、なんて平和なエルクンデしょ?
[PR]
by wappagamama | 2015-10-30 12:35

掃除機ものがたり?…


犬の抜け毛が半端ではないので、より良いものをと思って、値段もアップしてサイクロン方式のものを初めて使ってみた・

 全然だめ!!!一回ごとにごみを捨てなければいけないばかりか、へっと部分に直ぐに毛が詰まってしまう。毛が詰まれば直ぐにモーターがオーバーヒートしてしまい直ぐに止まってしまう。
今度こそはと思って奮発して今までの二倍の値段だったのに?…
買ったのは4月なので保障期間内である。
販売店に連絡したら修理に10日ほどかかるとのこと。
その10日間掃除機なしでどうやって過ごせるだろう…
放棄とコロコロだけで5つの部屋と二つの台所、それに廊下洗濯場の掃除をしなければいけないと考えただけで、やっと良くなってきた腰痛がまたひどくなりそうだ!
だましだましでも最小限度のところだけでも何とか掃除機を使っているので、うっかり修理にも出せないでいる。


 ^ジャジャジャァ~ン^
今夜更にパワアップした掃除機が我が家にやってきた!!!
常連患者さんにその事情を話して、更にパワーアップした東芝掃除機を購入!
その患者さんは電気のことなら電化製品から各種工事それに電気部品工場の経営者である。
何でもっと早く相談しなかったかなぁ?…絶対量販店の方が品数豊富で安く手に入ると思い込んでいた私が間違っていた。
量販店より断然消費者の直接の声を聞いているし、事情に応じて商品を選んでくれる。
つい先日も、治療に使うお灸の過剰摂取で喉に違和感を感じているので、パワーアップした空気清浄機を購入したばかりだった。
夏と違って窓を開けられないので台所の換気扇だけが頼りだった。
治療中一人の患者さんにお灸を全身に約20個以上は使う。その煙を毎日毎日吸い込んでいるのだから治療を施している私にとっては絶対的に過剰摂取である。
咳が始まればチョッコラチョットとまらない。コレは真面目に考えなければいけない問題であった。心配した患者さんの中には「お灸はやめなさい!」と言う人もいる。一旦は私もそう思ってかなりセーブしていたが、やはりどうしても重症な患者さんほどお灸をしたくなる。それにもうひとつ大変困った現実にお手上げ状態だったことがある。それは、お灸に火をつける際のライターである。こどもの火遊び防止のため、ライターが非常に使いにくくなったのである。簡単に火が付かないように硬くロックがかかっているばかりか、点火しても3秒くらいで消えてしまうものもある。指の先端に3個のお灸をつけて(粘着力があるので)一気に3個のお灸に点火していたが、3秒ではそれもできない。それもこれも治療かとしての死活問題であった。
ということを、その電気屋さんである患者さんにお話したら、ライターに細工をしてきてくれた。何と有難い! 今回は一挙に20個ものライターを持って来てくれた。。

そんな事情もこんな事情も全部知っているその患者さんであるからこそ、我が家に合った機種を選んできてくれる。
空気清浄機叱り・今回の電気掃除機もまたしかり!…
スイッチを入れれば、ヘットがカーペットに吸い付き、自動的に前に引っ張られる感じがする。当然のごとく勿論サイクルン方式はやめた。
ただし、うっかりしたら床に落ちているものは何でも吸い込んでしまう化膿性があるので、逆にそちらの方を注意しなければいけないかも?…

 最近はそんな塩梅だったので、布団や衣類の毛も充分に取れないので、なんとなく体がちかちかしていた。
知らず知らずのうちに呼吸器にも紛れ込んでしまっているかもしれない。お灸の過剰摂取といい 肺がんになるリスクは決して甘く考えてはいけない、と最近思う…

結局、今日の書きたかったことは?…パワーアップした掃除機を導入したということでした。が?…
その影にはその影には…いろんな苦労といろんな事情があり、そしてその事情を理解してくれる患者さんがいてその患者さんに助けてもらいながらやっていけているんだということを今回更に更に痛感させられている。

掃除機・空気清浄機・それに治療室の改装工事そして庭の助走…
[PR]
by wappagamama | 2015-10-29 21:11

北三ブラック菊花賞優勝^

c0121604_1630021.jpg

午前中 強風の中 秋冬向きの普段着を会に行ってきました。
はやりばんてん好きな私は ロングカーディガンをゲット^
その下に着るのはロンt、お腹もお知りもすっぽり隠れるので気楽気楽…フフフ
化学繊維はかゆくなるので素材がめんというのと肌にも優しいし、洗濯も利くし何より一着1400円也。
エルクンの抜け毛対策としては最適最適^袖口と襟元がそれぞれ違うバージョンで色違を3着ゲット^全体的な色合いは落ち着いているけど、所々のポイントがかわいいのと、なんてったってコーディネートがおしゃれ^
それに寒さ対策としてブーツもゲット^これがまたロッカー風?ふふふ コレもいいでしょ?
今日か鋳物に付き合ってくれたのがkちゃん。彼女はまだ30代なのに一緒に行動していてとても楽しい。
買い物に付き合って欲しいと私から頼まれた後、何店舗化下見をしてくれていたらしく、自分だったらコレが欲しいと思うものを見当つけてくれていたらしい。
なので、洋服と靴はものの1時間ほどで全て揃った。試着後はタグと値札を取ってもらいそのままイメチェン^
強風荒れすさぶ中、ロングカーディガンのすそを靡かせて闊歩してきちゃいました^
お昼は食べたかったとんこつラーメンでお腹も心も満腹満腹^

ガイドヘルパーさんたちにも良く買い物のサポートをしてもらうが、なぜかいつもヘルパーさんの主観が強くて、この私でさえもなぜか一歩引いてしま
っていることが多い。
決して悪気があってやっているのではないと分かるだけに、気になってもスルーしてしまうことが多い。
それは、金銭的・趣味的・仕事に対する意識の違いなどなど微妙であるが、サポートをしてもらうこちら側にしてみれば意外と大きなストレスになる。
すべてこちら側の思い通りになるとは思ってはいないが、同行法制度が始まってからまだ数年、ここ湯沢市はそこからガイドヘルパー制度がスタートしたようなものなので、他都道府県からしたらはるかにその意識が遅れていることは否めない。
あくまでも、こちらが目的を果たすためのサポートをしてもらっているはずなのに、感覚が違っている。わかってもらえそうなことに関してはその都度お願いして改善してもらえるように努力はしているが、なかなか難しい現状である。
とはいっても、[同行援護法」が湯沢に定着する前からしたらそれはそれははるかに有難く便利になったことは確かではある。
もう少しずつもう少しずつ中身と意識が、改革進歩してくれることを切願する思いである。
そんなえもいわれぬ違和感無しで付き合ってもらえるのが今日付き合ってくれたkちゃんである。
本当に貴重な存在である。有難い存在である。そして何より一緒にいて自然に楽しい。

愛称や感覚いかんによっては…
[PR]
by wappagamama | 2015-10-25 16:30

点字jbニュースから



    ーー 「白杖SOSシグナル」に関する陳情 ーー
 8月31日、日本盲人会連合は岐阜市が作成した「白杖SOSシグナル」普及推進
シンボルマークの周知を要望して岐阜市と共に内閣府に対して陳情を行った。当日
は、岐阜市・松原福祉部長、日盲連・竹下義樹会長をはじめ岐阜県視覚障害者福祉協
会・清水和弘会長、福岡県盲人協会・小西恭博会長が参加した。
 「白杖シグナル運動」は、福岡県発祥の運動で、視覚障害者が外出の際、周囲の助
力を求める必要がある場合に、白杖を頭上50cm程度に掲げることで助けを求める
意思表示を行い、周りの人から手助けをしてもらうための手段として提唱されてい
る。
 本年5月に開催された第68回全国盲人福祉大会(岐阜大会)では、シンポジウム
「視覚障害者の安全な外出と白杖」でも紹介され、大会の一環として開催された「全
国盲人代表者会議」において推進することが確認された。
 当日、各参加者から視覚障害者が安全に外を歩くことが出来る環境整備の一環とし
て全国に向け「白杖SOSシグナル」普及推進シンボルマークの周知を行って欲しい
旨を要望し、内閣府担当者からは内容を検討した上でしかるべき対応を行いたいと回
答があった。(日盲連)。

頭上50センチに掲げる それは縦に?それとも横に?
[PR]
by wappagamama | 2015-10-24 15:14

日盲連ニュースからその4(10日ほど前のニュースです)


1.視覚障害の女性、はねられ死亡 より重度の姉と腕組み通勤中に
 15日午前6時20分ごろ、新潟市東区柳ケ丘の市道を姉(57)と歩いていた団
体職員川崎和美さん(54)=同区本所1丁目=が軽乗用車にはねられ、頭を強く
打って死亡した。新潟東署などによると、2人は通勤中で、腕を組んで自宅近くのバ
ス停に向かっていた。姉妹には視覚障害があり、川崎さんは普段から、より重度の姉
と一緒に出勤していたという。
 署などによると、現場の道路は直線で、幅は3・8メートルほど。路側帯は狭く、
2人が並ぶのがやっと。2人で道路右側を歩いていたところ、川崎さんは対向してき
た軽乗用車にはねられたとみられる。姉にけがはなかった。運転手の会社員男性(1
9)は「前をよく見ていなかった」と話しているという。近所の男性(67)らによ
ると、現場は早朝は車通りが少なく、スピードを出す車も多いという。
 自宅近くで美容室を営む堀美樹さん(53)は姉妹と幼なじみ。川崎さんが店に来
るときは、必ず自宅まで迎えに行った。「本当に若すぎる死です」と悔やんだ。堀さ
んの母・泰子さん(78)も「妹の和美ちゃんはとても芯の強い子だった。2人で支
え合っていたのに……」と残念がった。
 視覚障害者の事故をめぐっては、徳島市で3日、男性(50)と盲導犬が後退中の
ダンプカーにひかれて死亡する事故があった。

2.目の不自由な姉妹事故 「障害者を常に意識して」
2015年10月15日 NHKニュース
 全国の視覚障害者などでつくる社団法人、全日本視覚障害者協議会(ニホン)の田
中章治(タナカショウジ)代表理事は、「悲しい事故だ。私も盲導犬を連れている
が、大げさに言うと、車は我々にとって走る凶器で、ドライバーの中には盲導犬や白
い杖を見てもスピードを緩めずに通りすぎる人もいて、ビックリさせられることがあ
る。運転する際は、通行人の中に視覚障害者もいるということを常に意識してほしい
し、警察にも視覚障害者のそばでは徐行や一時停止などを徹底するよう啓発活動を
行ってほしい」と話していました。
[PR]
by wappagamama | 2015-10-24 09:57

日盲連ニュースからその3


1・時の顔/全盲のゴルフ選手 後藤健治さん
2.「盲目の牧師」の勇気伝えたい 91歳女性が伝記点訳

以下、本文です

1.時の顔/全盲のゴルフ選手 後藤健治さん
2015年10月22日 長崎新聞 
 全盲や弱視の選手が競うブラインドゴルフの国内トッププレーヤーだ。9月に仙台
市で開かれた全国大会で優勝。世界大会では2回準優勝し、北米大陸のプレーヤーと
競う世界選抜チームの一員に選ばれたこともある。
 1級建築士として働き盛りだった30代、網膜の病気で視力が徐々に失われた。既
に全盲だった45歳のとき、知人の勧めでゴルフに出会った。約20年前のことだ。
 体の軸を中心にスイングし、構えた所にクラブを戻しながら全身で振り抜くのは健
常者と同じ。手に伝わるナイスショットの感触、カップインしたボールの音が聞こえ
たときの喜び。夢中になった。「年に360日練習しました」と笑う。
 競技ルールも健常者とほぼ一緒。方向や距離を助言するガイドの同伴が認められて
いて、妻リカ子さん(56)が毎試合務めている。
 肌で風を感じ、どんな球筋でフェアウエーを攻めるかイメージを駆り立てる。カッ
プまでの距離を歩測しながら足の裏でグリーンの傾斜を読み、パッティング。打ち出
す方向へ、リカ子さんがクラブやパターの先端をセットする。未経験だったリカ子さ
んも、すっかりゴルフに詳しくなった。
 国内の競技人口はまだ200~300人ほど。競技団体は国体やパラリンピックの
種目入りを目指すが、壁は厚い。
 「健常者と同じレベルになれるよう頑張らないと。東京パラリンピック? 夢です
ねえ」
 福島県西郷村で鍼灸(しんきゅう)院を営み、リカ子さん、盲導犬と暮らす。64
歳。

2.「盲目の牧師」の勇気伝えたい 91歳女性が伝記点訳
2015年10月.21日 山梨日日新聞
 市川三郷町市川大門の主婦丹沢こと子さん(91)は、はしかで目が見えなくなっ
た男性が東京の大学を卒業し、牧師になる伝記「熊谷鉄太郎 見果てぬ夢」を点訳し
た。「目が見えない人に勇気を与えたい」と、89歳の時から約2年間かけて完成さ
せた。
 丹沢さんは、40年ほど前に旧市川大門町教委が募集していた点字ボランティアに
応募。2年間にわたって講習を受け、これまで町の広報紙や絵本の点訳などに取り組
んできた。
 伝記は横浜訓盲院で、日本初の盲人教師になった後、牧師になった熊谷鉄太郎(1
883~1979年)の半生を描いたストーリー。2年ほど前、キリスト教の市川教
会で伝記の著者・玉田敬次さんから本を手渡されたのをきっかけに、「目が見えない
人を元気づけられる話で、とても興味が湧いた」と点訳に取り組み始めた。
 点訳には点字タイプライターを使用。全86ページ分の本の文字をA4とB5判の
用紙に一文字ずつ打っていき、400ページに及んだ。
 これまでに手掛けた点訳本は100ページ前後だったが、400ページになるのは
初めてという。丹沢さんは「時間が空いたときにコツコツと作業した結果。昔より、
点訳するスピードが速くなっている」と笑顔で話す。
 点訳した伝記は、同町社会福祉協議会に寄贈した。同社協は、点訳した広報紙の唯
一の読者である同町高田の渡辺俊男さんに読んでもらった後、町立図書館に置く予定
という。
 丹沢さんは「読んだ人に喜んでもらえるのが一番の幸せ。まだまだいろいろな本の
点訳をしていきたい」と話している。
[PR]
by wappagamama | 2015-10-24 09:26

日盲連ニュースからその2

福祉関係記事2本目次

1.長年、盲導犬啓発活動 山橋さんの功績顕彰
2.ブルッと知らせる触感時計 視覚障害者用、八街の会社開発


1.長年、盲導犬啓発活動 山橋さんの功績顕彰
2015.10.12 徳島新聞 朝刊
 3日にトラックにひかれて亡くなった視覚障害者の山橋衛二さん(50)=徳島市
昭和町8=と盲導犬「ヴァルデス」をしのぼうと、徳島の盲導犬を育てる会(同市)
が、年内に山橋さんとヴァルデスの写真展を開くことを11日、明らかにした。山橋
さんと盲導犬の歩みを伝え、功績を回顧する。
育てる会は、年2回発行する機関誌「ハーネストクシマ」などを通して盲導犬への理
解を深めるため、視覚障害者と盲導犬の暮らしを撮影してきた。亡くなった山橋さん
とヴァルデスのことをより多くの人々に知ってもらおうと、写真展開催を決めた。
交通事故で失明した山橋さんのもとに初めて盲導犬がやってきた1987年以降、同
会が山橋さんと3代の盲導犬アルク、ウエイン、ヴァルデスを写した千枚以上の中か
ら数十点を選ぶ。交通安全を呼び掛けるイベントで子どもたちと触れ合う場面や、自
宅で仲良く寄り添う姿などが展示される予定。開催日程や場所は今後詰める。
同会の杉井ひとみ事務局長(56)=同市大原町外籠=は「山橋さんや盲導犬がこれ
まで行ってきた啓発活動の功績は計り知れない。山橋さんの遺志を残された私たちが
引き継いでいきたい」と決意を語り、写真選びに追われている。

2.ブルッと知らせる触感時計 視覚障害者用、八街の会社開発
2015.10.11 朝日新聞 千葉
 振動で時を知らせる視覚障害者向けの「触感時計」がある。八街市の有限会社アイ
スマップ(伊藤一男社長)が開発した「Tac-Touch(タックタッチ)」だ。
音声式や、針の位置を触って時間を知る触読式が一般的だったが、「振動」という方
式が受け入れられ、6月末の発売後、約300個が売れたという。
 開発した触感時計は振動の回数と長さで、時間が分かる。時計の横側に「時」と
「分の10の位」、「分の1の位」を示す三つのボタンがある。例えば、1時32分
なら、それぞれのボタンを順番に押すと、1回、3回、2回と振動し、時間を伝え
る。アラーム機能もつけた。
 これまでは、音声式時計や、針の位置を指で触れて時間を知る触読式時計が一般的
だった。だが、音声式は場所を選び、触読式は熟知するのに時間を要するとの声も
あったという。
 開発のきっかけは、伊藤社長が約2年前、視覚障害者用支援機器を販売するラビッ
ト(東京都新宿区)の荒川明宏社長と出会ったことだった。荒川さんは全盲で、視覚
障害者の生活支援のため、障害者の雇用を進めてきた。障害者向けの機器の説明を受
けるうち、伊藤社長は障害者向けに販売されている時計の種類が少ないと感じた。
 また伊藤社長は、ある盲学校では試験時間に各自が音声式時計を利用していること
や、目が見えず耳が聞こえないある男性が電車に乗る際、ドアの開閉の回数で降りる
駅を知るため、長距離でも座席に座らないという話を聞いた。
 アイスマップでは、主に研究機関や企業の依頼を受けて製品開発をしており、近年
は触覚や触感を活用した製品をつくってきた。自社の技術を時計に応用できないか―
―。時を伝える手段として振動に着目した結果、使いやすく、場所を選ばない時計が
完成。軽さと強さを両立させるために素材はシリコーンゴム製にした。
 開発した商品は青色だが、オレンジ色と茶色も販売予定。視覚障害のある女性から
「どんな青色ですか」という電話をもらったこともある。「目が見えないから何色で
もいいという訳ではない。身につける物は自分で選びたいという気持ちに応えたい」
と伊藤社長は言う。
 腕時計型(税抜き1万2800円)とストラップ型(同1万2千円)の2種類があ
る。販売やサポートはラビットに委託しているが、アイスマップでも注文や問い合わ
せを受け付ける。問い合わせはアイスマップ(043・312・1352)へ。
[PR]
by wappagamama | 2015-10-23 11:01

日盲連ニュースからその1


視覚障害者、音声で誘導、点字ブロックにICチップ


 案内板、誘導サインを手掛けるサカイ・シルクスクリーン(福井県永平寺
町)は視覚障害者向けの音声誘導システムを開発した。点字ブロックに埋め込
んだICチップの情報をつえを使って読み取り、音声情報として本人に案内す
る仕組みだ。現在は試作段階で、2年後をメドに製品化する。公共施設や病
院、交通機関を中心に3年間で50件の販売を目指す。
 システムは点字ブロック、情報を読み込むための回路などで構成する。通路
の交差地点やエスカレーターの手前など案内が必要な場所のブロックにIC
チップを組み込む。視覚障害者が近づくと、「右に曲がるとATMがありま
す」「この先がエスカレーターです」といった音声で案内する。
 白いつえの先端にICチップの情報を読み取る装置を取り付ける。携帯端末
を経由して誘導案内情報を保管するサーバーと接続し、音声情報が端末側に
返ってくる仕組みを計画している。耳をふさがない骨伝導イヤホンを使うこと
で、外の音を確認しながら歩くことができる。
 同社によると、目が不自由な人は信号機からの音声の聞こえ方などを目安に
歩いているが、繁華街ではそれが聞こえにくく、点字ブロックがあっても方向
が分からなくなるケースがあるという。新システムは行き先を誘導する情報を
音声で確実に伝えることができる。ブロックに「駅入口」「ATMは横」と
いった文字を加えることで、一般の人への案内にもなる。
 ICチップの技術を持つ福井工業高等専門学校、ソフト会社などと連携して
開発を進める。福井銀行は試作品を設置するなどシステムの評価で協力する。
ブロックの延長や音声案内の種類にもよるが、価格は1施設あたり数十万円が
標準となる見通しだ。
 同システムの開発については、福井県から、産学官と金融機関の連携を後押
しする補助金の採択を受けた。サカイ・シルクスクリーンは駅のコンコースや
ホームの床にある案内サインなどに強みを持ち、2015年9月期の売上高は
約4億円。

テンジブロックだけでは情報の数パーセントしか得られない
[PR]
by wappagamama | 2015-10-23 08:17

徳島でまたまた視覚障害者と盲導犬の痛ましい事故!


警報音義務化提言 交通弱者守る法整備急げ

警報音義務化提言 交通弱者守る法整備急げ

 音を頼りに生活している人がいることを、私たちは普段、どれだけ意識しているだ
ろうか。
 今月初め、徳島市の市道で全盲のマッサージ師山橋衛二さん(50)が、盲導犬
ヴァルデスと共にトラックにはねられて亡くなった事故を機に、再認識したという人
も少なくないだろう。
 山橋さんは、バックしてきたトラックに気付かずにはねられた可能性がある。ト
ラックには後退時に警報音を鳴らす装置が付いていたが、スイッチが切られていた。
 警報音を鳴らさなければいけないという規定はない。だが、もしも音が鳴っていた
ら、事故は起きなかったかもしれない。
 徳島県の飯泉嘉門知事が、トラックなどを後退させる時に警報音を鳴らすよう義務
化する法整備を求める提言書を、国土交通省や警察庁に提出した。
 県議会も「交通弱者を守る交通安全対策の強化を求める意見書」を全会一致で可決
している。
 悲劇の舞台となった県からの声だけに、説得力は大きいといえよう。
 事故は全国で反響を呼び、多くの国民が政府の対応を注視している。関係省庁は提
言をしっかりと受け止め、早急に法改正の内容を詰めてほしい。障害者が安心して歩
ける環境づくりへ、国会も積極的に動いてもらいたい。
 山橋さんは19歳の時に交通事故で視力を失い、数年後に盲導犬と出合った。以
来、20年近くにわたり、県内の学校を巡って講演活動を行うなど、視覚障害者への
理解を訴えてきた。
 3代目の盲導犬ヴァルデスとは8年以上、一緒に暮らした仲だ。事故に遭った日は
10歳の誕生日で、近く引退を控えていた。それだけに、関係者が受けた衝撃と悲し
みは大きかった。
 提言では、トラックやバスには警報音装置が付いていない車や、ライト点灯時は音
が出ない仕組みの車があるとして、メーカーに設置を義務付ける法改正も求めた。
 さらに、ハイブリッド車や電気自動車など、走行音が小さい車に「車両接近通報装
置」の装備義務付けも要請している。
 いずれも障害者だけではなく、お年寄りや小さな子どもたちの安全にとっても、重
要な措置といえる。自動車業界は前向きに取り組んでもらいたい。
 事故を受け、県内では県や関係団体が警報音を鳴らすよう運転者に呼び掛けるな
ど、再発防止への動きが広がっている。
 住宅地などでは警報音が騒音になるとして、スイッチを切るケースがあるという。
しかし、人命には代えられない。住民の理解と協力が求められる。
 悲しい事故を二度と起こしてはならない。そのためにも、一人一人が交通安全への
認識を深めることが大切だ。

最近視覚障害者の痛ましい事故多発!
[PR]
by wappagamama | 2015-10-20 14:43

今度は写真が見られるかな?…

盲導犬になれるかな? ・・・ 2005年盲導犬になりました。
ボク! エルモです。
F1000040
盲導犬で活躍中、エルモのページです。・・・2006年10月7日 更新
~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
★2006年9月★
先日、2頭目のナルディが盲導犬協会に帰っていきました。
すっかり、エルモが帰った日のことを思い出してしまいました。
家族からは、「今回は、泣いちゃだめだよ~。絶対に~!」
と念を押される始末・・・・・・。 あの日は、パピーウウォーカーの
みなさんが一言づつ挨拶する場面がありましたが、自分の番になると
胸が詰まって声が出なくなってしまいました。寸前まで軽く挨拶はできると
思っていたのですが、、、、最終的には、家内があいさつを・・・・・
いやはや、はずかしや・・・・・・。  思い出しました。
わかっていても、みんな、同じ思いで別れをしているのですよ。
あちこちで、ハンカチで涙をぬぐう場面を見てきました。
 
とても幸せなことにユーザさんからお便りのメールがあります。
様子をちょっとだけご紹介・・・
★2006年5月★
秋田の駅構内をスイスイ誘導してくれてユーザさんは、颯爽と歩けると喜びの声
夏には、めっぽう弱いエルモくん。これから、迎える夏は、どうなることやら、、
エルモくんのために、我が家もユーザさんのお宅もエアコンが付いたのですよ。
家の中は、涼しくても、外は暑いからがんばれ~。 でも、昨年ほどの暑さでは
ないとのことで・・・ちょっと安心。
★2006年4月★
エルモはユーザさんは、しっかり絆ができているんです。
なんと、エルモくんとユーザさんは、東京へ旅行・・・
エ~ッ、1匹と一人で・・・2回の乗り継ぎもJRの駅員さんの誘導で
難なくクリア。もう、息もピッタリ、無事、着いたのでした。
★2006年1月★
雪道を喜んで歩いているようですが、ブルドーザの雪を障害物とは
みなさず、あらら、ユーザさんは、雪の山を歩かなければ・・・・
盲導犬協会の先生のフォローアップが待ち遠しい・・・
★2005年10月★
誕生日をお祝いしてもらったり、宝塚歌劇「ベルサイユのバラ」を観にいったり、
周りの人たちがみんな、やさしい。  幸せそうな日々です。
~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
★2005年10月23日(日)  『エルモがテレビに・・・』
エルモがテレビに出ました。
「動物奇想天外」にユーザさんといっしょに出ていました。
周りの人がとてもやさしくて、とてもいい環境だということが伝わって
きました。 エルモがしっかり、歩く姿がとてもたのもしく見えました。
盲導犬になったら引退まで会うことはできないので、歩く姿が見れて超ラッキーです。
今度、会えるのは、盲導犬を引退したときです。 会いにいくからね~。
 
~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
NEWS!  ・・・ ユーザさんからの連絡 ・・・・・・・・・
★2005年7月30日(日)  『秋田のユーザーさんから電話が・・・』
エルモのユーザさんから電話がありました。        
この日も盲導犬協会のそばを通ったとき、         
「エルモはどうしているだろうねぇ~~~。」        
『盲導犬協会の人がエルモは、遠~~~いところです。』
って言ってたよ。新潟かな~~~。なんて、勝手に想像して
話していたので、秋田の・・・と言われてビックリしてしまい
ました。 ユーザーさんの話しによると、『秋田に行った頃は
環境の変化でちょっとストレスがあったようでしたが、今は
環境にも慣れました。  エルモは、やさしくて人気者になっ
ていますよ。』とのことでした。                 
TVに出るかも・・・とも話していました。活躍期待してるよ。
~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
NEWS!  ・・・ 盲導犬協会からの連絡 ・・・・・・・・
★2005年7月12日(火)   『エルモが盲導犬になりました!!』
と盲導犬協会から連絡がありました。           
ユーザーさんは、女性ですとのこと。今後ユーザーさんの
ために、活躍することを祈って家族一同、遠くから祝福!
写真がもらえるかもしれないとのことで、楽しみに待つこと
にします。                             
~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
NEWS!  ・・・ 盲導犬協会でのその後 その3・・・
★2005年4月3日(日)  盲導犬協会のおはからいで訓練中の
エルモの姿を見ることができました。           
当日は、あいにく雪が降る寒い日でしたが、ひさしぶりの
エルモの顔を見て満足。満足。大満足!          
う~~~ん。かしこいぞ。エルモ!! (親ばかです。)
05040301 05040302 05040303
05040304 05040305
05040306
 ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
NEWS!  ・・・ 盲導犬協会でのその後 その2・・・
★2005年1月14日  盲導犬協会から写真が届きました。
待ちに待った「エルモ」の訓練中の写真が届きました。
「エルモ君、がんばってくれています。 手術のため、
他の犬より遅れての入学でしたが、皆に追いついて
います。 すなおですよ。」とうれしいコメントがついて
いました。  もうハーネスをつけて一人前の顔だね。
V・。・V   ガンバレ!  エルモ!!
05011401 05011402
05011403 05011404
  ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
 NEWS!  ・・・ 盲導犬協会でのその後 ・・・

★ 
2004年11月22日 盲導犬協会から連絡がありました。
エルモは、1ケ月遅れで訓練に入りました。    
病気や怪我がなければ、訓練は、来年の4月まで
続くそうです。 エルモの兄妹も訓練中です。   
~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
2004年9月5日(日) 
ついにパピーウォーカーの委託期間が終了し、盲導犬協会に
戻っていきました。 みんな別れを惜しんでいました。
H160905001
 
2004年8月    体重 変わらず
兄ちゃんのところにおじゃましたりしてます。
 散歩の姿、横顔、キマってる?
H160808001 H160828001 H160828002
 
2004年 6月~7月  体重 27kg
歩き方の講習もしました。 ちょっと盲導犬らしい?
ガムも大好き!  大人っぽくなりましたよ。
H160606001 H160711001 H160715001
 
2004年5月 生後7ケ月 体重 23kg
公園デビュ~してお友達もできました。
ちょっとファッションショーもしてみましたよ。
H160512001 H160521001 H160510003
 
2004年4月 生後6ケ月 体重 20kg  
雪もとけて、春がうれしいワン!  
背中にパピーのカバーをつけて散歩してみました。
H160404002 H160404005 H160421001
 
2004年3月 生後5ケ月 体重 16.8kg
大人っぽくなってきましたよ。 やることもなかなかです。
H160311002 H160311001 H160317001
H160320005 H160320004 H160321001
 
2004年2月 3回目の予防接種も終り、散歩にも
出かけられるようになりました。
H160125003 H160207002 H160207003
 
2003年12月  この頃は、すなおなかわいいエルモくんです。
H15122301
H151206001 H151222001 H151222002
H151201005 H151201002  H151222003
 
2003.11.30 生後50日、体重5.5kg、すやすやと眠る姿がかわいい。
パピーが我が家にやってきました。  
名前がつくまえは、「青ちゃん」でした。
H151130001
2003年10月9日 生まれたて~
H151009001
お父さんは、ジャスティン、お母さんは、ナビ
4頭生まれて、そのときの兄弟は、
エルザ、えくぼ、エム、エルモ
(1頭だけオスだったのです)
エルモのお母さん(ナビ号)のページは、こちら
エルモくん出産時の記録のページは、こちら
(財)北海道盲導犬協会のページは、こちら
ナルディのページもみてくださいね。
Count Count Count

以前保存しておいた物を見つけたので、今度はどうかな?
[PR]
by wappagamama | 2015-10-18 16:29