<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

捻挫ではなく剥離骨折と診断されて約一ヶ月…


9月上旬、ごみ捨てに行こうとして道路を横断中、ハイブリットカーに気づかずびっくりして小走りに車を避けようとしたとき、距離的・方向的に感覚が狂い、道路わきのふたのない側溝に落ちた。
幸い深さは膝くらいだったろうか、足を引きずりながら何とか家まで戻った。
翌日評判の良いO整形外科でレントゲンを撮ってもらったら、「捻挫ですね」とのこと。
デモなんだか納得がいかなかった私は、「先生 私これまで何回も捻挫してますけど、こんなに痛いのは初めてです」と藁を持つかむ思いだった。
「あまり痛かったら一週間後にまたきてください」とシップを張って包帯でぐるぐる、まきにされ、痛み止めをもらって帰宅。
 

  一週間後、痛み止めを飲んでもあまり効かない。
それどころか、熱が出て体がだるい。
頭も喉も痛いので風邪かなと思ったが、整形外科の先生に風邪の症状を告げてもどんなもんだろうと思ったが、早速熱を測ってくれた先生は38度5部の熱に対して、「とんぷく」を出してくれた。
5日分のとんぷくは途中でやめないで全部飲みなさいとのこと。
さすが「とんぷく」それを飲んでいるうちは足の捻挫の痛みも和らいでいた。

  だが、日常の生活の仕事をやらないわけにはいかない。
エルモのことと痛め止めの薬を飲むためにも最小限度食べなければいけない。
二週間が過ぎ三週間が過ぎても捻挫の痛みはなかなか良くならない。
おかしい?… おかしいなぁ?…
捻挫の常連さんである私なので、たいがい二・三週間もすれば治っていたのに?…

 ひとつきが過ぎたころ秋田の研修会に参加した。右足の足背の腫れと熱感は相変わらずなのでシップは話せない。靴のかかとをつぶさないとはけない。
そんな状態なので研修会は見送ろうかなと思ったが、?…
「よしわがった しぇば 柿崎さんは移動を全部車に乗ってもらう柄」 と会長の言葉。
ついついその言葉にほだされて、参加してしまった…
やはりとてつもなく疲れた。
研修会終了後帰宅したその晩からまた熱を出してしまった。

 常連患者さんにしかられた「なえやってるなよ! 研修会どごろじゃねがったべ! そんたにいつまでも治らにゃなだば、それだば捻挫でなばにゃだ! はやぐ ほがの病院さ一手診でもらえ!」と普段私が患者さんに言っていることを、逆に患者さんに言われてしまった。。なんてかっこわりぃ~

 レントゲンの見立てがとても良いといわれている、先生がいる。
週に一回秋田から来ているという先生に診てもらった。
レントゲン室で、正面と右側面の二枚写してくれた。 (あぁこれこれ この方向から撮ってもらいたかったんだ…)と心の中で言っていた。 
診察室ではじめてあったそのK先生、「剥離してますね」「ホラホラ ここここわかるでしょ?」と私の顔を見ながら言っている。 私返事に困る…
様子を見ていた看護師さん、「あ先生 この方 目が…」 「あそうだったの? 気づかないでごめんなさい」 じゃ 変わりに看護師さんほらね 見てね」
と照れ隠しをしているようなそんな雰囲気がなんともほほえましいといったらおかしいかな?…
とにかく、捻挫ではなかったこと・固定していなければいけなかったこと・一ヶ月もよく我慢したね、これはいたかったでしょ?との先生の言葉にほっと安堵。
だが、治療かとしては反省。大失敗の一見である。

 土踏まずに当たる部分が固定するようになっているサポーターをつけて約一ヶ月。
歩くのには随分と楽になった。
昨日二回目のレントゲンをかけてもらった。まだ剥離は治っていないとのこと。
まだサポートをはずしてはいけないとの事。
自然治癒力で直すしかないので、サポートの役目は大事だとのこと。
無茶してまた転んだりして悪化させたらなかなか治らなくなるよ。とのこと。
それにつけても、こんな状態でよくもあっちこっち出かけて動いていたもんだといまさらながらに冷や汗が出る思いである。
早く治そうとして、ガイドヘルパーさんの費には歩いた歩いた… …
仕事も普段どおりこなしていた… …とはいっても? 不思議なもので、何かあるときにはほんとに不思議で、患者数が少なくなる… …
神様がどこかで見ていて私の生活に合った患者さんの数を調整してくれているかのように感じることが良くある… …

 アッ そうそう 昨はお天気も良かったし、足の状態も良かったので、病院までエルモと歩いていった。
診察室にもエルモは私の足元に布施をしていた。
先生がいらして、先生は私のレントゲン写真と私の足を見ながら「どうですか」と上記に書いたような話が終わり「ありがとうございました」と帰ろうとして、エルモに声をかけたとき、はじめて先生はエルモがいることに気づいた。
「アレッ 君もいたのか? 気づかなかった ごめんね」と優しい声。
つい私は「先生犬好きですか」と反射的に聞いてしまった。
先生は「うん 好きだよ 大好きだよ…」
またまた私はついつい余計な一言「先生、最初の日 私が目が見えないことに気づいてませんでしたよね、そして 今日は 盲導犬がいることにも気づきませんでしたね 私って視覚障害者ノプロでしょ?」って なんて生意気な?…
先生「わらい」看護師さん「笑い」私ありがとうございましたぁ」エルモOK
サポーターをつけてまだ少し歩きにくい足を気遣いながらも、背筋がしゃきっとなるようなうれしいひと時でしたぁー
[PR]
by wappagamama | 2014-10-30 21:43

手打ちそば体験試食会開催地下歯


平成26年10月6日
会員各位

湯沢市雄勝郡視覚障害者福祉協会
会長 柿崎 妙子 電話:0183-72-4666

《平成26年度県委託盲婦人家庭生活訓練事業》
『手打ちそば体験会のご案内』

涼秋の候、会員の皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
日頃は当協会の活動にお力添えをいただき、誠にありがとうございます。
さて、この度、平成26年度県委託盲婦人生活訓練事業として、「手打ちそば体
験会
」を開催することにしましたのでお知らせいたします。
秋の一日、そば打ちを体験し、打ち上がったそばに舌鼓を打ってみませんか。
皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。ぜひご参加ください。
この会は「湯沢手打ちそばの会」の方々にご協力いただきます。
一緒に楽しみながらお手伝いいただくご家族、知人の方も参加できますので
どうぞお申し込みください。

- 記 -

1.日 時 : 平成26年11月2日(日) 午前10時~午後1時
2.会 場 : 幡野地区センター 調理室
(湯沢市金谷字樋口123 電話:0183-73-2718)
3.参加費:無料
4.持ち物 : ヘアーキャップ(バンダナ、手拭いなどでも可)
エプロン、タオル
5.集合場所:会場が判らない方は、生涯学習センター(市役所向い)から、9時
半に
タクシーにて向かいます。
6.おおよその流れ:
(1)準備~そば打ち(水回し、ねり、のし、畳み、切り)
五つのグループに分かれて行います。
水回し、ねりのあたりで実際に参加いただきます。
(2)打ったそばの試食、懇談
(3)整理整頓
6.申込み:10月20日までに電話でお名前、人数を連絡ください。
連絡先:事務局 高橋
[PR]
by wappagamama | 2014-10-30 18:55

今朝の朝食は「パーノ」ノパンでーす

c0121604_11433820.jpg

で写ってるかな? 探していた好みのパンガ食べられて幸せな朝でしたー
[PR]
by wappagamama | 2014-10-22 11:43

本当に普通うの民家です こんごきっとこの店には足を運ぶことになりそう

c0121604_1615325.jpg

[PR]
by wappagamama | 2014-10-21 16:01

こんなに近くでこんなにひっそりと目立たないところにこんなにおいしいぱんをつくっているひとがいるなんて 幸せ見つけました

c0121604_1553541.jpg

[PR]
by wappagamama | 2014-10-21 15:53

こーんなにたくさんかっちゃいました

c0121604_15472015.jpg

やっとみつけました! いわさのパン屋さんを今日やっと見つけました 私が食べたいと思っていた「全竜粉」パンです うわさではきいていたけど今日ヒョンなことから ココノパンガテニハイリマシタF9EF.gif
[PR]
by wappagamama | 2014-10-21 15:47

ご無沙汰いたしました 40日ぶりの投稿で~す(^^♪


 大変ご無沙汰いたしました。あっという間に40日が過ぎていました。ごめんなさい・
昨日の日曜日に、秋田県視覚障害者福祉協会主催による、文化祭が開催されました。
せめて文芸作品だけでも出展しようと思い、一ヶ月前に原稿を提出しておりました。
私自身は都合により参加できませんでしたが、当日の文化部長さんから参加賞を届けていただきました。
お話によれば、私の提出した作品が3点ほど入賞して読み上げられたそうです。
どの作品なのかはわかりませんが、下記にその原稿を貼り付けしますので、読者の皆様に予想していただけますでしょうか?… つうが 興味ないってガ! ガッハ
それでもやはり強引にご紹介いたしまぁす。



平成26年度秋田県視覚障害者福祉協会文化祭文芸作品提出作品
>
>               湯沢氏 柿崎 妙子
>
> 短歌その1  高齢犬 歩行チェックで 花丸を 我も負けじと 背を正す
>
> ※我が家の盲導犬はまもなく11歳になる。12歳をめどに引退が決まる。先月8
> 月に北海道盲導犬協会ユーザー研修会にて、高齢権の歩行チェックが行われた。私
> の心配とは相反して、責任感・記憶力・信頼関係どれひとつとして衰えているどこ
> ろか、すばらしく優秀だったとの評価をいただいた。チェック前の私の心配などど
> こかえ吹っ飛び、この子に負けないで私もがんばらなければとおもった事を読んで
> みました。
>
>
>
> 短歌部門その2  10年前 教えられ市 押しボタン 寸分たがわず 我を誘導
>
> ※盲導犬候補生は幼年時代(約一切のころ)盲導犬となるための訓練が行われる。そ
> の担当をしてくださった同じ先生が今回10年目に、高齢権歩行チェックをしてく
> ださった。その際に、。信号の押しボタンの位置に寸分たがわずぴたっと止まって
> 教えてくれた。その様子を見ていた先生のほうがとてもうれしそうだったのでそれ
> を読みました
>
>
> 俳句部門その1  土掘りて 水遣る手に触るる 仙台萩 
>
> ※見えていたころの記憶をたどりながら、植物たちの姿や色や雰囲気をイメージし
> ながらの手入れは私の至福のとき。
>
>
> 俳句部門その2  愛くるしい ミニ唐辛子 唇から火が吹きそう
>
> ※色も形もさまざまで愛くるしくて、ついついつまんで口に含んだら、なんとこれ
> が辛いこと辛いこと唇から火が吹き出しそうにからかったのには驚いた。
> 見た目のかわいさに油断してしまった大失敗でした。
>
>
> 川柳その1  許せない! 弱みに付け込んだ 刺傷事件
>
> ●盲導犬刺傷事件といい、視覚障害女子学生への乱暴事件といい、弱みに付け込み
> 非道な犯行に沸き立つ世間に、模倣犯ガでないことを祈る重い。
>
>
> 川柳部門その2  JAL職員 「右へ曲がります」 そのつど止まり
>
> 私たち視覚障害者は、公共交通機関では、懇切丁寧に手引き(手につかまり誘導し
> てもらうこと)をしていただける。職員さんたちはそのための研修を受けているよ
> うで
> 、「右へ45度曲がります」とそのつど教えてくれるのはありがたいのだが、慣れ
> ていない職員さんの中には、丁寧の勘違いをしているのではと思うが、「右へ45
> 度曲がります」と頭で考えながら悩んでいるようなときもある。直ぐに言葉が出て
> こないためなのかあるいは几帳面すぎてその都度一時停止をしなければいけないと
> 思っているのか、お腹の具合が悪くなり特急でトイレに駆け込みたいときに大変迷
> 惑をした経験を書きました。
>
>
> 詩部門その1
>
>     「洗濯機」
>
>  20年回り続けた 我が家の洗濯機
> 娘のお下がりだった 我が家の洗濯機
> ひどい雨漏りのする洗濯場にもかかわらずよく回り続けてくれた
> それでも 途中何回ストライキを起したろう…
> 電気屋さんでも「古いのでもう部品がありません」といわれ…
> 何回あきらめかけたろう…
>
>  20年回り続けた 我が家の洗濯機
> たたいたり ふんずけたりしたらまた動き出してくれた…
> 犬の抜け毛だらけの洗濯物
> ユーパスの抜け毛…
> エルモの抜け毛…
> 丸々の抜け毛…
> えとせとら えとせとら…
>
>   20年回り続けている 洗濯機のうわさをしたばかりだった
>  今度新しいのを買うときは…
> もっと大きいのが良い
> 今度新しいのを買ったら…
> 洗濯機は新しいほうに置けばよい…
> 今度新しいのを買ったら…
> 日当たりの良い物干し場を作ればよい…
>
>  つい先日ついに20年の命を終えた古い洗濯機
>  新しくて・大きくて・日当たりの良い広い洗濯場に…
> 動線状がスムーズになり 老い行くわが身にやさしくなった…
> 新しい洗濯機は、これから何年働いてくれるのだろう…
> これからの私の人生に寄り添ってくれるのかと思うと…
> これから先、この新しい洗濯機は、私の人生と共に…
>
> ※20年働いてくれた洗濯機がとうとう壊れてしまった。くしくも私が丁度古希の
> 年に当たる。20年の歴史に寄り添ってくれたその洗濯機だったが、今度新しく導
> 入した洗濯機は何年働いてくれるか知れないが、古希の私のこれからの人生と共に
> 、そして、これから先の私の人生には何が起こるか知れない不安定な年齢なだけに
> 、新しい洗濯機と私の人生とどちらが長持ちするか競争になるのかもしれない… 
> という思いを書いてみました。
>
>
> 詩部門その2
>    エルモ」
>
>  我が家の家族となって今年で10年目
> 当初はとても体の弱い子で
> 一ヶ月以上下痢便ばかり
> 続いて 膀胱炎の繰り返し
> お陰でお医者様とは顔なじみ
>
>   七夕様の日に出会った子なのに
> 暑さに弱く外出が大嫌い
> 「お仕事だよ」という言葉に ベッドにもぐりこむ
> 照りつけるアスファルトの反射熱
> 虚弱体質のエルモには過酷だった
>
> 「 涼しくなってから訓練しようね」って甘やかしてしまった
> 元気になるようサプリメントは欠かせなかった
> エルモの医療費を稼ぐため
> かあさんはがんばった
>
> 気づいたら もう10年365日このこと一緒
> 人の背丈ほどの穴に落ちそうになったとき
> 微動だもしないで 危険から救ってくれた
> 10段ほど駅階段から落ちたとき
> 常に私の体の下にいた
>
>  地元での歩行訓練できなかった分
> 地元の歩きはいまだに得意ではない
> 良いこと苦手なことさまざまあっても
> エルモと私は一身一体
> 「一挙手一投足」
> よく見てくれている患者さんの口癖
>
>  やる事も良く見ているが
> 言うこともよく聞いている
> 話して聞かせればちゃんと理解する
> たまに言い聞かせるのを忘れて出かけると
> ちゃんと「えしぇられる」…
>
> ●現在の盲導犬とパートナーになって今年で10年目になった。
> いくら訓練された盲導犬とはいえ、個体差がある。暑さに弱かったことと、デリケ
> ートな正確とが重なり、しばらくは盲導犬としてのお仕事を見送った。エルモも私
> もお互いに苦労したが、今となっては「引退」の事を考えただけでも胸が締め付け
> られる思いがする。
[PR]
by wappagamama | 2014-10-20 15:49