<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一変した我が家の花壇と西側玄関!


 またまた現れました!!!

 この冬何度目かな? 過去記事に何回か登場している、「我が家の救世主」が今回もまたやってきてくれた。

屋根からおろした大量の雪と、除雪でたまっていった大量の雪は、花壇もろとも西側の玄関はもちろん、屋根の軒まで積もっていた。
時々白杖を伸ばしてその量を確かめていたが、じぇ~んじぇん!白杖の先は雪に埋もれるだけ!ジェ~ンジェン 少なくなっていない。
一時期暖かくなり「雪があっという間に少なくなったねぇ~!」と来客が口々に行っていたときがあった。
「エ?!  ジャ うちだけ?残っているのは?」とひがみ根性が出るほどだった。
さすが そういわれた後で 我が家の雪を見回して「アラァ~ これだば大変だ!」としかたなさそうに声が小さくなっていたお客様たち。 

 業を煮やした(ごうをにやした)私は、シルバー人材センターにお願いすべく電話をかけた。
その雪の山を見た担当者は「これだばむりだんし」この雪は人の手では到底無理」の二つ返事。
何日かかってもいいからと言ってみたが、「無理無理 こんたにつもってしまったなば凍っているがら人の力では無理」とのこと。
プロがそうゆうのだから仕方がない! あきらめるしかない。
ちなみに、シルバー人材センターさんは除雪機などの機械は危険防止のため使わないとの事。

花壇の周辺が一番多い。屋根の形の関係で花壇と治療室が一番雪が硬く深く山になるところである。
しつこいようだけど花壇には100個以上もさまざまな球根を植えてある。
春一番 この球根たちが芽を吹き出すのが私の何よりの楽しみなのである。
それと盲ひとつ、困ったチャンがある。
チョックラ恥ずかしいので公開するのがはばかるのだが、「我が家には二箇所トイレがある。
その西側のハバカリが…。
そう汲み取り式のハバカリ! もう どうしようもないほどの満杯となってしまっている!!!
見えないものだから何気に利用していたわっぱがまま。

ある日めったにそっちの歯ばかりを利用しない息子が言った。
「といれ上まで上がってきてる柄早ぐ取ってもらえ」
取ってもらえって言ったって、そんな簡単にできるわきゃないよ!!!

 そっちのハバカリは、便座に電気がついていて暖かく、私の寝室に近いので、もっぱらわたしはそっちのハバカリを利用していた。
汲み取り口の上が雪が解けるまでそれはできない。
便座の電気のスイッチを消して、戸に使用禁止の張り紙を張るしかない。(誰のため?)
というもろもろの困ったチャンのことはできるだけ考えないようにして、遠い春の来るのをひたすら待つしかなかった。



 救世主が現れたのはそんな時だった。
いつもの樅ノ木の理事長さんである!
理事長さんの事務所およびアパートの駐車場が雪の捨て場がなくなってしまったので、我が家の駐車場の奥の空き地に捨てさせてほしいとの事。
その代わりというか、我が家の雪も捨ててくれるとのこと。
[ヤッタァ~!!!]
そのときの私の心は「有難い!」この一言に尽きる。
と思ったのはほんの一瞬だけ。
そう どうせやってもらうのなら、花壇と西側玄関を…と欲が出てしまった。
が、 ズウズウシイかな? としばらく考え込んで言い出せないでいたが、これまた運よく、そちら再度の関係者と接触があり、そんな私の願いを何気なく話してみた。



「ジャ チョット電話してみようか?」
と、話はとんとん拍子につながり、私の希望が全て叶った。
それもこれもあれも、この人とあの人とその人の人間関係の豊かなつながりが成す技だと思った。
現在我が家の花壇にはほんの少しだけの雪と、西側の玄関は全く雪がなく玄関の囲いも今日取り外してもらった。
エルモと白杖をもって、何回もその周辺を歩き回った。
南向きのその花壇と玄関には暖かい春の日差しが差し込んでいる。
が、玄関に背中を向けて数歩歩き回ると、硬くて高い高い雪の山!
そう きれいになった部分に積もっていた大量の雪は、ぶっ飛ばして除雪をする除雪気でぶっ飛ばしたのだから、雪は消えたのではなく移動しただけなのである。
その高さは私が背伸びをしても届かない!
西側の玄関を開けて外に出れば、数歩で雪の壁。こんな状況になったのは初めて。
この雰囲気もまた不思議。
ほぼ垂直な雪の山なので、横からスコップで掘ったら立派な立派なかまくらができる!
もう少し若くて体力があったら私ならもしかしてかまくらを彫ったかもしれない?…
子供たちが中・小学生のころ、家ノ前に小さなかまくらを作って大喜びをしていたことを思い出す…
こんな平和なことを考えていられるようになったのも、みんなみんなみんなのお陰… …
[PR]
by wappagamama | 2014-02-27 16:24

お陰さまで現在体調は良好(^_-)


「冬将軍の後遺症」で、肩こり・頭痛・めまい・耳鳴り・食欲不振(?)等々一連の頑固な肩こり症状は約一ヶ月続いた。

 お陰さまで今現在体調は良好!。
値上がりして行く一方の「灯油代」の節約を考えてしまったお陰で、とんでもない悪循環が発生してしまった。
思い込みとはこわいもの!。
仕事が暇で収入がなく、、一人でいる時にはせめてしんぼうしようといっぱしの経済観念の持ち主のような気になってやったことが?…

 灯油代いくら節約できたでしょう?…
お陰で、体がカチコチになり、気分が落ち込み、「脳梗塞になるときってこんなときなのかもしれない」などと三拍子そろったその条件に ハッとして不安と恐怖に襲われてしまった。
ヤバイヤバイ! 本末転倒!!!
そんなことが起きてしまってから、あわてて後悔したって元も子もない!…

 普段治療かとして、患者さんたちには良くそんなことをお話して気をつけるように言っている立場なのに、自分のこととなるとこんなもんなんだよね?…
でももう 大丈夫! 今のところはね?…((^_-))

 昨日の患者さん、「先生の部ログ見たら、先生も体調良くなさそうだったから…」とドリンク剤を持ってきてくださった。
患者さんに健康に関して気を使わせてしまうようでは、治療かとしてはどんなもんだろうね?… と反省しつつもそのやさしさに感謝感謝。

 
  ともあれ、体調がよくなり体が軽くなると、これまた 何かしたくなるのはどうしましょう?…
とりあえず、パソコンに向かってブログ記事を書き出しては見ているが、窓を見ると、外の明かりが気になる。
まだまだ我が家は、二台分くらいの駐車場以外は雪の山!
花壇の上には、エルモのお部屋の窓の半分まで雪の山!
ソロソロ 花壇の球根たちがうづき出しているはず。
誰かが言った、「ここなえの雪だば 春になっても解けにゃべな!」
余計なお世話だよ! と言い返してやりたかったが、でもでも現実だろうなと思わざるを得ない。 フ~っとため息が出そうになる。
去年は花壇の雪けしをしたため、頸肩腕症候群になってしまった。今年こそはそんなことから回避しなければいけない。
と…肝に命じている!

 とすれば、大型ぶるトーざーでもなければとうてい片付かない。
とすれば、それなりの費用がかかる…
今年は思いがけなく、除雪にかかった費用が多かった。これ以上の費用はどこから捻出できるだろうか。
となれば、シルバーさんにでも除雪を頼もうかな?それとも、花壇の水遣りで使うホースで水を流そうかな?…などとあれこれ思案中…
アッ そうそう 前回治療室の窓の雪堀をしてもらって、窓から明かりが射すようになったことを書きましたが、今度は、屋根から落ちてきた大量の雪がまたまた治療室の窓を塞いでしまいました! 今また 治療室は明かりが射さないので真っ暗です。
日中は太陽の陽射しで、屋根の雪が大きな音を立てて流れ落ちます。
その爆音は氷と雪が解けて少しずつ春に近づいている現象です。
日中の温度が上がり陽射しが暖かくなるとその爆音の回数が多くなる。
その度に春が足音を立ててやってくる!!!
それがまた、心と体をホッ柔らかくしてくれる。

後もう少し 後もう少し と祈る思い出春を待つしかない…
[PR]
by wappagamama | 2014-02-14 10:47

冬将軍様の置き土産!


 10日ほど前から、頭痛・めまい・肩こりが激しくなり、友人の治療院に三日間通った。

 それでもまだ 体の不調は取れない。
二週間に一度大曲の友人の治療院に通って、経絡治療を受けていたので、今まで風邪ひとつ引かずに何とか乗り越えていた。
と思っていたのに… 先月末ころからなんだか体調がすぐれない。
娘が造っておいて言ってくれた「テニスボールの肩こり腰痛改善のアイティムを「こりゃいいもんだ」くらいに便利がって利用していた。

 何でこんなに肩がこるのだろう?一時間ほどゆっくり時間をかけてストレッチをしても、その肩こりはだんだんひどくなる一方。
仕方がないから、今度は玄関に鍵をかけて治療室をがんがんに暖めて、裸同然の格好で全身鍼治療をしたりと、さまざま 手を尽くしては見たが、二・三日もすればまた同じように肩がこりこりになる。
これだけ手を尽くせば、たいていは楽になるのにおかしいなぁ?…

  そのうち、胸がもやもやしてきて食欲も落ちている。
血圧が高くなっているのかもしれない と思ったが、もし高かったら今度はそれが木になりだすのであえて計らなかった。
室内から一歩台所へ出れば・その温度差は半端ではない。
廊下・トイレ・風呂場・寝室と移動するたびに冷えがシンシンと体を襲う。
「これじゃ体に言いわきゃないよ♪…」


そのほかに、肩こりの原因を色々考えてみた。
まず第一に、「重ね着」
今年の冬は寒さが機微しかった。
おまけに灯油代の値上がり
しかも、一月は特に仕事量が少ないというダブルパンチである。
必然的に出費を抑えて暮らさなければと無意識に、温風ヒーターの温度を調整している。  だが外気温が低いため、その寒さがシンシンと襲い掛かってくる。
となるとこれまた必然的に、重ね着をしている。
上着を一枚上にはおるだけでは間に合わず、タートルネックのインナーの上にさらにタートルネックのセーターを重ねて、さらに外出用の上着を着ている。
「アレッ? 私はタートルネックを切ると肩がこる人だったんだっけ?」と思ってはいても、寒さには勝てずに、そんな格好を続けていた。
ばかだなぁ? と思いながらもそこから脱皮できずにもがいていた。
少しでも体を動かそうと、如拙をしたり・エルモとお散歩をしたりしてはみるが、どうも改善されない。
灯油代がもったいないからと室内温度を調整して、重ね着をして肩こりが激しくなり、三日も続けてタクシーを使ってマッサージに通っているなんて!…
「本末転倒」ってこのことをいうんだよね 「元もこもない」ってのはこうゆうことを言うんだよね!?…。
真夏の暑い盛りに、エアコンもつけないで熱中症で亡くなるお年寄りが毎年ニュースで言っている。
それの冬バージョンだよね?
危ない危ない! 私も気をつけなければね?…

 それともうひとつ、肩こりの理由があった。
一月に雪下ろし作業での一連の記事を投稿したが、あのときのストレスたるや半端ではなかった。
あれ以来、仕事のないときは、玄関の鍵を閉めていなければ落ち着かない有様。
そして結局治療室の窓の雪はつい最近、シルバー人材センターさんに頼んで掘り返してもらった。
やっと窓からの明かりが入ってきた。
そして結局、一番初めに除雪を頼んだ、Sさんはあの後全く来ていない。途中で仕事を放棄してやることもやらないで春になったらどんな顔して請求書を持ってくるのだろう?…
そんなこんな人の道に反したやり方を、この冬初めて数々体験した。
と同時に、無償の掛買いのない人の優しさも数々体験させていただいた濃密な冬も実はまだまだ真っ盛り!!!
タートルネックの重ね着はもうやめました。

今日明日は 湯沢の「犬っこ祭り」
[PR]
by wappagamama | 2014-02-08 15:56

またまた冬将軍到来!

c0121604_1954651.jpg

新荘からきた電車が湯沢に20婦ん遅れでとうちゃく
[PR]
by wappagamama | 2014-02-06 19:54