<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

一生勉強と心の修行


支局長からの手紙 津軽三味線 島根

 先日、第120回記念島根書道展の表彰式・祝賀会が松江市内のホテルであり、出席しました。祝賀会で冒頭、津軽三味線の演奏がありました。演奏していたのは、松江市在住の高橋明山さん(71)=本名・横手富士雄。力強い三味線の音色を聴きながら、「この人はどんな人生を送ってきたのだろう」と興味がわき、お話をうかがいました。
 横手さんは、江津市生まれ。3歳の時、はしかで視力をほとんど失いました。県立盲学校を卒業後、松江市内で針灸の治療院を開設しました。
 盲学校時代、授業で柔道を習いましたが、物足りなさを感じ、21歳で柔道場の門をたたきました。「普通の人と同じように、社会に出て通用する人間になりたいという気持ちが強かった」と横手さん。当時道場には80人以上がいましたが、盲人は横手さんだけでした。
 横手さんは先生の体を手でさわって、技を覚えたそうです。ハンディは大きく、試合では一瞬で転がされたそうですが、負けず嫌いの性格で、毎日午前4時に起きて、町内をうさぎ跳びで一周。さらに電柱に柔道着を巻きつけて打ち込みの練習をするな
ど、実力をつけ、27歳で二段を取得しました。
 32歳で柔道をやめ、安来節の三味線を習います。師範にまでなりましたが、あくまで歌の伴奏のため、もっと三味線の音を聞いてほしいと思うように。そのころ、ラジオで津軽三味線の名人、高橋竹山の「津軽じょんから節」を聞いて、「これだ」と思いました。すぐに竹山に電話したら、神戸に住んでいた一番弟子の高橋栄山を紹介され、39歳で弟子入り。週に一度、夜汽車で神戸に行き、厳しいけいこに耐えて津軽三味線をマスターしました。
 そして、ここからがすごいのですが、三味線とつえを持って、関東から西の各地の飲み屋街で流しを始めます。両親と妻や子どもらに生活費を仕送りするため、三味線の腕を上げるため、必死でした。飲み屋街の構造を旅館の人らに教えてもらい、店を一軒一軒回っていきます。大阪では酔客に「目が見えないふりをするな」とののしられるなど、ずいぶんひどいことを言われたそうです。つえを持っているため、雨が降っても傘はさせません。旅館に泊まる金がなく、三味線を抱えたまま駅のホームで一晩を過ごしたことも。東京では、間違ってストリップ劇場に入って、追い返されたこともあったそうです。さまざまなつらい経験も柔道で鍛えた体で耐え抜き、約10年間、流しを続けました。
 「みじめな目にあい、どん底を味わった。家族を養うため、何を言われてもがまんし、命がけで三味線を弾いた」と語ります。逆境を乗り越える力が、三味線の音色にドラマを感じさせるのだとも。
 52歳で師範・高橋明山に。各地の公演に招かれるようになり、レコードも出しています。
 話を聞いていて、人生を生き抜くたくましさに圧倒されました。横手さんが、いつも心がけていることは「一生勉強と心の修行」。見習いたいと思います。
[PR]
by wappagamama | 2012-04-25 10:05

ボランティアさんたちも時代の変化に挑戦


CD化へパソコン研修 豊見城の音訳ボランティア

 沖縄県豊見城市内の視覚障がい者に音訳ボランティアをしている「リーディングサービス「つくしんぼ」(嘉数善子会長)が音訳のデジタル化に向け、パソコンによる編集技術を習得中だ。メンバーは「利用者がより聞きやすいCDに編集したい」と意欲を見せる。
 2月から同市社会福祉協議会の音訳ボランティアフォローアップ研修事業として、FMとよみ社長の安慶名雅明さん(54)を講師に招き、パソコンによる編集作業を学んでいる。
 「つくしんぼ」は1999年から市立中央図書館(桃原チエ子館長)の対面朗読室を拠点に活動を行っている。メンバーは40代から70代までの12人。毎月「広報とみぐすく」をカセットテープに音訳して録音、市社協を通じ7人の利用者に無料配布している。
 時代の流れで、カセットテープが品薄になり、CD化を模索。昨年、車両競技公益資金記念財団の助成で編集機材を購入した。一方、メンバーはパソコン初心者がほとんどで、起動、マウス操作からのスタートだったが、安慶名さんの指導で個人差はあるものの音楽を編集に取り入れる作業もこなせるようになった。「意欲があり、利用者のためにという思いが上達につながった」と安慶名さん。
 嘉数会長(71)は「個人のレベルを上げるのが目標。桃原館長、安慶名社長、社協、メンバーの協力と利用者がいるから頑張れる」と話し、「より多くの利用者にサービスを届けていきたい」と意欲を見せる。将来的にはネット配信も視野に入れている。同会はメンバーも募集中だ。問い合わせは市社協(電話098-856-2782)。
[PR]
by wappagamama | 2012-04-25 09:45

新商品のお知らせ


★新商品のご紹介

携帯リーダー CR-2000
http://www.amedia.co.jp/product/cr-2000/index.html

アメディアは、先週「携帯リーダー CR-2000」を発売いたしました。

携帯リーダーは、印刷物を撮影してそれを拡大表示したり音声で読み上げること
のできる携帯電話サイズの読書器です。

この度発売されたCR-2000は、2年前に発売したCR-1000をグレードアップした製
品です。CR-1000との一番大きな違いは、本体が少し大きくなって、画面の拡大
表示が見やすくなったことと、文字認識の速度が速くなったことです。

価格は99,800円。
好評のお試しレンタル(3,000円で1週間)も承っております!
お気軽にお問い合わせください。

------------------------------------------------------------------------
[PR]
by wappagamama | 2012-04-24 15:30


四国医療専門学校、米のはり師養成校と提携

 香川県宇多津町の四国医療専門学校(乗松尋道学校長)は18日、米国・カリフォルニア州ではり師を養成している鍼(はり)・統合医療7 件専門職大学院(AIMC)バークレー校と姉妹校提携を結んだ。今後、交換留学などを積極的に行い、世界レベルで活躍できる人材の育成につなげる。四国医専の姉妹校提携は初。
 AIMCは1990年創立。鍼灸や漢方をカリキュラムに導入するなど、米国内で先駆的に東洋医学教育に取り組んでおり、両校は数年前から提携を検討していた。
 今回の提携で、四国医専の学生は在学中の学術・文化交流が可能になるだけでなく、卒業後にAIMCで学ぶ場合、学費の一部が免除となる。加えて、四国医専では取得できなかった東洋医学修士の取得や、全米最高レベルのカリフォルニア州「はり師」試験の受験資格が得られ、活躍の場を従来より広げることができる。
 同日、四国医専で協定書の調印式があり、AIMCの田中康夫学長は「鍼灸は今、世界医療になっている。この提携を新たな鍼灸の世界を切り開く第一歩にしたい」と強調。乗松学校長は「鍼灸にはさまざまな領域があり、学生にはグローバルな視野で学ぶ努力をしてほしい」と話した。
[PR]
by wappagamama | 2012-04-22 21:23

全盲の鍼灸師が 解説書出版


全盲鍼灸師が解説書出版/仙台の渡辺さん 独自の治療法紹介

 仙台市泉区で治療院を営む全盲の鍼灸師渡辺一男さん(83)が、はり治療の解説書「自律神経に優しい星状神経節置鍼法及び上頸神経節置鍼法」を出版した。独自に開発したはりの手法を中心に、約50年の経験で培った治療法をまとめた。関係者は「鍼灸師のバイブルとも言える本」と評価する。
 渡辺さんは小学5年の時に病気で視力を失った。はりや指圧の教員を養成する東京盲学校師範部(現筑波大理療科教員養成施設)に進み、宮城県盲学校(現県視覚支援学校)の教員を33年間務めた。その間、東北大医学部の研究生としてはりを応用した共同研究にも従事し、頸部(けいぶ)の神経を刺激する特殊な鍼法を開発した。主に自律神経系に作用し、痛みの緩和や各種疾患の症状軽減に役立つとされる。
 解説書はB5判、146ページ。独自の鍼法を、X線画像を使った解析データや複数の実験結果を基に説明。花粉症などのアレルギー性鼻炎やぜんそく、頭痛など約30疾患の治療法を、はりを刺す部位の図を添えて紹介している。
 渡辺さんが点字で記録した資料を基に、宮城県鍼灸マッサージ師会会長の山田幹夫さん(61)=仙台市泉区=ら3人が編集、7年かけて完成させた。山田さんは「長年の治療記録と客観的なデータに基づく貴重な医学書。次の世代に指針を示す『バイブル』になる」と語る。
 渡辺さんは「東北大の先生方が、はりを一つの医学に引き上げてくれた。自分が体得した技術を広く伝えたい。一般の人にもはりを理解してもらうきっかけになれば」と話す。
 県内の鍼灸師でつくる「仙台鍼研究会」が500部発行。筑波大の教員養成施設でも活用されるという。3000円。連絡先は山田鍼灸治療院内・仙台鍼研究会022(218)4185。
[PR]
by wappagamama | 2012-04-22 13:00

全盲のシンガーソングライター 自叙伝発行


全盲のシンガー・ソングライター堀内佳さん、自叙伝出版/高知県

 高知市在住の全盲のシンガー・ソングライター、堀内佳(けい)さん(50)が今月、自叙伝「もーもの歌たね きっと明日はしあわせ色」を出版した。目が見えないこと、両親の死、悪性リンパ腫の発症――。困難と向きあった半生を、温かい語り口で振り返った。前向きに生きる姿を示し、読む人を元気づけたいと願う。
 堀内さんは旧中村市(現四万十市)出身。生まれつき目が見えなかった。高知市の盲学校に入るため、5歳で親元を離れて寮生活を始めた。障害を負い目に感じ、幼い頃から「有名になりたい」という思いが強く、小学6年のとき、ギターを独学で始めた。高校生になり、寮の仲間3人とフォークバンドを結成。オリジナル曲も作り始めた。
 盲学校卒業後も、はり師として働きながら音楽活動を継続。ラジオのパーソナリティーにも起用された。30歳代半ばで勤めていた医院を退職し、プロ活動を始めた。これまでに50曲以上を作詞作曲。ギターの弾き語りで、ラブソングや身近な人への感謝、高知の自然を優しく歌う曲が多い。アルバムCDを3枚出し、全国の学校などで年に70回ほどコンサートを開く。
 本のタイトルに出てくる「もーも」は堀内さんのニックネーム。「歌たね」は、歌になるタネという意味のほか、読んだ人に心や体が軽くなる「うたたね」のような体験をしてほしい、という願いがこもる。
 本の内容は、コンサートでのトークやインターネットで公開する日記を下敷きにし、子どものころからの様々なエピソードを盛り込んだ。
 厳しかった父に一人で山登りをさせられたこと。当時は父がただ怖かったが、大人になって「おやじは『自分で限界を決めるな』と伝えたかったんだ」と気付いた。将来を悲観した母は、1歳の堀内さんをおぶって海に飛び込もうとし、堀内さんの笑顔を見て思いとどまった。16歳になってそれを初めて聞き、母への感謝と命の重さを感じた。
 結婚を考えた女性の家族に目が見えないことを理由に反対され、別れざるをえなくなったこともある。当時は「目が見えない現実を初めて突きつけられたようで、社会の不条理を感じた」。だがその後、別れを告げた相手の辛さを思いやれるようになったという。
 医院に就職したてのころ、患者やスタッフが忙しく行き交っていて、よく患者や物にぶつかってしまい、周囲の迷惑になっているのではと悩んだ。そんなとき、患者の「おじいちゃん」と出会った。動作や話し方はゆっくりでも、温かさや強さを感じさせ存在感がある。「今までの負けるものかという思いから、目立たなくても人の価値は変わらずある、という思いに変わってきた」という。
 2007年に父、翌年には母を相次いで亡くした。堀内さん自身も悪性リンパ腫を発症し、半年間の闘病生活を送った。それでも、「いいことも、そうじゃないことも、すべての経験がいまの自分につながっている」と訴えかける。
 堀内さんが作った「そのままの君で……」という歌に、こんな歌詞がある。
 ♯君は気付いてるか 君が生きてることそれだけで
  幸せになる人がどこかに必ずいることに
 「自分に自信があるから他人を優しく包み込める。『一生懸命がんばってきた自分を認めてあげよう』。コンサートで子どもたちにいつも、そう話すんよ」
 A5判212ページ。税込み1500円。県内の書店か南の風社のホームページ(http://minaminokaze.co.jp/)で購入できる。問い合わせは、同社に電話(088・834・1488)で。
[PR]
by wappagamama | 2012-04-22 12:38

一般社団法人「湯沢地域総合支援協会」《もみの気》ただ今設立準備中!


「一般社団法人 湯沢地域総合支援協会」について
   
                                        平成24年4月吉日
                           一般社団法人 湯沢地域総合支援協会
                                   代表理事  東海林 洋樹

幣協会が定款に掲げる主要事業

① 在宅訪問マッサージによる身体障害者及び高齢者の社会的自立への促進事業

② 身体障害者、高齢者、母子家庭の就労支援及び各種相談事業

③ 独居老人等、地域生活困難者の生活支援及び安否確認事業

④ 地域生活困難者のリハビリマッサージ治療による生活の質向上事業



上記事業の具体的内容について



弊協会は超高齢化社会の到来と人口減少により地域社会がより一層疲弊する中、

いわゆる経済的弱者と呼ばれる身体障害者の方々、母子家庭の方々、高齢者の方々の就労支援、

各種相談等を主たる事業として設立された非営利団体です。

特に力を入れている事業としては、視覚障害者の方で国家資格である「あんまマッサージ師」の資格を

持った方による、訪問型の医療リハビリマッサージ事業があげられます。

この事業の内容は、従来介護保険適用者の方で急性期から慢性期へ移行した患者さん方は

それまで受けていた理学療法士によるリハビリが受けられなくなり、また介護保険を使うにしても

上限が決められていること等から、思うような治療が受けられなくなっておりましたが、介護保険ではなく

健康保険を適用した訪問型の医療リハビリマッサージを受けることにより、さらに充実したリハビリを

受けることができるようになると考えております。

また、このリハビリマッサージの部分を視覚障害者の方で国家資格を持っている先生方にご協力をいただき、

優先的にご紹介をし懸け橋になることにより、先生方の就労支援にもなるのではないかと考えております。

さらにこのリハビリマッサージを行う過程で求められる人的補助業務を、母子家庭の方や就労意欲のある

高齢者の方にお願いすることで、やはりその方々の就労支援になろうかと考えております。

あるいは独居老人や高齢者世帯の方々の安否確認事業に対しても、母子家庭の方々や就労意欲のある

高齢者の方々を積極的に採用することで、やはりそれらの方々の就労支援を計っていきたいと考えております。



以上、かいつまんで主な事業内容を説明させていただきました。

弊協会は今後とも地域に根ざした各種支援事業を行っていきたいと考えております。

今後とも弊協会に対し、ご指導ご鞭撻、ご協力をいただければ幸いに存じます。





以上の様な内容となります。
[PR]
by wappagamama | 2012-04-13 20:08

シンポジウムで医師が鍼灸医学の将来を討議


シンポジウムで医師が鍼灸医学の将来を討議

 「鍼灸医学は如何にあるべきか」と題して若手医師らが東洋医学の可能性を探るシンポジウムが1日、大阪市天王寺区の「たかつガーデン」で開かれた。伝統鍼灸に基づく臨床研究や後進育成を進めている一般社団法人「北辰会」の主催で、約200人が参加。東洋、西洋両医学それぞれの長所・短所などについて、現場で治療にあたる医師ならではの意見や疑問も出て、座長をつとめた同会の藤本蓮風代表と日本の医療の改善をめざす討論が展開された。
 「ドクターからみた鍼と将来の展望」をテーマにしたシンポにパネリストとして登壇した医師は、児玉和彦(こだま・かずひこ)さん▽鈴村水鳥(すずむら・みどり)さん▽竹本喜典(たけもと・よしのり)さん▽村井和(むらい・かず)さん―の4人。それぞれ平成9年から同21年までの間に医学部を卒業し、実際の治療に東洋医学を導入したり、これから導入を試みようとしたりしている。
 冒頭で、藤本代表が「半世紀の体験で鍼灸はすばらしいと確信している。しかし、この医学の本質である(現存する中国最古の医学書といわれ、東洋医学のバイブルとなっている)『黄帝内経(こうていだいけい)』に従った教育がなされていないという問題点がある。西洋医学で治せない病を治して存在理由を世に示すということができていない」と強調。「若手ドクターに、忌憚なくお話ししていただき、北辰会の今後の方針の参考にしたい」とシンポの趣旨を説明した。
 討議ではまず西洋医学の「利点」と「欠点」に言及。和歌山生協病院(和歌山市)などで内科や小児科を担当する児玉さんは利点として「予防接種も含めて感染症には強い」「外傷や緊急手術が必要な病気など外科的介入の必要性が高い場合に有効」「検査によって誰が見ても同じ客観的な数値がでるので、教えやすい」という3点をあげた。一方、名鉄病院(名古屋市)の鈴村さん(小児科)は不利な点として「自分も病気をして多くの病気が心から来ていると思っているが、その部分へのアプローチがとても少ないと感じている」「診断がつかないと治療に直結しにくい」などと話した。
 これに対し藤本代表は、東洋医学も「意外に感染症にも有効なんです。そこをドクターにも知っていただきたい」とアピール。また「和クリニック」(和歌山市)院長として、治療に鍼灸も取り入れている内科医の村井さんは、勤務医のときに喀血(かっけつ)が悪化した入院患者を別の病院に転送する救急車の中で、鍼を打って出血が止まった例など、自身の実践で効果があった症例を紹介した。
 一方、奈良県の山添村国民健康保険東山診療所の所長として僻地医療に携わる竹本さんは西洋医学について「チーム医療をできるところがメリット。(治療に対する)フローチャートができあがっているので、やるべきことがはっきりしていて、誰もが同じ事をできる。ただフローチャートが不完全でもやるしかなく融通がきかない」と指摘。鍼灸をはじめとした東洋医学はオーダーメイド型のメリットがあるものの西洋医学のようなマニュアル化が進んでおらず、技術などの伝承・教育の問題点が浮き彫りに…。北辰会ではマニュアルの書籍化などを進めていることも示されたが、“流派”によってツボの位置も違うなどという“東洋医学界”の課題も明らかになった。
 このほか、身近にあって何でも相談できる総合的な医療としての「プライマリケア」や、西洋医学では明確に定義されていない「疲労」、現在の病院の中で鍼灸治療をする困難さ、少子高齢化により深刻になってきた社会保障費などについても意見が交わされた。
[PR]
by wappagamama | 2012-04-13 07:13

視覚障害者及びご家族の皆様へ


視覚障がい者及びご家族の皆様へ

湯沢市雄勝郡視覚障害者複肢協会
会 長 柿 崎 妙 子
 電話:72-4666

公開定期総会のご案内

 春の気配に心浮き立つこの頃ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
 本会では、視覚障がい者及びご家族の方々を対象に、地元での活動をご案内する一
環として、毎年、公開で定期総会を開催いたしております。地元での活動内容をご説
明するとともに会員同士の情報交換(日常生活用具、病気、職業等)を通して交流の場
にもなっています。視覚に障がいのある方だけでなくご家族の方もご一緒にご参加く
ださい。尚、懇親会にもご参加くださいますようあわせてお知らせいたします。



1.期日:平成24年4月29日(日)
   総 会・・・午前10時30分~午後12時
   懇親会・・・午後12時~午後2時30分 
2.会場:湯沢ロイヤルホテル
3.懇親会費:お一人2,000円(総会のみのご参加は無料です)

※申込み先&問合わせ先
 事務局 高橋




※上記の文章が、市内在住の視覚障害者手帳保持者1・2級の方々に発想していただくことになりました。
長年の願いがここでまたひとつ叶えられました。
コノ案内状が、ご本人のお手元に届き、ご家族に読んでいただけます事を心より念願いたします。
昨年6月に実施されました、県主催による「困りごと相談会」にも同様に一般の方々への案内状を発送していただいたという経緯がありました。
その際の、反響のお陰で新たに入会された方があったことに勇気を頂、このような方法を継続できたらと願ってまいりました。
一両日中に皆様のお手元に届くと思いますので、どうかご家族化お知り合いの方々にお話していただけますよう節にお願い申し上げます。



 尚 一人でも多くの視覚障害者の方々に参加していただけることを願って、ゆざわ広報15日号と東成瀬の社共便りにも掲載していただきました。
更に、FMユートピアさんにもラジオ放送をお願いしてあります。
いずれかの情報がご本人のもとへ届きましたら、お気軽にご一報いただけたらうれしいです。
[PR]
by wappagamama | 2012-04-11 11:10

ホーム転落 ICタグで防ぐ 靴の中に入れ、端歩くと警報


ホーム転落 ICタグで防ぐ 靴の中に入れ、端歩くと警報

 視覚障害者が駅のホームから転落する事故が相次ぐ中、東京都渋谷区の通信システム会社「エル・エス・アイ ジャパン」が、靴の中に入れる薄いカード状の集積回路(IC)タグを用いた転落防止システムの開発を進めている。ホーム上にアンテナを設置し、障害者が線路寄りを歩くと音で危険を知らせる仕組み。ホームドアより工事費が安く、実用化されれば普及する可能性がある。
 同社は二〇一〇年度に、NPO法人「ことばの道案内」(北区)と共同で、国と都の支援を受け、新宿区でICタグを使った視覚障害者用の道案内システムの実証実験を実施。ホームからの転落防止には、このシステムを応用する。
 ホーム上の点字ブロックより線路側にアンテナを設置し、視覚障害者が線路側に踏み出すと、靴の中敷きの下などに入れたICタグをアンテナが読み取り、障害者が携帯する端末に信号を送って警報を鳴らす。
 国は一日当たり十万人以上が利用する駅にホームドアなどを整備するよう鉄道事業者に求めているが、既にホームドアを設置したJR山手線の恵比寿、目黒両駅で計約三十億円かかるなど、工事費の高さがネックになっている。NPO法人が鉄道会社から「もっと安価な方法はないか」と相談を受けていた。
 ICタグを使ったシステムなら、4ドアで十両編成の列車が止まるホームで、工事費も含め費用は約一千万円の見込み。障害者が携帯する端末は数万円するが、国や自治体が購入費の一部を助成する福祉機器の音声標識ガイドに機能を付加することや、将来的に携帯電話で代用することも検討している。
 同社は十二月まで、シート状のアンテナなどを試作し、鉄道の研究所などで実験。一三年度以降、スポンサーとなる鉄道会社を見つけて実用化を目指す。都が実験に使う材料費の半額を助成する。田中隆社長(68)は「社会のために技術を生かせて、事業としても発展できれば」と話している。
[PR]
by wappagamama | 2012-04-09 18:50