<   2009年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

5・6年ぶりのショッピング!


 ジャージ上下十数年ぶり・仕事用のジーンズ、これもまた5・6年ぶり、そしてSTT練習用Tシャツ・これも5・6年ぶりかな…?

貧乏で買えなかった訳ではない? とあえて弁解しておくが、自分で直接触ってみて試着してみて買いたいと思っているうちにこんなに月日が過ぎてしまっていた。

STT練習用・仕事用・普段着がこんなにも磨耗していたのに中々新しいものを買えないでいた。

友人のNさんにお付き合いしていただいて今日はほしいものが全部買えた。
一番ほしかったのは卓球シューズ。
審判のSさんに色々アドバイスをしていただいていたとき、わたしのズックのひもがほどけた、それに気づいたS審判、「柿崎さん できたら卓球シューズのほうが動きやすいよ」
それまではありあわせのズックをはいていたが、その卓球シューズがほしくなった。
今日の買い物の中では一番値が張る商品だった

 卓球シューズ・リュック・ジャージ・Tシャツ・インナー・フリース・ジーンズ いずれも2・3着ずつくらい。
それでも 合計金額にしてみれば?…


普段買い物に行けないわたしは、知り合いのブティックから自宅身商品を持ってきてもらって、見せてもらうことがある。
今日買った商品の数だけ買ったらどんな金額になるやら?…

そんなことを考えれば今日の買い物はすごーくすごーく得した気分!
しかも 商品を選んでくれた友人は、私に似合った物を選んでくれる。
趣味も似ているし、普段もウインドウショッピングは楽しいといろんなことを知っているし、何より活動的。

 今日は彼女に半日お付き合いいただいて、数年ぶりで思いのたけを果たした。

昼食は「すき屋」の牛丼・買い物終了後はイオン湯沢店で「栗駒アイス」がおいしかった~!
こんな何気ない普通のショッピングが、数年に一度しかできないことに改めて不自由さを感じる。
なに不自由なく積極的に行動を起こしているように思えるが、自分のことになると意外と引っ込み思案になっている自分がいることを思わされる。




< href="http://archive.mag2.com/0000112477/index.html" target="_blank">週間福祉情報
[PR]
by wappagamama | 2009-11-30 17:46

2年前の一通のメール そのときの私と今の私…


メールボックスの整理中に見つけた2年前のメール。

 当時は「すごい青年がいるもんだな」と人ごととして受け止めていたはず。

だが 今 この青年はわたしにとって息子のようにかわいい。

 わたしをよく知っている友人たちがいうには、「同じような血が流れているのではないか?」といわれる。
会話を聞いていると話が不思議なほど会っているといわれた。

わたし自身も彼と話していると、自分もそこにいて同じ体験をしているような気分になる。

わたしももう少し若かったら…
今 Oちゃんがやっているようなことを やりたかったのかもしれないという衝動にかられる。

わたしの今までの人生は、非化膿だ・できっこない・無理 と自分を抑えてきていたように思うこともある。

だから、今 Oちゃんとであって、自分ができなかったことを代わりにやってくれているような?…
そんな不思議な気持ちになる。
だから、わたしなりに Oちゃんを応援したい。

ここから2年前のメールを貼り付け。

 学生時代メタノールを誤って飲んでしまい、気
失明した若者が全国を旅して、
その記録を写真に収め展示会を開催しています!

 大平さんは来年4月、筑波大学大学院の社会心理学を学ぶ研究室に通う。
どうすれば障害のある人が偏見を持たれずに暮らせる社会になるか、勉強するた
めだ。
との希望を持っています!

 朝日新聞の記事から(1部抜粋)

全盲の28歳、写真展示会 1人旅記録 2007年12月12日

大平啓朗さん。「狙ったはずのものが写ってないことは今でもしょっちゅうです」
と笑う=函館市で

■梅の香り・波の音・草食べる馬・・・全身で感じ カメラ向け■日常作品交え
 函館で展示会

 函館市内に住む大平(おおひら)啓朗(ひろあき)さん(28)の
撮った写真が、同市内2カ所の飲食店で展示されている。
大平さんは全盲。
光や音を頼りに、趣味で撮影している。
湖や子ども、草をむさぼり食う馬など、全身で感じ、
切り取った16作品が並ぶ。

 少し酸っぱい香りが漂う方にカメラを近づけていった梅。毎日の歩行を助けて
くれる白い杖(つえ)に愛用の帽子をかぶせ、波の音を背景にした海。
日々の暮
らしの中で出くわしたものもあれば、京都や沖縄で撮ったものもある。
写真は大平さんが白杖を片手に1人で出かけた
旅の記録でもある。

 大平さんが視力を失ったのは4年前。
山形大学理学部を経て大学院生だった時だ。
酒にしようと研究室からエタノールだと思って取り出したメタノールを
誤って飲んでしまい、気を失った。
目が覚めた時には何も見えなくなっていた。

URL: http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000000712120001
[PR]
by wappagamama | 2009-11-28 17:43

恒例! STT湯沢選抜大会間近!!


  恒例となった、STT湯沢選抜大会も今年で第5回を迎える。

12月の第1日曜日と決めてあるこの日は、ありがたいことに競技者はもちろん関係者地域ボランティアにもすっかり定着していただいているようだ。

大会実行委員長と審判長の本大会にかける思いの強さに圧倒されつつ、何とか後についてきた様な大会会長といっても名ばかりのわたしではあるが、今年もまた、ほとんど練習することなく当日を迎えることになりそう?…

 去年は前夜祭で飲みすぎてしまって、翌朝の会長挨拶がめちゃくちゃだった。
二度と失敗を繰り返さぬよう、ちゃんぽんはやめよっと

おいしいお酒を持参できてくれる友人たちには悪いけど、今年は絶対誘惑されないぞ!



 大会に際してご案内とご支援ご協力いただいている各方面への挨拶状を下記に貼り付けします。 
湯沢市雄勝郡視覚障害者福祉協会
会長 柿崎妙子

第5回STT湯沢選抜大会の後援について(依頼)

霜降の季節となりましたが、貴クラブにおかれましては益々のご発展のこととお慶び
申し上げます
また、日頃より当会の活動には特段のご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度標記大会を下記の日程にて開催いたします。つきましては、本大会の趣
旨をご理解の上、後援についてご承引下さいますようお願い申し上げます。
  

 
第5回STT湯沢選抜大会の後援

【趣旨】
視覚障害者として、その障害を克服し、さらにSTT(サウンド・テーブル・テニス
)というスポーツに出会うことで、健全な肉体と精神を育み、その成果をいつも私た
ち障害者のためにサポートしてくれる皆様と共に分かち合い、交流を深め合う場を視
覚障害者はもとより行政、ボランティアの皆様及び関係各位の皆様の参加のもと本大
会を開催いたします。

【主催】
湯沢市雄勝郡視覚障害者福祉協会
【 後援】
湯沢市
湯沢秋田ライオンズクラブ
【支援】
秋田STT倶楽部
【協力】
湯沢北中学校卓球部
中橋グループ・サポートセンター「ビーング」・スタートライン
【日時】
平成21年12月6日(日)午前9時~4時
【会場】
湯沢市勤労青少年ホーム 2階

貼り付け終わり


興味のある方はどなたでも見学歓迎です。





にほんブログ村 犬ブログ 補助犬へ


週間福祉情報
[PR]
by wappagamama | 2009-11-27 18:26

解散総会に出席してその2


  その日の会場はいつもに増して熱気が充満していた。

一テーブル8席ほどで10テーブルはあったろうか。
おしみないみなさんの挨拶も、必然的におもいがはいり、中々止まらない。
主たる方たちの挨拶が終わりセレモニーも終板に入ったころ、テーブルにはご馳走が運ばれて乾杯が始まった。

引き続き一テーブルから代表がひとり挨拶。

司会者はわたしの同級生。
長年にわたってTさんの事務局として支えて喜多方である。

 その司会者が次の人を紹介し始めた。
「高階順子が今日まで健康でがんばってこられたのは、長年にわたって順子の健康管理をしていただいていた柿崎妙子さんのお陰です、 その柿崎妙子さんからひとことお願いします」

 こんな場面でそんなふうに紹介されるなんて、おもってもいなかったのでうれしいやら困ったやら…。

隣の席に座って世話をしてくれていたTさんのお酌がまめなもので、 もう すでにわたしは酔いが回っていた。

エルモをかわいがっていただいていること、皆さんが思っているほどTさんは頑丈ではないこと、体をここまで酷使してがんばっていたこと、でもだれよりも東洋医学のすばらしさを理解してくださっていたことそしてその東洋医学を多くの病んでいる人に知らしめてくれたこと、「彼女こそまさに現代の宮沢賢治」ということをいいたかったのだったが?…
実際は?…


 だが その後 わたしの存在を知った人々が何人か声をかけてくれた。
そのひとりに、幼いころの隣人がいた。
半世紀ぶりに会ったその人はアトラクションで舞を踊っていた。
私の顔に面影があると懐かしそうに声をかけてくれた。
面影って残っているものかなーと思ったが、彼女と話しているうちにその子供のころのかわいい彼女の顔が思い浮かんだ。
毎回Tさんの後援会会場では踊りを披露していたようだったが、今回わたしがマイクで声を出したので気づいたとのこと。 

 Tさんの同級生として長年応援してきたというその幼馴染とも、今回の解散総会で始めて気づいてくれたこと、もしかすれば今日が最初で最後かもしれないと不思議なめぐり合わせを感じた。


週間福祉情報




にほんブログ村 犬ブログ 補助犬へ
[PR]
by wappagamama | 2009-11-26 01:31

解散総会に出席して


 わたしのブログ上には何回となく話題提供をしていただいていたTさん。

 湯沢市議会議員を11年と半年間、市民の立場で働いてこられた方である。
そのTさんが10月限りで引退された。

 後援会関係者はもとより、多くの市民から愛しまれながらも、ご本人の強固なお考えの元に先日解散総会が行われた。

 後援会役員の方々の挨拶を聞いていたら、熱いものがこみ上げてきた。
きっと何かお考えがあっての決意だということはだいたい察してはいたが、それにしても あまりにも強行突破なその行動には会場の参加者一同度肝を抜かれた。

 議員年金には反対し続けてきたTさん。
任期が11年と半年間というところにも大きな意味がある。

 会場がどよめいたのはその他にもうひとつあった。
議員歳費のほかに受け取っていた手当て、当初受け取りを拒否していたのだったが、それもまかりならぬこととなり、そのすべてを手付かずに積み立ててあったとのこと。

その使い道にも大変苦慮されたらしいが、ある福祉団体にぽんと一括して寄付されたのである。

 会場で突然呼ばれたその団体の会長さんは、わたしの知っている方。
福祉活動などでよく顔を合わせていた方でいつも声をかけていただいていた。
そして その団体のかつやくもうわさでよく耳にしていた。
だから その団体迷が呼ばれたときには「さっすが Tさん 目の付けどころがちがう!」と納得した。

  後で そのT会長さん 私のところへ来てくれた。
「柿崎さん どうしよう! びっくりしちゃったぁ! まさかわたしがこんな大金を一団体で全部いただくなんて!」と嬉しい悲鳴を上げていた。

 おめでとう! Tさんはほんとによく見てくれているよね!さすがTさんだね! Aの会のご活躍は私も色々聞いていたよ。
となぜか暑く手を握り合った。

 介護保険法の法の網からこぼれてしまった人たち。
法の狭間でどこの恩恵も受けられないで困っている人たち。そんな人たちへ手を差し伸べたのが「Aの会のT会長と聞いていた。

 こんな粋な計らいをしてくれるTさん。
だからこそ 本当は こんな方こそが議員として活躍していただきたかった方なのに?…
返す返すも残念至極!
でもでも 肩書きを外して自由な身となり、議員であったときにはできなかったこと、自由でなければできないことなど、これからも健康に留意されて、更にご活躍されることを期待いたします。

 「丘に上げられた山女がふるさとの川に戻ったように…」



週間福祉情報
[PR]
by wappagamama | 2009-11-25 23:30

ワインは自分へのお土産


 元々わたしはワインは苦手なほうだった。
c0121604_134741.jpg


香りと雰囲気につられて つい 一口 口にしたりすると決まってその後で、お腹が
キリキリしだす。
頂き物などがあってもほとんど料理に使ってしまうか娘に送ってやっていた。

 ところが つい最近、ワインが大好きな友人グループと一泊泊まりの旅行(?)をしたさい、薦められて飲んでみたワインがとてもおいしく感じた。
もちろん飲んだ後でもお腹が痛くなることもなく心地よい気分で過ごした。

 それから約ひと月が過ぎ、盲導犬協会での午後の9時からのフリータイム。
「協会では午後9時から10時までの間は嗜好品を持ち寄って飲食が可能となっている)
c0121604_1348353.jpg


同じ訓練生Mちゃんとは、初対面から二日目でお友達関係となってしまった。
彼女は毎晩チューハイ一缶飲むのが楽しみとなっているようだった。
アルコール類は準備していかなかったわたしは、S先生にお願いしてワインを買ってきていただいた。
大体の好みを伝えただけでも、飲んでみたらとても口触りがいい。

 S先生はご自分も晩酌はほとんどワインが多いとのこと。

 好みがあるから一概には言えないけど… と前置きした後でワイン談義が始まった。
生産地・葡萄の種類・料理との組み合わせ・白と赤の違いなどなど横文字のことばがずらずらと出てくる。

飲んでいるワインのアルコールも手伝って、ほろ酔い気分で聞くS先生のワイン談義がとても心地よい。

「赤ワイン」 
 カリフォルニアの赤ワイン。…さっぱり計の甘口。

チリのメルロ…濃い目だけど渋みは少ない。
Sせんせいも結構好きなワインなのでお勧めとのこと。

北海道函館産 山葡萄の甘口…ちょっと酸味が強いかもしれない。

「白ワイン」
イタリやのエスト エスト エスト…ペペロンチーノのようなスパゲティに会うとのこと。

小樽ワインのナイヤガラ…完熟ナイヤガラ

ドイツのマドンナ…リープフラウンミルヒ(?)少し甘口。これは瓶がなで肩

エスト エスト エストとマドンナはコルク型であとは全部スクリューキャップになっているはずとのこと。

ワインのことには全くうといわたしなのに、こんなふうに流暢に語ってくれるとそれだけでもうっとりしてしまっているわたし。
今年はクリスマスもおいしいワインたちに囲まれてし あ わ せ…



にほんブログ村 犬ブログ 補助犬へ
[PR]
by wappagamama | 2009-11-22 22:52

ひっさびっさの休暇

c0121604_1352680.jpg
c0121604_13522160.jpg

  札幌から帰ってから、連日多忙な日々を過ごしていた。

 2週間の間、待ちぼうけを食わされていた患者さんたちが来院してくれて、にぎやかな治療室風景画続いていた。
早い者勝ちのお土産も全部さばけて札幌談義に花が咲いた一週間だった。

 「えがったな~? エルちゃん かあさんどご連れで帰ってきてけで? いぐ前にエルちゃんと約束したんだおんな~?  二週間したら必ずかあさんどご連れで帰ってきてけれよ ってな~?」とエルモと会話している患者さん。
そんな何気ない会話の暖かさに、ふとわが身の幸せをかみ締めている今日この頃。

 そんなおもいで、2週間待ってくれていた患者さんたちへの、感謝の気持ちとして買ってきたお土産の数が足りない。
毎回毎回帰宅してから後悔しているのに、今回もまた不足してしまった。



3年連続札幌へ通ったが、お目当ての花畑牧場の「生キャラメル」と「ジャガポックル」が今回やっと手に入った。
それも11時の入荷にあわせて早めに空港に行っていタから買えたのであって、フライトの時間に合わせていればそれも手に入らなかったはず。
そこまでしてなぜにほしいか?…
流行り反転にはからっきし弱いわたしのこと。
「一度は食べてみなければ死んでも死に切れないってが」

「今回食べたから もう いつ死んでもいいってが?」 
いえいえ 世の中そんなに物事順調には行かないよ?。

なぜって?わたしの口に入ったのは「生キャラメル」だけ!
ざ~んねんでした!
今年はまだ「ジャガポックル」はわたしの口に入らずじまいでした。まだ死ねない!

でもでも 今年はわたし自身にすてきなお土産を買ってきました。
それは「ワイン」!。

晩酌用に買って来ていただいたワインのおいしさに、ついつい会話が弾みワイン大好きと言うそのS先生のワイン談義を聞いているうちに、プライベートでお願いして半ダース送っていただきました。
これは わたしがわたしへのお土産なのでだれにもあげな~いっと…うっふふふ




にほんブログ村 犬ブログ 補助犬へ
[PR]
by wappagamama | 2009-11-22 15:43

新しいことへの挑戦の落とし穴…?


昨日の記事「『RISE AP(ライズ アップ)』とOちゃん」の同じ内容の記事が1ページに2回も入っていた。

 一個 消そうとしたが「削除」がわからない。
今回札幌で新しいことをいっぱい習ってきた。
そのひとつに記事中に「リンク」を張る方法。
それと 記事の最後に「ブログ村」や「週間福祉情報」や「Oちゃん」などのリンクの張り方も教えていただいた。

 下書きした記事にそれらのリンクを張る作業をしているうちに、なんだか変なことになってしまうらしい。
「マイエディット」からコピーしてきて記事本文に貼り付けをしているのだが、どうも手順がおかしいらしい?

文末にふたつのリンクを張ろうとすると記事が消えてしまったり、はたまた消えたと思ったのでもう一度貼り付けをすれば、昨日のように一ページにふたつ載ってしまうということになってしまった。


 今朝やっちゃんから電話があった「かあさん ブログふたつも載ってだっけど?」
わたしは上記に書いたことをやっちゃんに説明した。
消そうとして全部消えてしまったらいやだからそのままにしとこっと?と意見が一致。

題名とリンクだけのときもあったし?…
今度はこれだし?…
ま でも 悪戦苦闘しながらも ブログライフを楽しんでいるわっぱがなままであること、失敗もめげずに猪突猛進し続けているわっぱがなままであることの証拠でもあります。ヘヘ

こう見えていてわたし 結構そそっかしいもんですから、記事が書きあがると後は早く送信したくなっちゃってあせっているのです。
落ち着いてやれば何てことないのかもしれませんが?…
もう少し慣れるまで温かい目で見守ってくださいね。(^^♪

さぞかし K先生もハラハラしながら、ブログを見てくれているのではないかと思います。


Oちゃん


週間福祉情報

にほんブログ村 犬ブログ 補助犬へ
[PR]
by wappagamama | 2009-11-22 12:32

『RISEAP(ライズアップ)』映画祭とOちゃん


 札幌滞在中 Oちゃんから電話をいただいたということを先日チラッと書きました。
 その日は午後2時からの授業があり、その15分ほど前にOチャンからの電話。Oちゃん
「お母さん 今いい?」わたし「大丈夫だよ?」

Oちゃんからの電話だったので嬉しくって反射的にそう答えてしまった。
それと 15分もあればお話は終わるだろうと軽く考えてしまった、が?…
だが? Oちゃんの電話は中々止まらない。


パリでノ「サムライニッポン」の楽しかった話・パリでも英語とフランス語での会話でまたまたお友達が沢山できたこと。

「今 どこにいるの?」と尋ねたら「今 日本」
 『RISEPA(ライズアップ)』というタイトルの映画祭に、その監督・スタッフたちと上演会場をOちゃんも一緒に回っているのだとのこと

 その映画の索性に関しては、Oちゃん自身は特に携わっているわけではないのに、なぜそうゆうことになったかということは湯沢に来たときに話を聞いていた。

 事故で失明した少女のものがたりであるその映画の内容が「そんなことは現実にはありえないだろう?」という内容のものであるが、その関係者のひとりが「いる!いる! いるよ!」と現実離れをした生き方ヲシテイルソノ映画の主人公ソノモノノOちゃんニ声がカカッタトイウオ話でした。


ソノ映画ノコトガ偶然にも今週の福祉情報ニ載っていました。
下記に貼り付けします。



--------
□■映画 『RISE UP』 全国バリアフリー上映の
お知らせ

作品紹介:『RISE UP(ライズアップ)』(日本映画/84
分)
一年前、事故により失明してしまった少女・ルイ。未だそのショックから
立ち直ることができずにいるルイは、わがままな日々を過ごしていた。
そんなある日。航(わたる)と出会う。パラグライダーに熱中する
わたるは、
めったに発生しない「ライオン」と呼ばれる上昇気流に乗る事がで
きれば、
きっと自分は何か成長できると信じていた。
ルイは、わたるに次第に心を開いていき、失明のショックから立ち直る
きっかけを探そうとする。互いに惹かれ始める二人。
しかし、二人の出会いには残酷な事実があった。
厳しい現実に直面しながらも、ルイのため、自分にできることを必
死で探すわたる。
二人は、この苦難を乗り越えることができるだろうか・・・。

監督:中島 良 出演:林 遣都 山下リオ 太賀 ほか。
公式サイト:http://www.riseup-movie.jp/

☆音声ガイドは、神戸以外、会場のスピーカーから流れるオープン
形式ですので、
ラジオは不要です。
また鑑賞料は、障害者と同伴者1名までは、どの劇場でも
1000円で鑑賞できます。

◎上映スケジュール

【東京上映】 
 11月29日(日曜日)12時30分~の回
 劇場:渋谷ユーロスペース TEL: 03-3461-0211

【横浜上映】 
 12月12日(土)・13日(日) 両日とも、10
時~の回。
 劇場:横浜ニューテアトル TEL: 045-261-2995

【大阪上映】
 12月5日(土曜日)17時15分~の回
 劇場:第七藝術劇場 TEL: 06-6302-2073

【京都上映】
 12月6日(日曜日)13時~の回
 劇場:京都シネマ TEL: 075-353-4723

【神戸上映】
 12月3日(木曜日) 13時30分~の回
 劇場:神戸アートビレッジセンター TEL:078-512-5500
 ☆音声ガイドはFMラジオでお聴きいただきます。
  会場で、ラジオの貸出を行っていますが、台数に限りがあるため、
  おもちの方はご持参下さい。

【福岡上映】
 日程調整中
 劇場:KBCシネマ TEL: 092-751-4268
 ※上映日時については劇場へお問い合わせ下さい。














 札幌滞在中 Oちゃんから電話をいただいたということを先日チラッと書きました。
 その日は午後2時からの授業があり、その15分ほど前にOチャンからの電話。Oちゃん
「お母さん 今いい?」わたし「大丈夫だよ?」

Oちゃんからの電話だったので嬉しくって反射的にそう答えてしまった。
それと 15分もあればお話は終わるだろうと軽く考えてしまった、が?…
だが? Oちゃんの電話は中々止まらない。


パリでノ「サムライニッポン」の楽しかった話・パリでも英語とフランス語での会話でまたまたお友達が沢山できたこと。

「今 どこにいるの?」と尋ねたら「今 日本」
 『RISEPA(ライズアップ)』というタイトルの映画祭に、その監督・スタッフたちと上演会場をOちゃんも一緒に回っているのだとのこと

 その映画の索性に関しては、Oちゃん自身は特に携わっているわけではないのに、なぜそうゆうことになったかということは湯沢に来たときに話を聞いていた。

 事故で失明した少女のものがたりであるその映画の内容が「そんなことは現実にはありえないだろう?」という内容のものであるが、その関係者のひとりが「いる!いる! いるよ!」と現実離れをした生き方ヲシテイルソノ映画の主人公ソノモノノOちゃんニ声がカカッタトイウオ話でした。


ソノ映画ノコトガ偶然にも今週の福祉情報ニ載っていました。
下記に貼り付けします。



--------
□■映画 『RISE UP』 全国バリアフリー上映の
お知らせ

作品紹介:『RISE UP(ライズアップ)』(日本映画/84
分)
一年前、事故により失明してしまった少女・ルイ。未だそのショックから
立ち直ることができずにいるルイは、わがままな日々を過ごしていた。
そんなある日。航(わたる)と出会う。パラグライダーに熱中する
わたるは、
めったに発生しない「ライオン」と呼ばれる上昇気流に乗る事がで
きれば、
きっと自分は何か成長できると信じていた。
ルイは、わたるに次第に心を開いていき、失明のショックから立ち直る
きっかけを探そうとする。互いに惹かれ始める二人。
しかし、二人の出会いには残酷な事実があった。
厳しい現実に直面しながらも、ルイのため、自分にできることを必
死で探すわたる。
二人は、この苦難を乗り越えることができるだろうか・・・。

監督:中島 良 出演:林 遣都 山下リオ 太賀 ほか。
公式サイト:http://www.riseup-movie.jp/

☆音声ガイドは、神戸以外、会場のスピーカーから流れるオープン
形式ですので、
ラジオは不要です。
また鑑賞料は、障害者と同伴者1名までは、どの劇場でも
1000円で鑑賞できます。

◎上映スケジュール

【東京上映】 
 11月29日(日曜日)12時30分~の回
 劇場:渋谷ユーロスペース TEL: 03-3461-0211

【横浜上映】 
 12月12日(土)・13日(日) 両日とも、10
時~の回。
 劇場:横浜ニューテアトル TEL: 045-261-2995

【大阪上映】
 12月5日(土曜日)17時15分~の回
 劇場:第七藝術劇場 TEL: 06-6302-2073

【京都上映】
 12月6日(日曜日)13時~の回
 劇場:京都シネマ TEL: 075-353-4723

【神戸上映】
 12月3日(木曜日) 13時30分~の回
 劇場:神戸アートビレッジセンター TEL:078-512-5500
 ☆音声ガイドはFMラジオでお聴きいただきます。
  会場で、ラジオの貸出を行っていますが、台数に限りがあるため、
  おもちの方はご持参下さい。

【福岡上映】
 日程調整中
 劇場:KBCシネマ TEL: 092-751-4268
 ※上映日時については劇場へお問い合わせ下さい。





にほんブログ村 犬ブログ 補助犬へ
[PR]
by wappagamama | 2009-11-21 17:13

週間福祉情報へまたまた連続5週掲載!!!


 以前にも何回かマイブログでご紹介しましたが、週間福祉情報にマイブログノ記事を紹介していただいていることをお話しました。

 毎週木曜日が発行日です。
今日のそれにもまたまたわたしのブログ記事を紹介していただいていました。

 それが判ったのは、当初このメールマガジンをわたしに転送してくれていたYさんが教えてくれたのです。
それ以来わたしもその記事を注目して見ていましたが、なんと毎週毎週わたしのブログ記事が紹介されているではありませんか!

 最近の「盲導犬エルモの日記」の視聴率がアップしている理由がそこにあることがわかって謎が解けたことを以前にお話しました。

関連があるかどうかはわかりませんが、曜日によってその視聴率にばらつきが出てきていることにも気が付きました。
記事の更新度でも影響することも明らかですが、ブログランキングなどを見ても「世の中甘くはない」と感じます。

そんな中週間福祉情報さんに取り上げていただけること大変うれしく思っております。


ここにYさんのメールを貼り付けします

講習ご苦労様でした…
又 1段とグレード upですね……
それにしても「週間福祉情報」10月から毎週連続の掲載ですね…

話題の豊富さ・文章の表現力が見込まれているのですね…
内容は大変参考に成ります…
小学校の学習内容などは、
内の役所・社協にも見せてやりたいですよ……!!

無断転載ごめんなさい


週間福祉情報


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬へ
[PR]
by wappagamama | 2009-11-19 20:56