<   2009年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

治療家としての喜びを…


  4年前の選挙からこっち、来る日も 来る日も、早朝から夜 遅くまで良く頑張った。

コツコツ コツコツと自分の体で・自分の足で・自分の声で・自分の目で・自分の手で地道に、朝早くから夜 遅くまで、本当にほんとうに良く頑張った。

一国の総理大臣が、コロコロコロコロ変わっていた頃、自民党解散の雰囲気が高まるたびに、「さぁっ! いよいよ選挙だぞ!」と、何時選挙に突入してもいいように、京野公子は、全盛全霊をかけて活動していた。


真夏の炎天下の元で、汗とほこりにまみれて、身の丈ほどの雑草を掻き分けてのポスター張り。

また時には、向こうが見えない猛吹雪の中で、朝立ち。街角でのぼりを持って挨拶活動。

「雨にも負けず・風にも負けず・夏の熱さにも負けず・冬の寒さにも負けず…」
それはそれは 正に宮沢賢治の世界さながら、いや 実際はそれどころじゃない!

寒さに弱い彼女は、全身にホカロンを十数枚も貼り付けて、寒さを凌いでいた。

 活動終了後、直接施術を受けに来たときは、脱いだジーンズの裾がバリバリに凍り付いてしがっこがくっついていたこともあった。
息子にそのジーンズをストーブで干してもらっても、それは乾くには至らない。

そんな彼女の治療時間に合わせて、治療室もベッドも、特別性の温度で調整してある。
その状態でわたしは施術を施すのであるから、私自身は頭から湯気が出ている。(わらい)

 どんなに疲労困憊シテ、よれよれになって来院して来た時でも、施術を終了した後は、必ずエルモに声をかけて遊んでくれる。
が、エルモも、遊んでもらえるときと、そうでないときはちゃんとわきまえている。

京野さんは大の犬好きなので、エルモとのコミュニケーションのとり方も上手。
 エルモの仕草や表情がとても愛らしいと、治療ベッドまで呼びたいようだが、エルモが敷居から半身は乗り出してもそこから絶対入ってこないことを、これまたなんとも斟酌で可愛いと、そして 良くわきまえているエルモの正格をいつも褒めてくれる。

  そんなふうにして エルモも実は、立派に癒しの効果を施してくれている。
柿崎妙子治療院は、性格には「柿崎妙子&エルモ治療院」ということになる。

 チョット 話が脱線してしまったが、京野公子の4年間の活動と共に、彼女の健康管理をさせていただいてきたわたしにとっても、とても貴重な経験となった。

 治療家として、彼女の健康管理に携わってこられた事に、今 彼女の喜びをほんの少しおすそ分けしていただけることの喜びを、密かにかみしめているわたし。
でもでも 本当は大変なのはこれからが本番!

湯沢と東京との往復が始まり、地元に帰ってきたときでなければ、わたしの手の届かない人になってしまう。
それでも、わたしに出来る事があれば、これからもず~っと、私流のやりかたで応援し続けて生きたい。
[PR]
by wappagamama | 2009-08-31 22:13

京野 公子 ばんざ~いっ!


 京野 公子ばんざ~いっ! ばんざ~いっ! ばんざ~いっ!

 ラジオに噛じりついていたが、民主党がゾクゾクと上がっては来るが、秋田3区「京野 公子」が中々上がってこない。

わたしの耳は刻一刻とダンボに成っていく。
お手洗いも我慢して、ラジオの前から離れなれない。

友人たちに電話。
居ても立ってもいられないわたしの様子を察知した友人たちが、「もめ いぎでぁんだべ? も少し待ってみでがら、選挙事務所さ行ってみるが?」といってくれた。
直ぐに出かけられるように準備しながら、尚も耳はラジオからはなれない。

「京野公子 当選確実!」「やった~!」と小躍りしながら「ソレッ!行け!」
事務所は人でごった返して沸いているだろうことを考えて、エルモはお留守番。
人・人・人を掻き分けながら中へ入ってみると、熱気でむんむんしていた。
スタッフのTさんがわたしを見つけてくれて、「いごいご 京野さんのどごさちでいぐ!」とグイグイ引っ張ってくれた。

 わたしを見つけてくれた京野さん、「あ 柿崎さん」といったまま わたしに抱きついてくれた。
わたしも おめでとうございますと一言いったきり、ただただ彼女の体に両手を回していた。

c0121604_1746842.jpg

 戦い終わって疲れきったそのキャシャな体を、とても とてもいとおしく感じた。
選挙中は、一日の活動の疲れを癒し、明日の活動の活力のために、時間を割いて施術を施しに来てくれていた。
その京野さんの体は、誰よりもわたしが一番よく知っていると思っていたのに、このときの京野さんの体は もう 既に国政のものだった。

良く頑張ったね! あの背中の痛み・あのバンバンにむくんだ足・あの痛々しい声・最終日頃には明らかに体重が落ちている事が認められた。が、目一杯施術を施した後は、必ずエルモに声をかけてお帰りになる。

 そんな京野さん「アラッ? エルちゃんは? 連れて繰ればよかったのに?」とチョッピリさみしそう?…。
「あ~ぁ 失敗したな~? 連れて繰ればよかった」とわたしも置いてきた事を後悔。
c0121604_174334.jpg


 その後 一足先に祝杯を挙げようと、友人と行きつけのスナックに…。


ドアを開けたとたん、「おめでとう! 京野公子 ばんざ~い! ばんざ~いっ! ばんざ~いっ!と 店のなかは、京の公子コールで沸いていた。
入ってくる人 入ってくる人 みな 京野公子ばんざいでひとつになって燃えていた!
[PR]
by wappagamama | 2009-08-31 15:17

国民の義務


12日間の熱い戦いが終わって、いよいよ今日は投票日。

戦い11日目の金曜日までに、期日前投票率が、前回の選挙の時の1点6倍と発表していた。

今回の選挙は いかに国民の意識を高めているかという事だと思う。
そうゆうわたしも 既に期日前投票を済ませてある。

今晩その結果が明らかとなるが、わたしにとっても今回の選挙は、色んな意味で影響力のあった選挙だった。
出来たら その結果をこの目で、いえ この耳で直接聞きとどりしたいというおもいがある。


 今日は、湯視協&ひまわりの会の研修レク。
第1回合同イベントなので、いつもの湯視協の行事プラス緊張度が高まっているかも?…。

どちらの会のスタッフにも恵まれているので、団扇ではなんのトラブルも無く、とても好意的に協力していただいた、お陰でいよいよ今日当日を迎える事に成った。

トラブルといえばそうなのかもしれないが、外部との色んな交渉が二転三転したこともあったが、それもそれで、それがきっ買けとなって、新しい道がひらけて行ったりなど、「ひょうたんからコマ」式に可能性が広まっていった。

 事業を開催するたびに思う事ながら、困った事にぶつかったとき、恥を忘れて何とかしようと必死になったとき、必ずそこから人の輪がうまれる。
今回も マタ新たな人脈がいくつかつながった。
その話題は また 近々にお話したいと思います。
今日は 先ずは としとらんどに行ってきま~巣。。
[PR]
by wappagamama | 2009-08-30 07:57

いまも みんなのこころに…




《      犬の十戒。

1. 私と気長につきあってください。
2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3. 私にも心があることを忘れないでください。
4. 言うことをきかないときは理由があります。
5. 私にたくさん話しかけてください。人のことばは話せないけど、わかってい
ます。
6. 私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないで。
7. 私が年を取っても、仲良くしてください。
8. 私は十年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいてくだ
さい。
9. あなたには学校もあるし友だちもいます。でも私にはあなたしかいません。
10. 私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。
どうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを。》




 わたしたち盲導犬ユーザーは、 お盆過ぎから札幌の研修会の時期になると、必ず思い出す一人の女性がいる。
そう それは 数年前に亡くなった、「矢内 真知子さん」


  その矢内 真知子さんに関しては、ユーパスが死去した頃に、ユーパスの思い出と共に記録として、色んな形にして残してある。

マイブログにも以前記事として投稿した事もあったが、彼女の事は、書いても書いても書ききれないほどの沢山の思い出がある。

 つい先日も、盲導犬ユーザー研修会が札幌の協会で行なわれた。
それに参加している、友人たちからの電話は、それは それは なんとも言いようのナい、くったくのない天真爛漫な楽しそうな声。
そして その暖かな心配り。

 自分がそこに参加できなかったことの、寂しさも・悔しさも吹っ飛んでしまうくらい嬉しかった。
そして、その研修会の光景を思い浮かべたとき、そこには 何故か 必ずその 「矢内 真知子」さんの姿と、優しい笑顔が一体化している。

 彼女は今でも 研修会になるとみんなを見守ってくれているように、みんなの心の中にいる。


 文頭に貼り付けした「犬の十戒」」も つい先日、「この時期になると 矢内を思い出すね」といって、Tさんが送信してくれたもの

彼女が亡くなってから満3年。
この先も、もっと もっとず~っと この先も…。
わたしたちのこころから彼女のことは、永久に消えることはないだろう…。
[PR]
by wappagamama | 2009-08-25 13:41

みんなの笑顔に 逢いたいな~?…


 今日は 湯沢市の伝統行事、愛宕神社の祭典「大名行列」

「お殿様のお通り~」
と太鼓の音が聞こえると、みなそれぞれチョット清装し、お盆にお供え物を用意して家の中から飛び出してくる。

愛宕神社を出発した行列は、旧国道から東へ曲がり、お城山側である、ここ武家屋敷((ぶけやしき)?)荒町を通る。


 そして 丁度目の前で、行列が止まり、露払いの「奴ふり」(やっこふり)が始まる。
まさに時代劇さながら、視力が残っていた頃に見た記憶を取り戻して、脳内が活性化していた。
数人のやっこさんたちが繰り広げる、そのやっこふりは、アスファルトをわらじでこする音、長い棒の先のモップのような房 (ふさ)が、空で風を切る音。
一糸乱れぬ真剣なやっこさんたちの汗だくの姿が目に浮かぶ。

 と、エルモと玄関先で音を楽しんでいたとき、電話のメロディーが鳴った。
頭の先から出ているような、聞き覚えのアル黄色い声。「もしもし~ぃっ おねえたまよ~?  今 協会からなの?」

あっ そうだ! 今日は 札幌で盲導犬ユーザーの会の研修会だったんだ。と我に返った。

その黄色い声のおねえたま「夕べあなたの話が出て、最近貴女元気がないんだと 、達夫さんが心配していたよ」とのこと
「なんで わたしには話してくれないの? あなたとは姉妹だと思っているのに? ん? ったく 水臭いんだから!」と怒っている様子。
「あ~ぁ そうか~? そうだったね?、 うつ病って怖いね そんなことにさえ気が回らなくなっちゃうんだね?」というわたしに、
「なにいってんのよ!いいときなんか電話なんかくれなくったっていいけど、そんなときこそのおねえたまでしょ!」と怒っている。
といいながら「でもまぁ 自分で自分のこと「うつ病」って行ってるくらいだから、ただの下面うつ病だね! そんなのほっとけ」とま 無責任きわまる事。


 それから小一時間 再び電話。
「もしもし 柿崎治療院ですか?」と真面目な声で気取ってはいるが、相手は一目瞭然(?)
さっきの噂の達夫さん本人。

これまた「やぁやぁ 夕べ Kさんとあなたの話が出てよ、」としゃべりだし
た。
その腰を折るかのようにわたしは「さっき Kさんから電話もらったよ」といったら
「なえでが さすがだな~ ほんとにが?」といいつつも話は止まらない。
 「今 散歩に行ってきたよ 札幌の空気はやっぱりいいな~」と札幌にいることを自慢しているかのように、その大きな体を張って小鼻をピくつかせている様子が目に浮かぶ。
前夜祭での酒がまだ体に残っている状態で、匂いまで伝わってくるような…。
頼むから 受話器握ったまま深呼吸するのやめて。
(やだやだ できたら 浮かばせたくないんだけど… 笑い)

 あ~ぁ でもでも こんなに元気になった今…
あ~ぁ こんなにも楽しそうな友人たちの声…
あ~ぁ 参加すればよかった~…
あ~ぁ みんなに逢いたいな…

あの酒樽のようなおじさんは別として…うっふん
[PR]
by wappagamama | 2009-08-23 12:33

研修レクを通しておもうこと


 湯視協の事業の際には、いつも ボランティアさんとガイドヘルパーさんをお願いしている。

ありがたいことに、ボランティアのNさんには、いつも ふたつ返事で協力していただいている。

もうひとりのガイドヘルパーさんは、市から派遣していただいているプロのガイドヘルパーさんである。
いつものように、市へ依頼し、受託していただいたところまではよかったが、市が契約している事業所へは依頼者側が直接頼む事に成っている。

いつも頼んでいる「パートナー」のTさんに電話したところ、当日は研修会のため都合が悪いとのこと。
Tさんはもう わたしたちのサポートの回数も回を重ねているので、安心してお任せできる頼もしい人材となっている。

Tさんがだめなら、他の人をとお願いしたところ、人手が足りないので無理かもしれないが、なんとかギリギリ調整してみるとのこと。
が、待てど暮らせど、なしのつぶて。

仕方がないので、市で契約している、もうひとつの事業所「稲川福祉会」へ問い合わせてみた。
が、そこはこのような依頼は初めてだったようで、話が中々通じない。
が、開拓するにはいいチャンスだと思い、福祉事務所と直接話し合ってもらった。
が、結局一日一杯の支援だと、人手がないので無理だとのこと。

介護を必要としている利用者が余りにも多くなっていることと、ヘルパーの人数が足りない事がそんな厳しい現実を生み出しているのだろう。

今後もドンドン高齢化し、受け入れ環境もその現場で働くものの雇用条件も益益悪くなる一方。
今でさえパンク状態なのに、今後も介護を受けるものとするものとが反比例し、近い自分たちの将来でさえ暗黒の海。

こんな厳しい世の中を作ってきたのは誰なんだ!!!
こんな最悪な世の中になって行くことに、なんで誰もが見て見ぬ振りをしているんだ!!!
自立支援法などと立派な事を唱えていても、中身はどうなんだ!!!

だから だから もう いいかげん 軌道修正しなければいけないんじゃないかな!
と、ちっぽけなわたしが、ひとりでこんなことをホザイテいてモ、何にもならナいのだろうか?

いえ! わたしの周りにはこんなおもいをしている人が五万といる!。
そのひたむきなおもいを声を大にして戦っている人がここにいる!
ただただ純粋なおもいで、弾丸のようになって戦っている人。
疲れきった翼を、ボロボロになった翼を休めに、わたしのふところに飛び込んできてくれる。

このキャシャナ 体のどこに、こんなパワーが潜んでいるのだろうと不思議でならない。

ただただ 純粋な使命感から生まれるそのパワーを知った今、 わたしの手を通して暑いものがこみ上げてくる。
[PR]
by wappagamama | 2009-08-23 10:06

研修レク参加者 今日は締切日


 湯視協&ひまわりの会合同研修レクの、今日は参加申し込み締切日と成っている。

 それぞれのまとめ役担当者から、連絡が入るのが今日で最終。
もうすでに 数箇所(すうかしょ)からの、連絡が完了している。
現状報告では、出足は今一ってとこかな?…。


に つけても、最近の羽後町方面の会員さんの勢いと情熱は、会を重ねるごとに増して行く。

羽後町方面を一手に引き受けてくれていたSさんが、生憎と今回と二回続で、日程の都合がつかなかったため「out」

唯一マイカーで、数人の会員さんを一緒に送迎してくれている、ありがた~いサポート会員さん。
わたしたちのこの会にとっては、こんな形の応援者が今までいなかったため、その有り難さゆえに、マイブログにチョクチョク話題に登ってしまう。
決して「ドッコイショ」しているわけではないが、人情として自然に口に出てしまう。

Sさんが都合が悪ければ、羽後町の数人の会員さんたちは、参加できないことになる。
そこに表れてくれたのが、会員のHさんのご主人。
Hさんご夫妻の中睦まじい様子は、短いお付き合いの中にもチャントわたしにも伝わってきていた

今回もHさんのご主人の温情で、送迎していただけることに成っていたのだったが、これまた生憎と「迎」の方は出来るが、「送」の方が、時間の調整が取れなくなってしまったとのこと。

「さ~って? 困ったぞ?」
今 一番奇態してくれている羽後の会員さんたちがあぶない!…。

「じゃ 今回は 残念だけど仕方ないかな?…」という 雰囲気が蔓延しはじめていた。
「いや マテヨ 何かいい方法があるはずだ チョット待って?」と安心して頼める人を探してみるから。
と わたしはりっちゃんに電話し、事情を話した。
「わがった! 夕方まで待ってけれ? 手配するガラ」と心強い返事。
夕方 りっちゃんからの電話「柿崎さん 大丈夫だ! Gさんが行ってけるど」と安心・安全・確実を絵に描いたような最適な見方を選出してくれていた。

送迎の心配が解消され、羽後町方面の会員さんたちの笑顔が浮かぶ。
[PR]
by wappagamama | 2009-08-23 07:16

風邪は もう秋風…


つい先日、 秋を楽しむためにコスモスを植えようと思ったけど、もしかして 今からではもう遅いのかな?…

 とここまで書いたところで、植物園に問い合わせてみた。
市内の3軒の店のうち1軒にだけコスモスガ残っていた。

今が丁度夏の花から秋の花に変わる時期なので、商品はほとんど置いていないとのこと。
9月にはいれば、秋の草花が一杯入荷するとのこと。

 今年は草花を植えるのはやめようと、春先に決心したはずだったけど、とても寂しかった…。
あっ でも草花遊びを我慢したのもストレスになっていたなんてこと、こじつけかな?~体調が悪かったから、手入れも出来なかったかもしれないけど、
体調の良くないときほど好きな草花で癒されるメリットの方が大きいのではないかとつらつら考えてみた。エヘ

てな訳で?… 
私流の哲学をもって?… 
 今日は わたしの草花解禁日」にしよーっと」♪


 お盆が過ぎたら日没も早くなったけど、陽射しの日中でも風はもう秋風…。 
もう コスモスガ恋しい時期になっていたんだね…。
[PR]
by wappagamama | 2009-08-22 16:05

ひらまさ



   重さ4㎏
体調 50センチ

ド~ントデッカイ《ひらまさ》が我が家に届いた。

《ひらまさ》と聞いて何のことか分かった人ぉ~?


 わたしもはつおみみえ。
話には聞いていたけど、実際手にとって見るのははじめて。
すでに三枚下ろしに成って、本体とザッパトアラに分かれて冷凍保存状態でのその《ひらまさ》は、当然重さも大きさも実際よりかなり大きく感じた。

事前に 電話やメールで調理方法を聞いてはいたが、そのでっかさにさすがのわたしも物怖じしてしまった。
《ひらまさ》ならむ《新巻》だったら少しぐらい大きくとも簡単に捌けるのに、この《ひらまさ》にどうして物怖じしたかといえば、新巻のように塩引きしていないからである。


しかも本体は、生のままで刺身にして食べなさいとのこと。
問題はこれ?
一旦カチカチに冷凍してあるものを、包丁の刃が立つくらいに溶かして皮からはがし、策にシて刺身にしろというのか?…
困ったな~?
時間との戦いになるぞ タイミングの問題だ
コの大きな本体に包丁を入れようとしたら、シャーベット状になる前に捌いてしまわなければいけない。
これは大変な作業だぞ!
しかも出刃包丁も錆びているし?~

あらとざっぱは冷凍保存しておけば後でもなんとでも調理が出来るけど、問題は刺身。
出来るだけ新鮮なうちに捌いてしまわなければいけない。
そしてその他の本体は、甘から煮にして食べなさいとのこと。
ブリの甘から煮の要領で煮魚にする方法を、その道のプロに電話した。
そのプロのブリ大根の煮つけは、なんてったって絶品だ。

  そのプロ? 「なんとそれだば大変だ、おれがやってけるガラそのままにしておげ?」とさすがプロ! マい包丁を晒しに巻いて、マイちゃりんこで駆けつけてきてくれた。
 だが さすがのそのプロでさえも、その物体を見てビックリ!
「なえよ これ? なえんてゆうさがなよ!?」
はじめて見たというそのプロでさえも「あららら これだば なんとしてけだらえべ」

まだ カチカチのその本体が少し緩くなるまで、そのプロを治療ベッドに横に成ってもらい、先にそっちの方をわたしが捌くことにした。?

 まさにまな板の上のひらまさならぬ、ベッドの上の患者さんを捌くのはわたし。
持っている素材を充分に生かし、最高の状態にして召し上がっていただくという意味では、何か、あい通じるものがあるよではと思うのはおかしいだろうか?
(召し上がる という表現はちょっと危険思想の人から見れば誤解を招きかねないかもしれないがあくまでも健康的に解釈されたし)

約小一時間捌かれる方も捌く方も丁度いい感じになり、包丁を研ぐ音と共に、その作業は始まった。

 「ハイッ さはじだして?」と大皿に次々と並んでいく《ひらまさ》のさはじもりがあっという間に出来上がった。

続いて 甘から煮 最初魚を調理酒だけで煮立てた後に、砂糖・みりん・醤油・出し醤油を入れてコトコト…。


その間お茶っ子を飲みながらも、常にそのプロはガスにかかっている鍋から気持が離れない。


新盆で鹿児島に帰っていた、娘夫婦からの贈り物のその《ひらまさ》
鹿児島の実家の方ではお盆の時期になると、その《ひらまさ》を食べないとお盆が来ないといわれるほどのご馳走なのだとか…。
はまちやブリに似た味と触感ながら、それに勝る上等品なのだとか。
一度冷凍したにもかかわらず、あの刺身のおいしさはなんともいえない味わいだった。
採れた手の生だったらさぞかし?… と思わずごくんと生唾が出そう…。

 カマは 塩振り焼きにし、冷たいビールとの相性がいいこと いいこと ン~ン? たまんな~いっ


まだ半身 冷凍にしてあるので、食べたい人はこの指とまれ~!
[PR]
by wappagamama | 2009-08-21 19:29

やれやれ お盆も終わったね…


 長い冬が過ぎ、待ちわびた春が訪れ、桜の花が咲くまでの待ち遠しいこと 待ち遠しいこと…。
c0121604_16595147.jpg



  日本列島を桜前線が行き渡った頃になると、真夏の太陽が恋しくなり、そのころになると何故か 「も しこしで 盆来るな?」とそれを目標に過ごしているような気がする。


 今年のわたしの上半期は最悪だった。
桜の季節からお盆までの一番活動的な季節を、今思えばよく乗り越えたもんだと、自分で自分の頭を撫でてやりたい気分。


私生活と仕事はほとんど冬眠状態だった。
だけど 公的な方に関しては、みんなに応援して頂いたお陰で、何とかギリギリ乗り越えられたよウに思う。
遣り残したことの多かった今年のわたしだったが、それもそれで仕方の無い子とダッタカモシレナイとあきらめにも似た気持で、今は体調が復活した事の有難さの方が大きい。


フッと振り返ったとき「盆が過ぎだな?」と年間行事の大きな中間地点を通過した、という安堵感?
やれやれ 盆しぎだな?」の合言葉の陰には?…。
秋になれば、農家の人たちにとっては、稲刈りという大きな収穫祭が待っているが、農家でないわたしたちにとっては、次の大きな季節の区切りといえば?…。

 そう? 「あどは ゆぎふるのをまずだげだなや?…」ってことになる。
飛躍しすぎかな?…。エヘ


 でもでも 雪が降れば活動停止となる色んな事柄があるので、せめて これからの雪が降るまでの短い期間、あせらずゆっくりと充電しつつ、なおかつ平和に過ごしていけることが何よりのしあわせ…。

そうだ! コスモスを植えよう~っと
これから来る秋を楽しむために…
わたしの大好きなコスモスの花を…♪
[PR]
by wappagamama | 2009-08-20 15:24