<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

習慣福祉情報

-----------
福祉コラム


差別的表現の良し悪し
(美月 めぐみ)

 差別につながる言葉を「放送禁止用語」として扱い、そういった表現を避けようと
いう動きが始まってから久しいのですが、この考え方、賛否両論いろいろあるようで
す。
 この動きそのものは、私も大事なことだとは思っています。しかし、この動きを起
こした人たちの中には、行き過ぎだろうと思う程に「言葉狩り」をする向きもあるよ
うです。その結果、既に名作として知られている映画やテレビドラマの中の言葉まで
ほじくり出し、その部分を無音にするため、つじつまが合わなくなったり、わかりに
くくなったりすることが多々あります。
 その一方、無頓着なくせに妙にエリート気取りの若手脚本化が作り上げる小劇場系
の舞台の中では、古式ゆかしき表現をしたいのか何なのかわかりませんが、この現代
にはあり得ないような差別語を平気で使っていたりするケースも見られます。

 私はこう考えます。
 言葉は、それぞれの時代の象徴ですから、昔の作品まで穿り出して論い、「これは
差別語だからカットしろ」というのは、理不尽だし、作品そのものを損ねる行為だと
思うのです。特に、時代劇などにこのケースは多く見られます。むしろ、そんなふう
に表現されてきた歴史もあるのだということを、忘れないようにするためにも、消さ
ずに残しておくべきだと思います。
 最近、一つ良いケースの時代劇があって、「このドラマ中には、一部現代では不適
切と思われる表現が含まれていますが、当時の作品のまま再現しますのでご了承くだ
さい。」といった内容のテロップが出ていたそうです。しかし、これはさべつを受け
る側にある視覚障害者には伝わらないことなので、テロップと同時に音声でも挿入し
てもらえるとより良くなると思います。

 私は先天性の視覚障害者ですので、かれこれ45年ほど盲人をやっている、いわゆ
る「ベテラン盲人」ですから、もう何を言われても深く傷つくことはありませんが、
やはり「メクラ」などと言われるとさすがに良い気持ちはしません。ですから、そう
いった言葉を使わないようにしてもらうことは、歓迎すべき動きだとは思っているの
です。
だから、これから生み出されていく作品に関しては、きっちり表現を検討して使って
ほしいとは思っているのです。
 そんな中、先日、知り合いの役者が出ているコントを観にいったら、上にも述べた
ように、無頓着に差別表現を使っていて、ひやりとしました。もちろん私自信もあま
り良い気持ちではなかったけれど、他に障害を持っている観客がいたら、どんな気持
ちになるのだろうと思ったからです。このコントを書いていたのは、どうやら私より
少し下の世代の女性だったようなのですが、おそらく昭和初期の小説なども読むよう
なエリートさんなのではないかと推察しました。その頃の小説には往々にして差別語
が使われているのです。また、言葉としてだけでなく、異様に手の長い女というのを
出してきて、それをネタにして面白おかしく表現していたのも、なんだか居心地の悪
い感じがしました。せっかく全体的には面白いコント作品だったのに、なんだか後味
の悪い舞台になっていました。

 また、最近、私の大好きな「ハリー・ポッター・シリーズ」を書いたイギリスの作
家・J.K.ローリングさんが発表した「吟遊詩人ビードルの物語」の中に、ちょっ
とひっかかる表現が出てきて、これまたとても面白い作品なのに、嫌な感じを持った
ところがありました。
 一つは、ある怪物の描写として「盲目的に獰猛な」と表していたところ。もう一つ
は、ホグワーツ魔法魔術学校の問題教師が角が取れて穏やかになってきたという話の
ところで「手足が1本と半分しかないのでは大人しくならざるを得なかった」という
ような、面白さを演出するためだけとしか思えない蛇足分があったことです。後者に
関しては、私もうっかり吹き出してしまったのですが、これはもしかして、肢体不自
由の人が読んだら、ちょっと嫌な気持ちになるんじゃないかしらと、胸がキュッとし
ました。
 ローリングさんも私と同世代の人だし、翻訳者の松岡さんも言葉に敏感な人だと思
うのにと、ちょっと寂しく思いました。
 原文でどう書かれているのか、訳す段階で何かできなかったのかと考えていたら、
今朝はちょっと寝不足気味になってしまいました。

 「過去をありのままに認めながら反省し、今後を変えて(改善して)行く。」そん
な考え方が私は好きなのですが、皆さんはどう思われますか?
[PR]
by wappagamama | 2009-03-19 16:09

お気に入りのHPから…


 わたしのお気に入りのHPから抜粋してきました。
犬のしつけのプロであり、わたしがユーパスと出会うきっかけを作ってくださった方です。
わたしにとって 大きな影響力を与えていただいた方です。
その方が鍼治療をこんな状態で受けている事に、ちょっとした快感を味わっていると同時に、ぎっくりごしのお見舞いと、鍼治療の有効性を知らしめてくれたことへのお礼のつもりで、公表させて頂きました。
^^^ ここから貼り付け ^^^

■ 信頼するという言葉の重さ  2009年03月09日(月)

 軽いぎっくり腰と高をくくって「鍼しなさい」という助言を遮り、マッサージ治療だけで済ませようとしたのがいけなかった。
その夜中はベッドの中で身動きがとれず、少しの咳払いでも激痛が走り、救急車を呼ぼうかとまで考える悲惨な状況になった。
空が白み始めた4時頃からの2時間がとても長く感じられ、6時を過ぎた時点で枕もとの携帯をようやく手に持ちS治療院に電話を入れた。

「起きてるか?救急車呼ぶかそっちに行くか、どうすればいい?」
「おお、来れるんならすぐ来い!」
そんなやりとりがあって、決死の思いで起き上がった私はS治療院に向かった。

すると問答無用の鍼治療が始まった。
生来、そのような治療が苦手な私は懇願するように
「痛くする前に痛くならないような鍼麻酔をかければいいべや。プロだべ!」とわめき
その必死の叫びに応えるようにS先生は笑いながら治療を進めた。

ご存知だろうか?
現代医学ではぎっくり腰の治療など見た目では簡単なことを。
痛みを止め、筋肉を弛緩させる薬液を投与し、安静にすればそのうち治るというものである。

だが、S先生の考え方は違う。
『そもそもなぜぎっくり腰は起きるのか』に発し、そのきっかけは
・重いものを持った
・くしゃみをした
・ある時突然
であろうけど、その前に腰や背中に負担がかかり過ぎ、ぎっくり腰になる状況は整っていたと考えるべきであって、その身体の状態をそこそこ健全に立て直すのが治療である、というものである。

対症療法と根本治療において犬の訓練と相通じるものがあるではないか。

ともあれ私はS先生の治療法を選択したが。
「まだ、痛いべや。ちゃんと治せ!」と
私の訴えは痛烈である。

仮に犬の訓練を開始した数日後にそんなことを言われたら、私はキレてしまうかもしれないのに、S先生の鍼と揉みを体験すると身体全体が浄化されているように感じてしまうのがちょっと悔しくもあった。

人生いろんなことがある。
何を選択し、しないのかはそれまでの人間関係と経験によることが多い。

おかげさまで私は後悔しない人間関係を結ばせていただいており、ちょっと長引いたかもしれないけど腰の状態は回復へと向かっている。

(おだいじに~」
[PR]
by wappagamama | 2009-03-19 12:07

一本の電話その12(有難うユーパス」


 こうやって しあわせを一杯振りまいてくれたユーパスとの生活にも、5年9ヶ月で一旦ピリョードガ撃たれた。


 ところが、ユーパス亡き後からも、ユーパスに纏わる不思議な出来事や、偶然のめぐり合わせが続いて、更なるユーパスの偉大さを思い知らされる事になった。
そのことに付いては、当時コラムとして、連載で複数の方に送信した事がありました今回ユーパスの供養の意味で、再送信しようかなと、只今思案中。


あれから数年、Tさんの車には、ユーパスの匂いが染み付いていたと、ズーッと後で聞いた…
[PR]
by wappagamama | 2009-03-12 13:44

一本の電話その11「きずな」6



連日訪れる弔問客・連日届く花々にウモレて、ユーパスの遺影は凛々しく輝いていた。


ユーパスが我が家にやってきて、最初のホローアップで市内をあるいていたとき、熱いまなざしでそっと見守ってくれていた一人の女性。
その女性は愛犬を交通事故で失ってペットロス状態に成っていた時、目の前を通りかかった新米盲導犬と新米ユーザーの姿に心を奪われて、そっと物陰から見守ってくれていた。


 偶然にもその店へ、買い物に入ったわたしたちに驚いたその女性は、とても興奮している様子だった。
欲しいものの商品を繰り返し口にシテ入るものの、頭の中は目の前にいる盲導犬のことばかりのようだった。
少しでもその店にとどまってくれればいいという気持・一生懸命何か話をしようとしているその人の気持が、なんとなくこっけいであり、また親しみを感じた。
 店中に居た人々全員を巻き込みちょっとした騒ぎに成ってしまった。
ヤットの思い出目的を果たして店から出たときには、ホローアップの先生と、TBSテレビの取材陣もびっくりしていた。
そんなふうにして、湯沢の人々は犬好きの人が多いことを、いたるところで経験することとあい成った。


 その女性Nさんとは、ユーパスが取り持つ縁で、とても気の遭うお友達としてお付き合いがはじまった。
先ずは患者さんと也・そのうち買い物や食事のお付き合いをしていただいたり、そして、湯視協のボランティアとして、なくてはならない人と成っていた。


 ユーパスが天に召された事を、直接自分の口から伝えた人のなかの、彼女は一人だった。
それから彼女は、ほとんど毎日のように来てくれ、方々から届く祭壇のお花の並べ替えや、水遣りをしてくれた。
そうやって花に囲まれて3週間ほど過ぎた頃、「そろそろお鼻がしおれてきた頃でしょう」と遠くからもマタ新たに、花籠などがいくつも届いた。
Nさんのお陰で、ユーパスの祭壇はいつまでもきれいなお花で囲まれていた。


 そしてユーパスがお骨と成って札幌に帰る日も、朝から手作りの花束を作って駆けつけてくれた。
[PR]
by wappagamama | 2009-03-05 22:12

習慣福祉情報

題名 : 「週刊福祉情報」 第286号
差出人 : welfare-info@amedia.co.jp
宛先 : welfare-info@amedia.co.jp
受信日時 : 2009年 3月 5日(木曜) 18時24分

「週刊福祉情報」 第286号
2009年3月5日(木)
(株)アメディア:http://www.amedia.co.jp/


-----
◆前号の購読者数は、4588名でした。


-----
携帯電話用の配信も致します。
そちらの登録は↓
http://www.amedia.co.jp/fukusi/index.html



-----------
福祉コラム


食品サンプルとおままごと
(美月めぐみ)

 「百聞は一触にしかず」の話の続きみたいになります。

 先日、デリバリーのお寿司屋さんに行ったら、【ご自由にお持ち帰りください】と
書かれた食品サンプルがあったとかで、うちの合方が『蟹イクラ丼』『甘エビイカ丼
』と『煮帆立のにぎり』のサンプルを持って帰ってきました。
 容器はまさにデリバリー用の発泡スチロールっぽい物でしたが、蓋はなし。恐る恐
る触ってみると、何時間も置きっぱなしにして乾いちゃったみたいな感触の蟹とイク
ラがどっさり載ったご飯です。イクラは、本当にちょっとベタベタした感触なのに、
離した指はさらりとしていて何も付いていないのです。要するに、触った感じも、見
た感じ同様、かなり本物に近いイメージですが、明らかに作り物なのです。
 でも、にぎり寿司とは違って、普段丼物には触らない(触れない?)ので、全体の
レイアウトを直接的に把握できるこのサンプルは実に楽しいのです。そして、自分で
盛り付けをするときの参考にもなります。
 そういえば、ここ数年のアメディアフェアのときには、甲斐商店の甲斐さんが、様
々な食品サンプルを展示してくださって、私たち視覚障害者の人に自由に触らせてく
ださっていますが、やはり人気がある企画の一つになっているようです。

 ところで、先天性の視覚障害者の中には、お魚料理が苦手な人が多いようです。皆
、お刺身は大好きなのに、特に焼き魚になると、嫌な顔をします。
 それは、骨が邪魔で食べにくいというのが最大の原因になっているようなのです。
 斯く言う私も、本当はお魚が大好きなのに、人前できれいに食べられないからとい
う理由で、嫌いなふりをしていた時期がありました。
 でも、これってそうとうつまらない理由だと思うのです。お魚はとても美味しいし
、体にも良いのです。だから、なんとかして、素直に食べたいものです。
 それには、まずそれぞれの魚の特徴を知る必要があります。比較的小さいお魚はそ
のままバリバリ食べられる物もあります。開きで焼いてある物は、左手の指でそっと
端を押さえて、反対側の身をお箸で挟んで外側に引っ張ると、きれいに背骨から離れ
てくれて食べやすくなったりします。この食べ方で一番楽なのが、柳鰈(やなぎがれ
い)です。あまり生臭くないので、押さえるほうの指もそんなに臭いが付いたりしな
いし、身離れも良いのです。
 また、一緒にいる人に、食べにくそうかどうか聞いてみて、これは手に負えないと
判断したら、素直に選り分け作業をお願いしてしまうのもありだと思います。
 こんなふうに、魚自体の構造を理解するのに、視覚障害児が遊びながら学習できる
ようなおもちゃがあれば良いと思います。一般に売れるかどうか判断は難しいのです
が、20年以上前から小さな女の子たちの間で使われているおままごと『ままごとト
ントン』シリーズのように、食材が分解できて、またマジックテープでくっつけられ
るタイプの物の一つの形態として開発してもらって、盲学校の教材にするなど考えら
れないものでしょうか。お魚の身と骨が分けられるような物です。そうでなくても、
布の絵本の製作ボランティアの人たちに協力してもらうなどして、同種のおもちゃ教
材を作ってもらうと良いかもしれません。

 また、盲学校の卒業学年の特別授業に『テーブルマナー』というのがありました。
これも、実際にお皿の上のお肉を切ったり、パラポロと細かいミックスベジタブルを
フォークに載せたりして食べる前に、お皿の上のレイアウトを再現した食品サンプル
を教材にして、しっかり触らせたり、粘土やウレタンなどでステーキの感触に近い素
材を研究して、それをお皿の上で切る練習をさせたりしてみてはどうでしょうか。も
ったいなくない素材で何度も何度も繰り返し練習すれば、自力の食事範囲も広がると
思うのです。
 私はけっこう不器用な子だったので、お肉を切るのに夢中になっていると、付け合
せのベジタブルがテーブルの上に集団移動していたりして、大分苦労したものです。
 今では、かなりましな食べ方ができるようになり、ハンバーグのように切りやすい
物はしっかり自力でいただきますが、ステーキやソテーなどは一緒に食事している人
をはらはらさせないように、お願いして一口大に切ってもらうことが多いです。

 このように、「百聞は一触にしかず」は何事においても生かされることです。直接
触ってはいけない物を視覚障害児に理解・習得させるには、そういった工夫をどんど
ん取り入れていくことが大事だと思っています。

 などということをつらつら考えながら触って遊んでいたお寿司屋さんのサンプルは
、押入れの天袋の敷居にひっかけて飾っておくことにしました。あまり手の届くとこ
ろにあると、お腹が空いてしかたがありませんから。(笑)



-----------
「サポートグッズフェア2009春」
東京ヘレン・ケラー協会では、視覚障害者向けの機器や用具などを集めた展示会
「サポートグッズフェア2009春」を3月18日に開催します。
昨年、相次いで発表された携帯型デイジープレーヤーや各種拡大読書器、
便利なグッズに話題の新製品など一堂にご紹介。
商品の一部はその場で購入していただくこともできます。
また、いよいよ始まる裁判員制度について、
不安や疑問にお応えするための講演会「裁判員制度と視覚障害者」を
同時に開催します。入場は無料。この機会に是非お越しください。
http://www.thka.jp/goods_fair/2009_03.html



--- アメディアからのお知らせ ---
アメディア創立20周年記念キャンペーン第二弾!
フォーカストーク、ボイスサーフィンセットキャンペーン
フォーカストーク、ボイスサーフィンをセットにてご購入の方に特別価格にてご提供
セット価格49,500円(税込み)※通常価格 55,800円(税込み)
さらに、2009年のデイジーカレンダーもしくはスパルタイプの、
どちらかひとつをプレゼント!
実施期間:平成21年3月1日より5月31日ご注文もしくはお見積り分まで
http://www.amedia.co.jp/product/cam-page.htm




-------

下記の二つのブログで、掲載記事を募集しています。

福祉現場の声!当事者・福祉関係者からの伝言
http://yupeace.net/fukusi/

福祉・介護イベント
http://yupeace.net/event/

記事の投稿は、下記のページの入力フォームまたはこのメールへの返信でどうぞ。
福祉現場の声、情報投稿ページ
http://www.amedia.co.jp/fukusi/column.htm

イベント情報投稿ページ
http://www.amedia.co.jp/fukusi/event.html



----
ブログトピックス

 このコーナーでは、皆さんのブログで紹介された記事の中から、
私水野の心に留まった記事のURLを紹介させて頂きます。
 なお、ブログを募集しています。
 皆さんのブログをお教えいただければ、こちらのRSSに登録させて頂きます。


環境は人が創るもの
http://kagayaki.blog13.fc2.com/blog-entry-682.html

覚悟がプロフェッショナルを作り上げる
http://plaza.rakuten.co.jp/joyjoy/diary/200902260000/

重度障害者支援ネットワーク構築事業
http://plaza.rakuten.co.jp/kanocchi0623/diary/200903010000/

ColorAttendant(カラーアテンダント)
http://yuuka-k.blog.so-net.ne.jp/2009-03-01




------
マスコミトピックス
このコーナーでは、過去1週間の主だった福祉情報を紹介します。


難読専門用語を点訳しよう はり・きゅう辞書ソフトを開発
2009/3/5 47newsより
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030501000149.html


面接会:障害者も就職難 参加事業所、求人も半減--浜松 /静岡
2009/3/5 毎日新聞より
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20090305ddlk22100253000c.html


ユニバーサルデザイン きょうから冊子配りPR 世田谷区
2009/3/5 東京新聞より
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20090305/CK2009030502000112.html


全盲の音楽家 平塚の中学で体験披露
2009/3/5 読売新聞より
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20090305-OYT8T00170.htm


演歌歌手の清水博正さん、盲学校を巣立つ…最後の学生服姿
2009/3/3 読売新聞より
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090303-OYT1T00039.htm


一歩ずつ:中途視覚障害者/中 広がった「見える世界」
2009/3/3 ユニバーサロンより
http://mainichi.jp/universalon/clipping/news/20090303ddn041040008000c.html


刑務所に福祉支援を 元衆院議員山本さん講演
2009/3/2 大阪日日新聞より
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/090302/20090302032.html


障害あっても南極点制覇、世界初 スペイン人3人が自力で達成
2009/3/2 AFPBB Newsより
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2577438/3872116


大分合同新聞賞 宇佐小、市長に報告
2009/3/2 大分合同新聞より
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_123595395825.html


伴走者とともに力走 視覚障害者京都マラソン
2009/3/1 京都新聞より
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009030100105&genre=K1&area=K00


点字と墨字 /秋田
2009/3/1 毎日新聞より
http://mainichi.jp/area/akita/eye/news/20090301ddlk05070038000c.html



---
「ストレングスモデル―精神障害者のためのケースマネジメント」
精神障害者の地域支援に大きく舵をとって久しい日本の現状において、
本書は個人と地域の潜在力を見出し開放するリカバリー志向の実践が、
クライエント・支援者双方にとっていかに創造的であるかを、
多くの事例を通して伝えてくれる。「本物の」地域支援を志向し、
精神障害者のリカバリーの旅に同行するすべての支援者必携の実践書。
http://tinyurl.com/be3tw9


--
週刊福祉情報紹介図書
http://www.amedia.co.jp/fukusi/books.htm

週刊福祉情報紹介機器
http://www.amedia.co.jp/fukusi/kiki.html

週刊福祉情報紹介CD
http://www.amedia.co.jp/fukusi/cd.html

週刊福祉情報紹介software
http://www.amedia.co.jp/fukusi/software.htm



---
過去記事はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000112477



----
発行日 :2009年3月5日
リサーチ&編集担当:水野憲一
発行責任者:望月優
発行元 :株式会社アメディア
〒169-0051 
東京都新宿区西早稲田2-15-10西早稲田関口ビル3F
電話番号 :03-5286-7511
FAX番号 :03-5286-2567
営業時間 :9:15~17:00(平日)
i-モードサイト:http://www.amedia.co.jp/i-mode/
視覚障害者の情報文化を紹介する「アメディアレポート」
http://www.amedia.co.jp/melmaga/amerepo/index.htm
ウェブアクセシビリティ入門↓
http://www.amedia.co.jp/melmaga/webaccess/index.htm
---
購読の解除は↓
http://www.amedia.co.jp/fukusi/

週刊福祉情報のバックナンバー
http://blog.mag2.com/m/log/0000112477/
[PR]
by wappagamama | 2009-03-05 20:26

一本の電話その10「きずな」5

c0121604_2033278.jpg


その日の 夜明け前、わたしの腕の中でユーパスの命のともしびは、静かに消えた。

信じがたい現実に、なすすべを失っていたが、たった一日半の闘病の証となった、下半身に血液がべっとりと付着していた。
どんなにか苦しかったろう、こんな状態にもかかわらず、最後まで自力でおしっこをしに行ったユーパス。


蒸しタオルで体をきれいに拭いてあげていルときに、いつも一緒に秋田までSTTをやりに行っていた、Kさんが息せき切って転がり込んできた。 突然のできごとに、信じられない様子で、ユーパスを抱きかかえながら号泣している。ナリフリかまわず男泣きしている。でもこれはこのKさんが最初で、訃報を聞いた人がこの後次々と駆け込んできてくれた。


ティッシュボックスが部屋のそこここに…。
誰もが手放しで号泣している。
それを見ていたわたしは、「なんてユーパスは幸せな子だろう」と、これほどまでにみんなに愛されていたユーパスの偉大さに、悲しんでいる場合じゃないと勇気ずけられた。
泣きじゃくった後みんな異句同音にこう言った「肉親が死んでもこれほど素直に泣けるだろうか?」と…。
まさに私自身もそう思った。
もしも わたしが死んでも、これほどの人が悲しんでくれるとは絶対に思えない。
純粋で・健気で・社交的なユーパスの存在は、何者にも変えがたいみんなのアイドルだったことを、改めて確信した。


 それぞれとんぼ返りをしてきた子供たちが、家に着いたときには、もうすでに、Tさん・りっちゃんそのほか数名の人たちがいてくれた。みんな目を晴らして鼻水をグスグスすすっている。
先に帰ってきた息子は、ユーパスの姿にこみ上げる涙を抑えきれなく、スグに二回へ上がっていった。
その後帰ってきた娘も、ひとしきり泣いた後、「なんでこんなに人がいるの」と家の様子にびっくりしたとのこと。


何もかもはじめての経験なので、何をどうすればよいか分からない。
でもそこはTさんとりっちゃん、息子も娘もどんなにか心強かった事か。
このことがきっかけとなって、ここでまた、みんなと子供たちとの、新しいきずなが
生まれた。
そのきずなは今もなお深く繋がっている。
このごにおいてもユーパスはわたしたち親子に素晴らしいお土産を造ってくれている。


人間よりむしろ動物の方が好きだという、御寺の和尚さんを紹介してもらって、火葬が、ビックリするほど厳かに行なわれた。
そして ここでも こんなにも多くの人が、ユーパスとのお別れを惜しんでくれるとは…。

 その後のユーパスの遺影は、信じられないほどの沢山のお花と御供物で包まれた。
[PR]
by wappagamama | 2009-03-01 20:05