<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

一本の電話


 今朝10時頃、我が家の固定電話の、電話を知らせるメロディーが鳴った。

 患者さんからの予約の電話かと思い、いつもの営業スマイルで受話器を取った。
案の定聞きなれた常連患者のTさんからだった。
「モシモシ 柿崎さん 風邪ひいだっちけしゃ?」
「あ ううう? うだ」と生返事も終わるか終わらないうちに、
「あのよな? ひぎはじめのうじにチャント治してけれな?!」
「Kさんもうだったように 今の風邪はひとつぎもかかるちけがら、ひぎはじめのうじに 無理しにゃでチャント直してけれな!?」何とやさしいことばと嬉しがらせて喜ばせてその気になって聞いていたら、更に間髪を入れずにことばは続く。
「あのよな? これはよ? 決して柿崎さんのごどしんぴゃしてゆってるなでにゃがらな?」ときた。
尚も駄目押しに「柿崎さんに倒れられるど みんなが困るガラゆってるなだど?」ときたもんだ。


 そう 確かに今現在手が離せない・目が離せない患者さんが多くなってきている。
考えてみればそのいずれの患者さんは全てその電話の主であるTさんの紹介の患者さんがほとんど。
しかもそのいずれの患者さんたちも今現在大切な時期を乗り越えなければイけナイ方たちである。
その電話の主のTさんもしかり。
Tさん 最後にいったことばが「風邪がチャント治ったら おれどさ電話けれ?」とのこと。
これは勿論自分が治療に来たいと言う意味もあろうが、実際はその周りの人たちのことも考えてのことなのである。
周囲の人たちの状況や体調も良く把握してくれているTさんは、その状況に応じて情報を流してくれているようだ。



このTさんとは 過去にこんなやり取りが何回かあった。
そのいずれも、わたしが体調を崩して、仕事を休まなければいけなくなったときである。
わたしを信用して患者さんを紹介してくれていただいていることは、この上ないしあわせである。
ところが、わたしにそんなことばを言われる前に決まって Tさんはこうゆう
おらは どごがいでどごあるひとさは ラグに成ってもらいでガラその人のためにいってるなだよ、自分でやってもらってえがらゆってるだげだよ」
「柿崎さんさ おぎゃぐさん 増やしてけるどってやってるなでにゃがら、そごのどごろは間違がわにゃでけれな!」といつもケロッと言い切る。


 我が治療院の患者さんたちの中でもそのTさんの息のかかった患者さんたちのことを、わたしは「J・Jファミリー」と呼んでいる。
そのJ・Jファミリーのどの方もわたしにとってはただの患者さんではない。
その何方も患者と施術者の関係を通り越した大切な大切な無くてはならない大切な絆で結ばれているといえば、生意気に鳴るかもしれないが、ほんとうに大切な患者さんたちである。

 
[PR]
by wappagamama | 2009-02-09 01:18

どっか旅行したーい


 お気に入りのブログや・HPを見ていたら、あっちこっちへ旅行したお話しが出ていた

 それは 写真添付のものが主流だったり・文章のみでの紹介だったり様々だが、いずれにしてもそのどちらからも楽しそうな様子が伝わってくる。


南国のお花畑への、お気楽な一人旅立ったり、北国の温泉場での和気藹々のほのかな旅だったりと、音声で流れるその様子にわたしの頭の中にはその場面が一瞬一瞬スクリーン化される


そのどちらの方もまだ私が視力が残っているうちから存じている方なので、その時々の表情や仕草さえも鮮明に表れる。
勿論 文章中の説明やことばから周りの光景や色彩さえも勝手にスクリーンと成って表れている。
 でも  不思議な事に、わたしが視力を失ってから出会った方の映像も、何の違和感も無く自然に映し出されるのは何故なのだろう。


様々な情報ノ中でも視覚器からの情報が一番大きいといわれている。
だが その一番大事な情報網が失われた今、残されたほかの情報網が、フルに活用されるらしく、イメージしたものが脳神経の視覚野にスクリーンとして映し出されるのかもしれない。


 でも これは あくまでも、他の感覚器で縁に触れたもので無ければいけない。
だから、他の人のブログを聞いたり・HPを聞いたりして、イメージを膨らませ、そして さらにその中から、自分もそこへ行って見たいな~?となるのです。
なんだか今日も、訳のわからないことばっかりいっていますが、要するに、どっかへ旅行したいな~! ッてことです。


 5月には京都へ行く予定をしていますが、当初より希望者が多いため、貸し切りバスになるかもしれないとの情報。
京都までバス旅行は私は無理。
バスに弱い私はJRか飛行機でなければ行けなーいっ
神様お願~い  JRコースも作ってください。

今は どっかの温泉にユックリ浸かりたい。
エルモとふたりっきりでのんびりしたい。
でもそんな簡単なことが一番難しいんです。
[PR]
by wappagamama | 2009-02-05 15:53

あんなにデッカイとは知らなかった恵方巻き


 恵方巻きが、あんなに大きいものだとは知らなかったわたし。

 牛の焼肉巻き・ひれかつ巻き・海鮮巻き・ゴボーサラダ巻き・そして、2本入り・3本入り・4本入りなどとつらつら読み上げているチラシの内容。
大きさも様々なのだろうと思っていた。
聞けばどれも全部食べてみたい。
その大きさと値段もろくに聞かずに、「今読み上げてくれたものを全部買ってきて」とヘルパーさんに頼んだ。


 買い物から帰ってきたヘルパーさん。「これ何日分の買い物よ?」とへんなことをゆうひとだなー?と思ったが、次の仕事があったのでその場で買い物を確認をしないでしまった。


 後からそれを見てビックリ!
一枚の海苔で作った丸ごとの海苔巻き!
「えっ? これが恵方巻きってゆうの!」
これを丸ごと一騎食い白ってゆうの!
「冗談でしょ?」と目が点になってしまった。
しかもそんなでかいのが丸ごと4本も?


 チラシを読んでもらっていたときは、手巻き寿司を少し大きくしたようなものなのかな?と思っていた。
もともとそれ系のものが大好きな私は、何の疑いも泣く4種類頼んだのだった。
当然ヘルパーさんは、わたしが恵方巻きについての認識が誤っているなどとは知るよしもなく、言われるままに素直に買って来てくれたのだろう?と思うしかない。
それにしても、二人家族なのにこんなでっかいのを4本も食べるのだろうかと不思議に思わなかったものかとそっちのほうも不思議だ。


 ま でもそこんとこを追求する事になると、やだらに疲れるので無視していることが一番だと数々の経験から、そう 到達したのである。
ここんとこちょっと風邪気味で食欲がないのに、あの黒い物体のいまいましいこと…。
いくら 大好きだとはいえ、いい加減胸やけがしそう
さいわい昨日お得意患者さんに一本もらっていただこうと思ったが、一人暮らしだからと半分だけもらってくれた。 ありがたいこった
[PR]
by wappagamama | 2009-02-04 21:25

ワ~イッ ボクは豆拾い


 夕べは我が家でも豆まきをしました。

玄関の戸を開けて、外へまずは第一声。
「鬼は~外」
次は家の中で「福は~内」
続いて「かあさんのしゃみこぎ鬼は~外」
ついでに「にいさんの しゃみこぎ鬼も外~」
最後に「エルちゃんのしゃみごぎ鬼も外へでてけ~!」
「あれっ ? おっかしいな~? エルちゃんは好きでしゃみこいでるわけではないのに~? そんなのずるいよ~?
でもでも なんだか訳がわからないけど、かあさんもにいさんも楽しそうに笑っているから、ボクはピーナツ
を拾って食べても怒られないかもね? (^^♪」


それでも、治療室の方へは入っていかないエルちゃん。
「いいよ 今日は特別だから拾って来てもいいよ」といっても敷居のところで止まっているエルちゃん。
ほんとうに斟酌なエルちゃん。
でも自分で拾ったピーナツは、殻ごと食べちゃったけど、にいさんもかあさんもチャント殻を剥いてくれました。
[PR]
by wappagamama | 2009-02-04 19:32