<   2008年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

1年間お世話になりました みなさんどうぞよいお年をお迎えクダサ~い


 只今 今年最後の患者さんがお帰りになりました。

11月・12月全般と我が治療院は、カンコ鳥のカラオケタイカイのほうが忙しくて、年を越せるのだろうかとチョット心配していました。
ところが、12月に入り、ボチボチ客足が伸びてきて、「年末年始のお休みは何日?」と休みを気にしてくれる患者さんが多くなっていました。


 前回でも書いたように、今年の年末年始は何もしないでせやみこぎを決め込もうと思っていたので、主婦としては何も忙しくないことだし、つい「年中無休」と言っていました。
「わたしが家にいるときはいつでもいいですよ、とりあえず電話ください」と伝えていたので、こんな時間まで働いてしまいました。
お陰さまで なんとか年を越せそうです。(ふふ)
「患者様は神様です」


 しかも 正月の準備は何もしないことにしたの」と話していたので、ここ10日くらいの間に、お供え物が連日届いた!
それは泥付き野菜からお餅まで。
今日最後の患者さんは手作り御節せっと、はたはた、鯉のあまになどなど。
もう ほとんど年越しの準備は揃ってしまった。
あとは 納豆汁を作れば完璧。
夕べっから塩抜きをしていた雑きのこと芋の子を入れて、これから納豆汁を作りま~す。

 みなさんどうぞ よいお年をお迎えクダサ~い。
[PR]
by wappagamama | 2008-12-31 17:09

記事が301軒に達成しました


 ここしばらくマイブログの更新のペースが落ちていました。

そうなると  せっかく獲得した訪問者数も、がた落ち。
それ以上にかなしいのは、書き込み数の少なくなった事。
ブログに対するわたしの意欲が失われていけば、必然的に 読んでくれている方へも伝わっているんだろうなーと、認めざるを得ない。


 せめて 最終月の12月くらいは少し頑張らなきゃ、って意識していたら、昨日の記事で、丁度300件に達成していました。
なので 今日のこの記事は301件目です。
偶然にも 年内に一区切り達成できたような気がして、なんとなくホッとしています。


年越しの準備は、極力ごまかそうとしていたけど、ブログの投稿はやりはじめたら調子が出てきました。
調子が出てくると、日常の何気ないことでも、脳神経を刺激し、オールカラーで映像になるのです。
これは「チレジ」かなー?


 やっぱり 人間 使わないで居ると急激に退化しちゃうのかもしれない、って 最近つくづくそう思う。 
出来るだけ退化しないように、刺激を与えてあげなきゃ…。
そうゆう意味でも、ブログ作成は絶好のリハビリ!
みなさんに応援していただいて、今後とも頑張ります。

 
[PR]
by wappagamama | 2008-12-28 12:42

この冬はじめての流雪溝の開門


 昨日から吹き荒れている吹雪が、結構積もったらしく、「流雪溝の水が4時から流れます」とお知らせがきた。

この冬はじめての流雪溝の水門が開けられた。
となると、とたんに頼りになるのが我が家の同居人。
他の事は中々動いてくれないので、やきもきさせられっぱなしだけど、雪のこととなると人が変わる。(笑い)


一人暮らしのお年寄りの家や、立派だけど古ーい建物や、空き家の多いこの道並み。
朝晩高校生の通学以外は、ほとんど人通りのないこの道筋。
だが 一旦流雪溝の時間帯になると、何処にこんな人が住んでいたんだろうと思うほど、人が溢れ出てくる。 
しかも、水の流れている時間は町内ごとに区切られていて、ここの路地は30分単位。
30分で全部流してやらなければいけないので、時間の30分前までにはそれぞれの家の周りから、雪を集めて積んでおく作業があるので、これまた大変。


だが  必ずしもそこの家の家族がその作業をしているとは限らない。
上記のように、その作業が出来ない住人も沢山居る。
となると、そんなお宅は人頼みをしなければいけない。
それが、シルバー人材センターだったり、近くに住む家族や知人だったり・と頼まれている方も、複数軒から頼まれているので、大変。


 冬の盛りになると、積雪量もはんぱじゃない。
防火・防災のめんからも重大な問題が発生してくる。
そうなると当然行政サイドからの働きかけなしでは、大変な事になる。


 そうゆう意味では我が家の同居人の存在はなんとありがたいことか…。
[PR]
by wappagamama | 2008-12-27 17:05

年越しを迎える準備


 今年は手抜き 手抜きとお題目を唱えながら、極力せやみこぎを決め込もうと思っていた。


 おせちもロイヤルに頼んだし、息子とふたりで迎えるお正月も、今年で2回目。
去年は、ハタハタ寿司も作り、おせちもそれなりに作った。
ここ数年 町に買い物に出かけていないので、脳細胞が退化して、想像力が働かない。
いつもやっていたこと、毎年やっていたことなのに、なんとなく面倒くさい。


 町へ出かけたり、スーパーへ行ったりすれば、少しはイメージが沸いてくるのかもしれないが、
視覚から受ける刺激が無くなってもう長い。
脳神経の視覚野が退化してよどんでいるような感じがする。


 とそんな時、玄関に聞き覚えのアル声がした。
毎年この時期になると声をかけてくれる人の声。
「包丁研ぎの御用はにゃがったんしぎゃ?」
そう お盆の頃と年末の時期に来てくれるとうさんだった。
「でごなます・ごんぼ切りにほうじょっこの刃、 大丈夫だんしぎゃ?」と…。


 2日前に頼んだ包丁、5丁。
出刃 一丁、菜っきり 4兆、今日研ぎあがってきた。
その包丁の刃を、親指の腹で触ると、研ぐ前とは全然違う。
そりゃ当然! 年季の入ったプロのしごとだもんね~?」
熟したトマトでも、スっと 切れ味抜群。
 これで 大根なますを作れば、超気持いい! だろうな~…?


とまぁ 年末恒例の包丁研ぎができたので、今年はこれで満足?…。
やることはやったー! ってがー
お後が宜しいようで…。
[PR]
by wappagamama | 2008-12-27 15:31

エルちゃんは 湯沢名物地吹雪が大 大大好き~っ


「さ エルちゃんオシッコだよ」

自分から 催促することもなく、こっちから促されればこそ、すっくと立ってわたしの足元に「ヒール」をして、尻尾を振っているエルモ。


 ガスにビーフシチューを仕掛けたまま、一旦手を止めて、エルモのオシッコタイム。
エルモのお知りに、便袋をセットするときの、一連の所作をエルモはチャントわきまえている。
ベルトに袋をセットし、「ハイ おしり」というと、クルットわたしの方にお尻を向ける。
「オ~ォ! いい子いい子! エルちゃんのお尻はな~んて可愛いんでしょ?!」とべた褒めすると、今度は思いっきり尻尾を振って、私に返事を返してくれる。
この一連の所作を、一日に4・5回、あきもせず365日よくやっていられるもんだ!(うふふ)
ここまでは 365日一緒。
次の場面が春夏秋冬、それぞれ全く異なる。
 玄関のガラス戸を開けたら、その世界は一変する。


 ガラス戸に手をかけたら、その戸がいつもよりチョット重い。
「アレッ 何か引っかかっているかな?」と思ったが、戸が開いたとたん、ものすごい風!
顔に雪混じりの強い風邪が吹き付けてきた。
「ウワ~ッ ! すごい吹雪!」と悲鳴にも似た声をあげたら、エルモが不思議そうにしながらも、わたしがはしゃいでいると思ったのか、エルモも風に向ってはしゃぎだした。
そのすごい吹雪にむかって、大きく深呼吸をし、尻尾を振っている。
そう エルモは湯沢名物地吹雪が大の大の大好きなんです!
「エルモ いいよ」許可をもらったエルモは、おしっこもそっちのけで、吹いて来る風の方向にむかって、飛び跳ねるようにして大覇者議しているのです。


排便も済ませ、ひと遊びし、家の中へ戻ったら、ビーフシチューのいいにおいが充満していました。
「ふ~ん しあわせ~」
[PR]
by wappagamama | 2008-12-26 20:48

湯沢名物 地吹雪襲来!


  最近の天気予報は良く当たる。

予報どうり夕べっから暴風が吹き荒れて、窓の囲いがガタガタいってる。
トイレに通じるドアが、ひとりでパタンと音を立ててあいたり締まったりしている。
それは さほど大きな音ではないが、そんな小さな物音でも、エルモはいちいちビックリしている。

 今もそとは、ゴーゴー 風の音。
温風ヒーターの前から聞こえる、エルモの寝息。
横なぶりの地吹雪が吹き荒れている、窓の外。
雪は出来るだけ降らない方がいいに決まっているけど、でも いっそ こんなふうになってしまうと、それまたそれでなんとなくユックリした感じがするのは何故だろう?。

 あまっけの多い雪がボタボタ降っているときは、エルモのオシッコタイムも、ヤバッチイー
いくら寒くとも、地吹雪に成っても、いっそ 雪に包まれてしまった方が、落ち着く。
雪国で生まれて育ったわたしだからなのかな~?
でもでも お願いだから、あんまりいっぱいは降らないで~?!
[PR]
by wappagamama | 2008-12-26 16:40

ポッカポッカのeve…


昨日のeveはポッカポッカの良いお天気。
クリスチャンでもないのに、ちょっとしゃれてワインで乾杯。
エルちゃんにも、大好きなリンゴとガムのおやつ。

 そして今日Xmas。
先ごろからしとしとと小雨がぱらついている。
予報によれば、今晩あたりから寒気団が襲ってくるとか。
今晩はwhite Xmasニなるのかなー。

 上着なしのトレーナーだけで、外をぶらぶらしても気持ちよかった、ポッカポッカのお日さまの昨日。
今晩あたりは毛布を一枚重ねないと寒いかもしれない。
こんな風に気温差が激しいと、風邪引きさんが多くなる。
来院する患者さんたちに移される事は、ほとんどないが、自分の不注意で引かないように、せめて対策しなきゃ。


     ☆ わたしの風邪予防法・疲労改善法☆
にんにくを一個(つぶ)ほんの数秒レンジでチンして、そのまま口へポイ!
チンしてあるので、匂いはほとんど残らない。
[PR]
by wappagamama | 2008-12-25 13:15

ドガログが消えてしまう~っ!


 苦労して作ったドガログが消えてしまう!

今年の5月、札幌へ行って教えていただいた、ドガログのやり方。
とはいっても、1から10までぜ~んぶ人頼み!
それでもやりたくて、なんとかかんとか投稿していたのに…。
ショック! ショック! ショック!


 撮影も・投稿も・マイブログへの貼り付けも 全て周囲の人たちにやってもらっていたのに…。
マイブログに貼り付けしていた、動画も全て消えてしまう!
ここまでやるにはそれ相当の苦労があった。
なのに・なのに・なのに…
これからどうすればいいの~?
誰か教えて~?!!!


 
[PR]
by wappagamama | 2008-12-24 00:17

やっぱり買ってしまいました


 やっぱり買ってしまいました。

 今年は草花・植木鉢類を極力増やさないようにと心がけてきた。
鉢を並べて置く壇も、つい最近やっと物置に片付けてもらったばっかし。
何回も雪に降られて、根雪にならないうちにしまってもらいたいと気が気ではない。
春になれば物置から出して、雪が降る前にまた物置にしまうということを10年近く繰り返してきた。
その壇はわたしひとりでは運べないほどの大きさ。
しかも、その物置のシャッターが古くなってしまって、女の細腕では開けない。
なので 毎年ヘルパーさんに手伝ってもらってやっていた。


こんなに苦労しても、やはり春になると草花が欲しくなる。
ヘルパーさんに買ってもらったり、シルバー人材に頼んだり・植物園に直接頼んで、プランターに十数個も植えてきてもらっていた。
手入れや・水遣りもキチントできないくせに、それでもやっぱり草花が欲しい。


 自然の景色や・美しい草花を、視力で確認できない分、せめて自分の手元で自由になるものだけでも、自由に楽しみたい、というおもいがそうさせているのだと思う。
自分で管理が出来ないのだから、人の手を煩わさなければいけないのだから、もう やめようと、しまうときになればいつもそう思う。


 でもほとんど病気に近いのかも…。
興味のない人から見ればそう見えるかもしれない。
狭い家の中に、寒さに弱い草花を並べてある。
狭い家が、ますます狭くなっている。
にもかかわらず、やっぱいマタ買ってしまった。
クリスマスなのに、クリスマスだから、とポインセチアを買ってしまった。
ヘルパーさん、残り3鉢残っていたポインセチアが半額だったからと、デッカイポインセチアを買ってきてくれた。
でもなんだか 葉っぱがしおれている。
還元水をかけておいてみたが、時間が経つにしたがって、その葉っぱはモット垂れ下がっていく。

 明日まで元気に成ってくれればいいけどなー…。
[PR]
by wappagamama | 2008-12-23 16:29

エルモに気付かされた話その4



 健康のためだからとか、STT大すきだからなどとかっこつけても、結局負けが込んでくると、大好きなものですら好きでなくなってしまう。
そうやって ここ1・2年STT意欲を失ってしまっていたわたし。


 そして 今年は色々会って体調も崩し、ますますSTTの魅力を見失っていった
先頃の恒例の選抜湯沢大会にさえ、ただの一度も練習することなく試合に臨んだのだった。
一か八か今更ジタバタしても自分にみっともないし、どうせならのるかそるかだと腹はくくっていた。(な~んちゃって? (T_T))


 立場上とはいえ湯沢大会の雰囲気の中でSTTの楽しさを再確認できた。
それは地域ボランテァさんたちの熱意が、わたしのこころを揺り動かしてくれたのだと思う。
とそれからもうひとつ、大事なことに気付いた。
エルモがあれほど大嫌いだったあの道。
最近そこを通る耽美に、いつの間にかその卓球へ続く道に入っているのである。
この前もまさかとおもうほどの微妙な感じで、卓球へ続く道に入ってしまったのを気付かないでいたのだった。
おもえば そんなことが何回かあった。
「そうだ! エルモが教えてくれたんだ」「かあさん卓球をやろうよ」と…。
[PR]
by wappagamama | 2008-12-20 15:29