<   2007年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お知らせ

ボク!盲導犬エルモは わっぱがママを誘導し
2007 初夏! 東京ツアー
に 来ております
しばらくの間 ブログの投稿はお休みさせていただきまぁ~す
c0121604_16321558.jpg


秋田に帰ったら いっぱい投稿するから 楽しみにね!

母さんは 草履作りに夢中で 出かけるつもりはないみたい・・・
しょっちゃんみたいに 仕上げにカミカミ手伝います
c0121604_16374655.jpg


でも せっかく 東京に来たのにぃーーーー!!!
[PR]
by wappagamama | 2007-06-27 16:41

鳥海山からの贈り物


鳥海山登山では晴天のもと、大自然を思い存分満喫し、友人たちの熱い思いを全身で受け止められた一日でした。
これだけでも鳥海山から頂いた贈り物はこの上ないすばらしいぜいたくなものだと思っていました。
エルモもわたしも思っていたより疲れもなく翌日から平常通り営業することが出来ました。

 登山から帰った後、筋肉痛の予防のため、整理体操を入念に行い軽く鍼灸治療を施し、仕事に支障をきたさないようにと万全を期したつもりだった。
おはようございますと朝一の患者さん、「アラ~ッ しぇんしぇ~っ(こうゆう呼ばれ方をすることはめったにないんですけど、固有名詞代わりに使わせていただきます、あしからづ) どごさいってきたんしぎゃ?~? まんづぃ えぐ日にやげだんしごどぉ~?」わたしは「エッ!? うっそ? ほんと? やっぱりぃ~?」と信じたくない事実を突きつけられてしまった。
日焼けは極力抑えたいと最新の努力をしたのに…
日焼け止めクリームを何重にも塗ったくって、ツバノ広い帽子をかぶって…
でも他のアスリートたちは、日焼けなどには全く無頓着!
温泉に入ったとき、腕時計の跡がくっきりついた!とさも自慢げなアスリート? あわててわたしのは?と腕を突き出したら「なぁんもだ! しとっちも焼けでにゃ!」「ア~ えがった~?」ヤッパリ日焼け止めは効くんだ~とホッと一安心していたのに…
日焼けに関する意識レベルがわたしとアスリートたちとはジェンジェ~ンちがっていたんだ。

 毎年毎年無駄な抵抗をして入るが、わたしは体質的にメラニン色素がチョット人より多いらしく、日に焼けると赤くならないで直ぐに黒く吸収してしまう、という悩みがアル。
年を取ってからの日焼けは染みになるからと思ってはいるが、何せここしばらく 自分の顔を見たことがない。
なので自分の顔には責任がもてない! わらい
いくつに成っても自分の顔がどんなんだろう? 姿かたちはどうなんだろう? 人から見たらどんな風に見えているんだろう?などと考えている自分が居ることにフッと気が付くときがあります。

 日焼けをしたくない理由はもうひとつあります。
治療かとして患者さんの肌に直接触れます。そして、鍼を持つ手ができたら柔らかく白くてきれいな手でありたいという願望があります。
患者さんの中には治療が終わった後、決まって「もうしわげにゃんしども チョットしぇんしぇの手みせでもらえにゃんしべぎゃ?」と そして「ホントに不思議な手だんしなぁ~?」と握ったり押したりしながらしきりに寒心している人もいる。
ともあれ 願望である白い手からは遠ざかってしまったが、鳥海山のパワーを貰って気が充実したわたしは、患者さんとの会話も弾んでいます。
[PR]
by wappagamama | 2007-06-22 23:02

ワ~ッイ! 鳥海山に登ってきたよ~!

昨日は3年ぶりで鳥海山に昇ってきました! 
c0121604_21253721.jpg

エルモは初めてです。 暑さに弱いこなので、心配しましたが なんのなんの無駄な取り越し苦労でした。  ハーネスを外したエルモは、自然の中で自由に飛び回ってきました

鳥海山は険しい山道なので初心者には難しいと言われています。今年は展望台より更に上に登ってみましたが、さすがです、斜度も険しく、足元はごつごつした岩や石の不規則な狭い山道!到底エルモの誘導では無理です。
c0121604_2126767.jpg


エルモはりっちゃんと、わたしはみなちゃんとそして、アスリートのAさんがわたしの前後にピッタシ付き添って、イザというときに備えてサポートしてくれていました。怪我のない様にとの気配りだけでも大変なことなのに周りの風景や高山植物・珍しい樹木などの説明、そして触らせてくれたりとそのサポート振りは、回を重ねるごとに、わたしでさえ寒心させられルコと仕切りです。
(アレッ こんな言い回しはチョット生意気かな?」
c0121604_21263823.jpg


昨日は雲ひとつない素晴らしい晴天で、周りの山々もくっきりと映えていたと感歎の声しきりでした。

現地採集した竹の子汁で食べたおにぎりはどんな高級なディナーよりも最高のご馳走でした。
竹の子を剥いてる手元をエルモは目を離さず、「今日はトクベツねと… ゆーちゃんもおいしそうにコリコリたべたっけな~」と思い出話に花が咲いたり…。
c0121604_21271491.jpg

残雪ではAさんとはしゃぎまわるエルモでした。
c0121604_21273421.jpg

c0121604_21275455.jpg


あんなにもすばらしい大自然を丸ごと独り占め! あんなにも素晴らしいサポーターさんたちを丸ごと独り占め!
昨年皇太子殿下の登られたコースと同じ、でもでもある意味わたしの方がズーッともったいなくもありがたくも、そしてとても贅沢な時間を過ごすことができました。
みなちゃん今日はダウンしていませんか? 途中の温泉では汗を流して裸の付き合い。エルモにダニが食いついていたらかわいそうだと、本荘のAさんの自宅によって、今度はエルモのシャンプーをしてくれた。イチから十まで至れり尽くせり! 最高の一日でした。
c0121604_21282957.jpg

[PR]
by wappagamama | 2007-06-19 18:44

盲導犬キャンペーン活動


昨日土曜日は、エルモとふたりで秋田に行ってきました。
家を出発して電車に乗って目的地に到着するまでは、有に2時間以上はかかります。
c0121604_23371439.jpg


目的は、北海道盲導犬協会の主催する「東北ホワイエ」のオープニングセレモニーへの参加のためです。
北海道から協会関係者10数名と秋田県内の盲導犬とそのユーザーたちとお世話をしてくださったボランテぁさんたちが一同に集い、記念セレモニーが行なわれた。
セレモニー終了後、お揃いの赤いベストを着用して、アゴラ広場まで全員でパレード。そしてアゴラ広場では「盲導犬育成のための募金のご協力をお願いしま~す!」と町行く人々に呼びかけをしました。
c0121604_23374686.jpg


  数人が一塊と也呼びかけをしているのですが、どうも 隣の募金箱だけがいつもチャリン チャリンとお金の入る音! おかしいなぁ~? へんだなぁ~? なにかがちがうのではないかなぁ~? としきりに気にしているわたし。
隣のユーざーをそっと触ってみたら、何とわたしより一馬からだヒトツ前に出ているではないか! そして聞いてみると、そのユーザーは募金箱も前に突き出しているとのこと!
なぁ~んだ! そうだったのかぁ~ それならと わたしも同じようにまねをしてみた。今度こそと さっきよりさらに 黄色い声を張り上げて呼びかけてみた。
「北海道盲導犬協会で~す 盲導犬育成資金の募金のご協力をおねがいしま~す!」
チャリン~ン!「ありがとうございま~す」
オッ ヤッタ~ッと喜んでいたら、そっちではこんど千円札が入ったと奥歯の2枚目を見せながら数人で喜んでいる。更に自慢げに募金箱をジャラジャラ揺らしている。
わたしのそれとは明らかに違う音だ。

 町行く人々はほとんどが女性か家族連れ。私の隣にたって募金箱を持っているのは、わたしの息子のような年齢の若い男性である。
それにきずいたときにはもう手遅れ。苦笑い
そうときずいたら対等に態を張っても所詮無理!

 去年北海道盲導犬協会のキャンペーンに女優の泉ピン子さんが応援に駆けつけてきてくれた時のお話を思い出した。
凄い迫力で「チョット チョットにいさん! 素通りしちゃダメだよー ほらほら 一杯募金してってよ!」的ナ雰囲気だったと効いていた。
よ~っし! この際わたし的にはかなり抵抗があるが、その手で行くしかないか!
チョット 気持を入れ替えて、強面風に喉に力を入れては見たものの、おにいさんがどこにいるかわからない!ガッハハハハー
悲しい結末と成ってしまった。
だが その後のみんなの一言が更に、わたしを複雑な気持にさせてしまった。
「まるまるさん そっち系のキャラだよね ッテ!…
[PR]
by wappagamama | 2007-06-17 15:38

母校で思わず感動

c0121604_9355819.jpg

6月14日(木) 今日は わたしの母校 湯沢西小学校へ行ってきました。
7年ほど前に4年生に点字の授業のお手伝いをしたのがはじまりで、以後盲導犬のお話や、視覚障害者の理解などのお話を利かせて欲しいとの依頼があり、ほとんど毎年のように招かれていました。
今回も、昨年同様湯沢市社会福祉協議会からの依頼で、4年生が対象です。
4年生になると、国語の教科書に「点字」の授業が組み込まれています。
何処の学校もその時期に合わせて、総合的学習の一環として福祉の勉強をしているようです。

 わたくしごときが教壇に立つなどと考えられないことでしたが、盲導犬と生活するようになってからです、教育現場に招かれるようになったのは。
盲導犬との実体験を、ありのままにお話するだけですけど、これも、そばに盲導犬が居てくれるからこそ出来ることなのです。
盲導犬は わたしにとっても生徒さんにとっても周りの全ての人たちに、不思議なパワーを与えてくれます。子供たちは盲導犬に対してとても強い興味を持っています。こちらが驚くほど、素直に吸収してくれて豊かな感性で質問してくれます。

 お話や質問が終わった後、最後に子供たちとちょっとお遊びをします。
それは、STTの真似事ですが、子供たちにボールを転がしてもらってアイマスクをしたわたしがそのボールをラケットで打ち返すのです。
体育館の床に座って「行きます」「ハイ」という合図でプレーが始まります。
ころがっってきたボールを、カコーンッ とラケットで打ち返した瞬間! 子供たちの歓声と拍手が体育館一杯に響きます。
 
  最後にお礼にと、子供たちからの歌のプレゼントがありました。
そして、無邪気で何も判らなかった自分の子供の頃に歌った、母校の校歌を合唱しました。
人生山あり谷あり波乱万丈の道を一還(ひとまわり)したわたしの声が、純粋に澄み切った100数名の子供たちの声に包まれている不思議な感触でした。
こんな場面になるといつも、ウルウルになり必死でこらえているのですが、今回は、不覚にもその感動を抑えることが出来ませんでした。
汚れたわたしの精神をあの子供たちのきれいな歌声で浄化してもらったような気がします。
[PR]
by wappagamama | 2007-06-15 09:39

八幡様の古道


前回の記事でお話した、エルモの嫌いな「八幡様の古道」のお話をするにはまず最初にエルモの性格からお話しなければいけません。
エルモの性格は、ひかえめでおとなしく慎重派で、周りの人を癒してくれながらもとても甘えん坊なこです。
勿論それらの性格は、人間にも言えることですが、プラスに出るときとマイナスになってしまうという両方向に作用することがあります。
ひかえめでおとなしく慎重の面では盲導犬としてとても大切な要素です。
主人に忠実であること、慎重な面では、初めての道や場所・人・食べ物などと遭遇したときは、ゆっくりと慎重に確かめながら確認しそして記憶しています。
そして、癒し系と甘えん坊の面ではこれはわたしが説明することもないかなと思いますが、その表情と仕草はなんとも愛らしいとみなさん異口同音です。とまぁ~ これは 何処の愛犬家も愛猫家もみなさん負けずに異口同音ってとこでしょうね?。
してはいけないことと許されることとの区別も、エムモなりにわきまえているようです。たとえば、「治療室には入ってはいけない」とか お客様に吼えたりしてはいけないなどは、エルモなりに守っています。
いけないと叱られることに対してはとても慎重なこで、決して大きな声を出さなくとも聞き分けのよい子です。
 ところが、そのおとなしく身長な性格がマイナスに出たとき、困ったことに大きな物音が大の苦手となってしまうのです。

エルモがわたしのところへ来て数カ月した頃宝塚歌劇「ベルサイユのバラ」を観にいったときのことです。エルモのおにいちゃんユーパスとも何の問題もなく経験していたので、エルモも問題はないだろうと簡単に考えていました。
ところが、いざ 幕が開き物凄い音楽とミラーボールそして美しい歌声が始まったとたん! エルモはびっくりして立ち上がり、オロオロしているのです。
同行した友人たちが「エルモ怖がっているよ かわいそう」と「べるばら」どころじゃなくなってしまったことがありました。ここで退場したらエルモのためにも周りの人たちにも迷惑になるかなと思い。なだめたりすかしたりしているうちにおとなしくなり、其のうちみんなは歌劇に心を奪われていました。幕が降り、ロビーに出たときの友人たちは興奮のあまり涙顔に、そしてエルモもはんべそ顔!みんなは「エルモえらかっらね~! よく我慢したね~! すごいすごい! 」と褒めてくれました。
エルモは途中からあきらめて手足を伸ばしてリラックスしていたようでした…?。
其のほか御祭の時のお囃子・花火・コンサートなどなど人工的な大きな音が苦手なようです。その代わり自然的な音雷・台風・吹雪などは平気です。
イイエ むしろ 猛吹雪は大好きです!オシッコタイムに外に出ても猛吹雪だと、その吹雪に向って飛び跳ねてはしゃいで深呼吸しています。

アレッ 今日は何のお話をしていたんだっけ?…
あっ そうそう 八幡様の古道のお話でしたね。
人工的な大きな音の苦手なエルモは、これまたSTTの練習の音も大嫌いなのです。
STTの練習会場である、勤労青少年ホームが近づくに従って、歩きが遅くなるのですそればかりか 隙あらば違う道へ入っていこうとしたり、ホームの前まで来てもわたしがウッカり支持しないと知らん顔して通り過ぎようとします。ボールがラケットに当たる音やフレームにあたる音は時にボールが割れるほどの大きな音がします。約2時間ほどの激しい練習中、エルモはジーッと待っています。
でもエルモのお腹の下にボールが転がっても知らん顔しています。わたしが手探りで探していても知らん顔です。
「 えるちゃんの気持ちよくわかるよ うるさくしてごめんね」
[PR]
by wappagamama | 2007-06-13 22:03

大嫌いな道を通らなければ 大好きな先生に会えないエルモ

恥ずかしながらご多分に漏れず、わたしもいっチョ前に大人の仲間入り? 月1検査の目的で近所の病院へ通院しています。エルモの誘導で徒歩10分ちょっとの距離にある。最初にそ病院を選んだわけは、エルモと歩いて通えるところ・駐車場にいつも車が一杯止まっているとの評判を聞いていたことなどがその理由です。

 初めて受診した日は、タクシーで ひとりで行き、次回からは 盲導犬も一緒の来院の許可を先生から頂ました。
エルモと一緒のときは、看護師さんや患者さんたちが うれしそうに声をかけてくれる。いよいよ「。。さーん」 とわたしのままえが呼ばれると エルモはすっくと立ち上がりその気に成っている。看護師さんに案内してもらうやいなや、エルモは先生のところへ直行!
それもそのはず、先生は声も出さないでニコニコ顔でエルモの頭をなでてくださっているう…?。一瞬(ン まずい!)って思っても何も言えない私?(笑い)
c0121604_22171578.jpg
c0121604_22182251.jpg

自分の命を預けているようなものなので、抵抗も抗議もできません?(フフフ)でもそんな温かい環境の中で、受診できるわたしは恵まれています。

 ところが、この病院へ来るまでの道はエルモにとって苦手な道を通ってこなければいけません。
この道の途中には、勤労青少年ホームへ続く道があります。エルモにとっては大嫌いなSTT練習会場なのです。
八幡様の坂を下って右へ曲がると青少年ホーム、その辺まで来ると、エルモの歩きはモタモタのろのろになっています。 「今日は卓球じゃないよ、まっすぐ!o先生って行くんだよ」って言ったとたん! 尻尾を振ってスキップ状態で嬉々としてあるきだすのです!
八幡様の坂を下ったところには、川沿いの道が斜めにあり・そして極端に道幅の違う複雑な交差点となっている。そこはエルモにとってしあわせと苦しみの分かれ道となっているのです。
そしてその道がまた、わたしにとっても大変苦手な道なのです。
わたしは その道を 恐怖の「八幡様古道」と呼んでいます。
何年たっても緊張と不安が入り乱れ、その不安な気持がエルモに伝わってしまうのです。
このとき以前のページに記載したようにお互いの「信頼関係」が失われてしまっています。

 ならばと エルモのお得意の道を歩こうとしても、そこは 車の往来の激しい歩道のない、狭い旧国道である。しかも 両脇に流雪溝のふたが 並んでいるので、エルモはその鉄格子のふたのギリギリ車道側を歩く。 となると、当然わたしは走っている車との感覚が少なくなってしまう。この道はエルモよりわたしのほうが苦手とする「恐怖の旧国」である。

 o先生の病院に到着する頃には、わたしの血圧も立派に上昇してしまっている…?
いつになったら自信を持って安心して歩けるようにナルものやら…?フ~

◎ 追伸
八幡様の古道がエルモにとってどうして苦手なのかというわけを次回の記事でお知らせいたしますのでお楽しみにね。
[PR]
by wappagamama | 2007-06-12 22:18

協会へのお礼状

5月19日(土)札幌での2週間のパソコン訓練を終えて無事湯沢に帰ってまいりました。
盲導犬協会としては北海道外からの生活・パソコン訓練の訓練生を受け入れたのは 今回の私が初めてとのことでした。
そのご寛大な対応で門戸を開けていただいたことに心より感謝申し上げます。
今回の私の目的は 「ブログを開設したい」 というのが一番の目的でした。
私がパソコンを始めて以来、今日に至るまで、NPOトピアさんの指導のお陰で、現在初級程度の操作が可能と成っておりました。

 盲導犬とともに治療院を営み更には地元の福祉活動・スポーツにと、地域の方たちとの温かい交流ができるようになったこんにち、体がもうヒトツ欲しいと思うほど、忙しい日々を過ごしております。にもかかわらず何故にまたブログなど? と お思いの方もおられるのではないかと思います。
困ったことに、年を取るごとに年々好奇心が衰えることなく私自身も歯止めが利きません。
考えれば、現在までの私の人生、前期半分までは抑圧された人生だったように思います。後半の人生はやりたいことをやって人生を謳歌したいと思っております。
その程度でとどまっていればそれで平和だったかもしれませんが、そんな自分との人間模様を誰かに発信したいというのが以前からの念願でした。
自己満足に過ぎないかもしれませんが、「やりたいとおもうことはまずやってみる」
後で やっておけばよかったと後悔するのがイヤなのです。

そんなわたしの野望を、叶えてくださったのが、北海道盲導犬協会でした。
まだまだブログの世界の入り口に立ったばかりです。毎日壁にブッ使っております。
今後共 ご指導賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by wappagamama | 2007-06-09 13:02

連載コラム「ユーパスクンは今日も行く」から


今日の記事は3年前にエルモのおにいちゃんであるユーパスクンの書いたコラムです。わたしのパソコンボランテァNPOトピアのメールマガジンに連載したものですが、これからも時折このユーパスクンが登場しますのでみなさん宜しくね。

>>><会員連載コラム><<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
┌─────────────────────────────────┐
 ◆「ユーパスくんは今日も行く!」 by k、ユーパス
「ボクは 立派な ボールパーソン」
こんにちは。k,
ユーパスです。
 みなさんは、「サウンドテーブルテニスってご存知ですか。?。
ボクのこのコラムをご覧になってる方の中では、
「どっかで聞いたことあるなぁー」と思った方もおられると思います。
そうです。それは、視覚に障害のある人たちのスポーツ、「卓球」のことです。
福原愛ちゃんがやっているようなそれとは、チョット違います。
まず大きく違うのは、見えない人と弱視の人のハンディをなくすため、
競技者全員アイマスクをつけていること。
そして、ボールの中には小さななまりが4コ入っている。
ラケットには、音を鮮明に出すため、ラバーが張っていない。
卓球台といわれる台はつぎめのない一枚板でできていて、この板のことを
テーブルという。
テーブルのエンドとサイドには、約15ミリ角のフレームがついている。
ネットはボールより2ミリ上(ボールの直径40ミリ)に張る。
つまり、ネットに触れず、しかも、フレームから飛び出さぬよう、
テーブルの上で転がす要領で行うのです。
この「転がす」という言葉だけを聴けば「なぁーんだ、ちゃっちいスポーツ」
って誤解されそうでいやなんだけど… でも実際は想像とは大違い! 。
 サーバーの打ったスマッシュボールが、相手コートのエンドフレームに
当たり、レシーバーの体の前で跳ね上り、頭上5.60cmほどのところで円を
描き、再びテーブルの上に落ちる!
スマッシュボールを打ったときの手ごたえ、
ネットにも触れずに「バシッ」と相手コートのエンドフレームに当たった音、
レシーバーが手を出せずに呆然としている様子、
凄いスピードで「ヒューン」とボールが、空(クウ)を切る音、
再びテーブルの上に落ちる「カコォン!」。
この音でもって、自分の打ったスマッシュが成功したことの醍醐味に
酔いしれるのである。
おーっと!ここで酔いしれていれば大変なことに、、、。
敵も去るもの、そんなスマッシュにもかかわらず、シッカリと打ち返される
こともめずらしくはない。
勢いついたボールは更なる勢いでリタ-ンしてくる。
一瞬の出来事で、遅れを取ってしまった悔しさ!。
 ボールの中の鉛と、テーブルとの摩擦音「シュルッ シュルっ」とその音は微妙に違う!ボールの下側を打ったときは、弾んだボールになり、うっかりするとネットタッチか、エンドフレームからはみ出してしまう。ボールの真正面を打ったときは音も静かでめったにエンドからはみ出ない。また 左手前から右前方に斜めにカットをかけると、ボールの摩擦音が消える。
上級者になるとその「カット」をかけて、相手を惑わす技術も身につけている。
したがって更なる聴力と集中力が研ぎ澄まされる。
 このように、音だけが頼りのスポーツなので、サウンドテーブルテニスと
いいます。普段は頭文字だけとって「STT」といっています。
平成19年には秋田県で若杉国体が行われるため、それに向けて秋田県のstt愛好家たちは技術向上に余念がありません。

 ここ湯沢でも、かぁさんたちが週2・3回夜になると、青少年ホームで練習しています。
かぁさんたちは、練習は夢中だけど、ボールが隅っこに転がっていけば
拾えません。そこでボクの出番です。
狭い隅っこに転がったボールをくわえて、かぁさんの手の中にポトン。 かぁさんが「いいこいいこって褒めてくれるのが嬉しくって、ボクがんばっちゃうんだ。でも時々お口の中でボールをハグハグすると、ボールの中の鉛がボクのお口の中で反響して面白い音が出るんだよ!。調子に乗ってやってるとそのうちバリッとボールをつぶしちゃってかぁさんにお目玉。しょぼんとしているところへ今度は勢いあまったボールがボクの頭にコツンと飛んでくる。
ボクひとりではボール拾いは大変です。只今 ボールパーソン大募集中!
[PR]
by wappagamama | 2007-06-06 22:39

シャンプーしてひなたぼっこ

c0121604_043540.jpg

今日は久々に午前中の予約がなかったので、エルチちゃんのシャンプーたいむです。
わたしがお風呂に入っているときも、お手洗いに入っているときもエルモはいつも戸の前で番兵さんをしてくれている。
用を足してトイレットペーパーのカラカラの音でえるもは立ち上がって伸びをしたり尻尾を振ったりしながら待っている。
お風呂から上がってバスタオルで拭いていると、エルモはそのバスタオルにはしゃいでくる。「エルチャンもお風呂に入る?」というとさらにはしゃぎだす。ならばと、入れてあげようとするとお風呂場の戸の前で止まる。結局どっちなのよ?と一つまみのフードでエルモはあえなくこっちの思惑通りとなる。イエッ もしかしたらこっちがエルモのおもわくにはめられてしまってるのかもしれないなぁ~? 
お風呂場に入ってしまったらエルモはもう観念したのかおとなしくしている。
シャンプーが特に嫌いなわけではないらしいむしろ 喜んでいるようにも思える。
お知りのほうからシャワーでお湯をかけてから、シャンプーでゴシゴシ泡立てて、耳 頭 お腹 お知り そして足や肉丘を洗おうとするとご丁寧に思いっきり足を「ペカン」と上に挙げてくれる。なんて可愛い仕草をしてくれるんでしょう?そのうちわたしの足についた泡をペロペロ舐めだす。
シャワーで泡を流した後、部屋一杯に広げたタオルケットの上でバタバタ ゴロゴロバスタオルを両手で広げていると突進して絡み付いてくれ。
その後エタノール液を染みらせたコットンで耳掃除、歯磨き、ここまでのコースはまぁまぁ一般的なフルコースとなっているが、最後のスペシャルコースがまだ残っている。それは爪きり! エルモはその爪切りガ大ノ苦手である!
エルモの「こわいよう~ いたいよ~」って体を真っ丸っこくしているのに爪を切っているK・I先生の仏様のようにニコニコしたかをが異様に不気味だったと、エルモのお姉ちゃんが行っていたことを思い出す。
それでもちゃんと16本の爪を切り終えるまで我慢をしている。「ヨーシ ヨシヨシ いいこだったね~」とそこでご褒美のおやつ! 玄関にバスタオルを引いて後はひなたぼっこ…
いい気持ちでスヤスヤひとねむりした後、最後の仕上げのブラッシング。この時期この子たちも、ころもがえの時期となっているので、ラバーブラシでのブラッシングは、場所と時間を考えなければいけない。
こんな一連の作業は約半日はタップリかかる。
勿論お風呂場と部屋の掃除・バスタオルの洗濯などなど後始末、わたしにとってもいい運動に成っているのかも?最近パソコン三昧で、ブログシンドロームに成っているわたしには丁度いいのかも?
エルちゃんは只今、自分のベッドで寝息を立てて気持よさそうに眠っていま~す
[PR]
by wappagamama | 2007-06-02 16:00