普及啓蒙リーフレット


北海道盲導犬ユーザーの会では、普及啓蒙用に、チラシを作成してあります。
盲導犬とそのユーザーのことを正しく理解していただくために、わたしたちは色んな活動をしています。
このチラシは学校やイベント会場などに行ったときに使用しています。
直接 人前で盲導犬と歩く姿が何よりも説得力がありますが、実体験をことばで伝えることも大切です。
更に 文章にしたものを再度確認してもらうことによって、その理解度は正しい形で伝わっているものと思っています。
わたしがこのブログ上に色んなことを発信してきましたが、それでも伝えたいことがどれだけ伝わっているだろうかと疑問です。
そこで 今日はこのチラシをご紹介することにしました。
キットみなさんに何かが伝わることを期待しています。。

~~~~ここからチラシの表面です~~~~~

     啓蒙様リーフレット
  (表面)
     [街で盲導犬を見かけたら!]
  あなたは街で盲導犬を見かけたことが有りますか?
盲導犬はあなたの身近なところで活躍しています!
盲導犬とは視覚障害者の目となり、 危険な障害物を避け、 
安全に目的地に誘導すると言う仕事をしています!

 盲導犬は常にハーネスと言う胴輪を着けています!
盲導犬はハーネスを着けている時は「仕事中」とと言う意味です…
盲導犬を見かけた時は次の事にご協力下さい!
盲導犬が座っている時は[待て]と言う仕事をしている時です…

 歩行中・座っているときも、
「声をかけたり」 「触ったり」 「犬の前に座ったり」 
「犬の横を犬と一緒に歩行」したりしないで下さい!
口笛を吹いて犬の気を引く行為も危険なことが起こる場合が有りますので、 
しないで下さい…

 また 盲導犬を使用していても人の手が必要と成る場合が有ります…
ユーザー(盲導犬使用者)が迷っていたり、 横断歩道を渡れないで居る光景を
目にした時は、 どうぞ声を欠けて下さい!
 誘導をお願いした時には、 肩か肘をかしてください!
誘導してくださる時は、 盲導犬のハーネスに触れないようにお願いします!

 以上のことをご理解していただきユーザーと盲導犬が安全且つ快適に歩行し、
社会参加出来ますように、 これからも温かい目で見守ってくださるよう
お願いいたします…

次回で裏面を記載しますのでお楽しみに…
[PR]
by wappagamama | 2007-11-19 15:30
<< リーフレット裏面 「コスモス」のチラシを作ってみました >>